プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

8月16日 オートパイロット到着

10日夜に注文したオートパイロットが今日の昼頃に着きました。

発注から発送まで早く、デリバリーに不安はありませんでした。特に送付連絡の中にFedexのトラッキングページの案内があって、どこまで荷物が来ているか分かるようになっていました。
発送から到着までのトラッキングはこんな感じです。
FedexCopy.jpg

最初の到着予定は16日午後6時でしたが、昼の12時に配達されました。荷姿と内容はこんな感じです。
DSCN2964.jpg DSCN2969.jpg

S1オートパイロットの梱包内容です。
DSCN2970.jpg DSCN2973.jpg

S100リモートコントロールの梱包内容です。
DSCN2971.jpg DSCN2974.jpg

中身を見ながら機械類の配置と配線を検討した結果、サーバーをメインキャビン右舷、ST6002コントローラとS100ベースステーションをコンパニオンウェイの左舷バルクヘッド、コンパスをヘッド側バルクヘッド下に設置する事にしました。

配線はメインキャビンのスイッチが6ポジションしかなくて全て使い切っているので、当面はACコンバーターと共用のスイッチとして、その内にスイッチパネルを拡張する計画にします。また、コンパニオンウェイ左舷側のバルクヘッドにはST6002の穴が開いて配線がむき出しになるので、これもカバーするよう改造する事にします。

配線系統はスイッチ->サーバー->ST6002->ベースステーションとサーバー->ティラーコントロール、サーバー->コンパスの3系統です。因みにサーバーからST6002とベースステーションの配線は信号が電源系統の中を通るSeaTalkという配線を使います。プラス線、マイナス線、信号線の3本がワイアがケーブルの中を通っています。

マニュアルには取り付け位置の指定、取り付け穴サイズ指定があって、取り付け用のテンプレート用紙があるので、位置決めは迷う事がありません。また、必要なドリルのサイズも良く分かります。
今回は18mm(ティラーパイロット用電源取り付け穴)と90mm(ST6002取り付け穴)のホールソーが必要になるのでコーナンで調達する事にします。取り付けボルト用のドリルは在りものでOKです。

頭の中で進め方を組み立てると、
1. サーバー取り付け、電源配線、アース線配線
2. ST6002用穴開け・取り付け、ベースステーション仮付け、配線
3. ティラーコントロール電源用穴開け・取り付け、配線
4. ティラーコントロール用設置位置の補強、取り付け穴開け、ティラーピン用穴開け・取り付け
5. コンパス取り付け、配線
6. 通電テスト
7. 調整
という段取りで、通電テストまでの工程はアットランダムでもOKですが、ハルに穴を開ける時はその工程を一日の中で消化する必要があります。(開けた後で雨が降ると困りますよね)
また、ティラーコントロール設置位置の補強は木材を斜めにカットしてハルの内側に充填するように埋め込みます。エポキシ系接着剤を多用する事になりそうです。

船の上での作業は思ったより効率が上がらないので、完成までにはそれなりの日数が掛かりそうです。(それに今は暑いですしね)それでも現物が手に入ったので焦らずに進めたいと思います。

各工程が進む都度、報告をアップしていきます。


<追加>
到着を待つ間にも円高が進行していて、送料を負担しても結構安く買えました。会計は次のようになりました。
S1オートパイロット $639.69
S100リモートコントロール $346.07
送料(Fedex Int’l Economy) $213.74
トータル $1,199.50

計上日 8/10、換算日 8/12 換算レート 86.673
円換算トータル 103,964円

S1の国内価格は195,000程度、S100が62,000位、参考にST2000+が83,000位ですから、S1だけで構成した場合、4割程度、ST2000+の構成に対しては7割程度で購入できた事になりました。
保障やメンテナンスの事を考えなければ安い買い物かも知れませんが、今後どのようになっていくか見ないと最終的な判断はつかないかも知れません。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す