プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月20日 猿島でアンカリングが…

今日は朝早くからかみさんを大阪に送り出して…

天気も良く風もそこそこらしいので猿島でアンカリングを楽しもうと船を出しました。マリーナ着は10時前。早速出港準備です。
今日はソニーのアクションカムをビミニトップの支柱に固定しての撮影。どんな画像が撮れるか楽しみ。

モニター付きのコントローラを腕時計のように付けて電源のオンオフ、スタートストップ、撮影中の画像をモニターできるので、撮りたいときに素早く操作できます。
モニターは省電力で直ぐに消えてしまいますが、録画中はLEDが赤く点灯するので、忘れていても直ぐに分かります。

東北東の風2m位なので出港直後はセーリングしていましたが、直ぐに機帆走に切り替えです。先に出ていたCC30はまだ 帆走しているようですが…
20160420-001.jpg 20160420-002.jpg

1.5時間位掛けて猿島に到着。アンカリングしながら昼食にしましょう。

猿島の北東で水深6m位の場所でアンカーを下します。アンカーを準備している内に岸寄りに流されてしまったのとアンカーが利いていなかったので、沖出ししてから再投入。教科書どおり風に立てて風下に流されながらアンカーを利かせようとアスターンにしてバックしたら…ガクン!!!

あ~、やっちまった~
モニターロープがペラに…

アンカーを引き上げるとモニターロープがスターンの方に行っていてびくともしません。ブイの位置を確認できなかったのでにアスーンに入れた時は既にアンカーロープが船底に潜り込んでいたのでした。

風は弱くて北側から吹いているので船は風下に流れると思っていたし、最初の投入では南に流されていたので沖出ししても同じと思ったのが間違いだったようです。その証拠に泊まっている船のそばをゴミが風上に流れていきます。

なんてこった。でもクヨクヨしていても始まらないので直ぐに引き返すことにします。午後から南の風に変わる予報ですけどあてにはできないですからね。

滑り出しは順調でしたが直ぐに風が落ちて波間にユラユラと。何時になったら着くものやら。
八景島沖位で風が出てきて何とかマリーナまでは戻れました。風向きからすると帆走でも入れますが今日はマリーナの営業日です。帆走での入港は禁止なのでレスキューをお願いして桟橋まで曳航してもらいます。

緊急上架してもらってロープとブイを切り離し、そのままメンテナンスへ。ペラとシャフトは一見すると大丈夫そうなのですが、念を入れて芯出しまでお願いすることにしました。

ヤード前ではK池さんと久々にお話しを。こんな経験は自慢話にもならないのでそこそこに。

所さんにも久々にお会いしてお話しできました。

アンカリングしてのランチは果たせませんでしたが、良い教訓になった一日でした。



アクションカムで撮ったビデオをアップしておきます。HDで奇麗なのでご覧になってください。再生を始めてからYouTubeボタンを押すとフルHDで見れます。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
369: by Catseye on 2016/04/22 at 08:57:24

JollyHotさん、おはようございます。

曳航料の殆どは上下架と船台の使用料なんですね。何れにしてもマリーナの中では巻き付けない方が良いかもしれませんね。

今回はYBMに直接連絡したんですが、BANからも確認の電話が入りました。連携しているんですね。
曳航直後にマリーナスタッフから簡単に状況や船の大きさなどを聞かれて、書類にサインしました。

368:曳航して by jollyhot on 2016/04/22 at 00:13:06

こんばんは。

巻き付きがマリーナ内だったからかもしれませんが、
曳航料、上下架代、船台使用料で25000円近く取られました。
ものの30分でしたが…
BANだったらよかったんですけどねえ。

367: by Catseye on 2016/04/21 at 13:16:29

masutopokiさん、こんにちは。

クルージングでは何時も機帆走なので、ヨットは風で走るものだと再認識させられました。戻りの最初は殆ど無風だったですが、少しずつ吹いてきたので戻れました。追い風だったのも幸いでしたね。

ロープをペラに巻いてしまったのは二回目でして、最初の時はマリーナが休日だったので帆走でビジターバースに戻りました。今回もスタッフの目が無ければ帆走で入ろうと思ったのですが、見つかると思ってレスキューコールしました。

外国ではマリーナの中でも帆走で離着岸している風景を見ます。日本では混雑した中でタックを繰り返したりしていると他の船に迷惑とかぶつけたら大変という事で禁止しているのだと思います。

今回は試しませんでしたが、緊急時の帆走入港は認められるのではないでしょうか。事前の連絡が必要だと思いますが、今度スタッフに聞いてみます。

漁港は帆走で入れますね。保田に行った時は狭い入出港路でセールアップしたくないので、桟橋でアップしているくらいですし、三崎は帆走で入れます。

猿島でのアンカリングは何時か果たしたいと思っています。その時は竿を持っていきますね。太公望の心境で…

366: by Catseye on 2016/04/21 at 12:55:47

JollyHotさん、こんにちは。

猿島の辺りは海底の地形が複雑で潮目を読むのが大変らしいです。そういえ観音崎の麓に走水という所があって潮の流れが急で変化に富んでいるそうです。
釣りのメッカらしいですが、地名からも分かりますね。

請求書が来てみないと分かりませんが、レスキューってお金取られるんですか?

365: by Catseye on 2016/04/21 at 12:50:11

セルさん、こんにちは。

アクションカムは良いですね。クルージングのお供が出来ました。

アンカリングは慣れているはずなのにやってしまいました。仰る通り潮でロープが流されていたようです。
振り返ってみると今までのアンカリングは殆どが八景島だったので潮に流されることが無かったせいだと思います。
良い経験でした。

後追いですが同じ事をやってしまいましたね。

364: by masutopoki on 2016/04/21 at 09:17:18

エンジンを回せないのにも関わらず、猿島からYBMまで帆走で戻られたのはすごいと思います。
マリーナ内が帆走禁止で無いならば、野本謙作先生の様に帆走で広いビジターバースへ着岸されていたかもしれませんね。
私ならばアンカーロープがペラに絡んだ場合、潜れない水温でしたらちびって直ぐにBANに救助頼んでしまいます。
質問なのですが、YBMは緊急時でも帆走入港は禁止なのでしょうか?
一般の港内は確か『帆を減じての帆走は可』と聞いていましたが。
自分の係留地はマスト倒さないと帰港出来ませんので、それも含めて迷わずBANかな。
猿島の北東側の水深3~5m辺りにアンカリングして釣りしますと、水泳や五目釣りがとても楽しかった事を思い出しました。

363:曳航は高くつきます by jollyhot on 2016/04/21 at 09:14:45

お疲れ様でした。
微風時の潮は要注意ですよね。学生時代に潮を読み損ねてレースでよくリコールしてました。
猿島回りは地形上とくに潮目が出やすい所だとみえて、かつて私の隣のバースにいたボートが座礁してました。
尤も、かく言う私は今のフネに乗って2ヶ月で係留中に解いた舫いを巻き込んで、あっけなく曳航されてます…
バースからヤードまでほんのちょっとの移動でしたけどその料金の高さに愕然としましたよ。
潜って切れば良かったと思いましたあ。

362: by セル on 2016/04/21 at 01:22:30 (コメント編集)

アクションカム最高! 手振れ機能が程よい揺れで,
固定している感じがしない まして便がいい!

で,終わればよかったですが、今日は大変な目にあいましたね
まして猿島まで行ってじゃたまりませんね
風が弱くて良かったです 
自分の二の前ですねレスキュー出動。
最近釣りをしているので、毎回アンカリングなので内容良くわかります 
多分たるんでいる部分のロープが潮で流されたので、船の向きや風とは違う方向に船底の下で流れたのでしょうね
自分も毎回何処に行ったのかわからなくなるほど動きますよロープ
今日海保から、50M程のアンカーロープが流れていますので気を付けて下さいのメールが来ていたのでそれかと思いましたよ笑
無事でよかったです

▼このエントリーにコメントを残す