プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月28日 マリーナにて

昨日からかみさんと「朝からマリーナに行こうね」…

で、起きたのが9時で出かけたのが11時!
これは早い方で一緒に行こうというと大体がこの時刻になるのです…

それは兎も角としてマリーナに着くと何やらビジター桟橋が賑やかでした。大きなモータークルーザーが桟橋を占拠しているだけでなく、何時もならボードウォークから見えるはずのクルーザー群の姿が見えません。その代わりに見慣れないヨットやモータークルーザーが一杯です。

そういえばもうすぐボートショーの季節ですよね。この時期はヤードもボートショーの準備で書き入れ時です。ヤードには新艇がずらっと。K道さんのところも忙しいのでしょうね。

ウエストの桟橋には晴れた日曜日だけあって人の往来が一杯…でもないかな。慣れない日曜日に来るとこんなものなのかなと思わされてしまいます。

船に着いたらまずは昼食。Cafe 506で仕入れたサンドイッチを頬張りながらしばしかみさんと歓談です。家にいても話しているじゃないの…ん~、色々ありましてね。船にいる方が会話が弾むのでありました。

その内にかみさんは買い物というかウインドショッピングに出かけて、私は船のチェック。

最初に目に付いたのがジブファーラー。前回出た時は外して置いた筈のスピンハリヤードが巻き付いています。やはりハーバー係か誰かが巻いておいてくれたのですね。そういえばこのところ風が強くて走錨注意報が何回か出ていましたっけね。
これは助かります。中々来れないことが多いので気にはなっていたのです。

今度出る時に忘れずに解くことにしましょう。


さて、今日のお題はというと…

ドジャーをどうするか。
新しくしたiPad PROをどのようにして取り付けるか
です。

ドジャーは兎も角として何故またiPadの取り付けかというと…iPad PROは今までのiPadよりも幅が広くて、今までのコンソールには付けられないのです。それだけではありません、オートパイロットと風向風速計のボックスと並べるとスライドハッチの巾を食み出してしまうのです。iPadを横にして取り付けるとオートパイロット達のボックスが付かなくなります。
前回の保田クルージングではiPadを縦にして何とか凌いだのですが…

そんな訳でコンソールは作り直しに。でも横幅が足りないのには変わりはなくて、何とかしないといけませんね。オートパイロットたちのボックスを縦にすれば何とか。それとも取り付け位置を変えるか。全面的に見直すとしてもコンパニオンウェイに座ってクルージングするスタイルは諦めたくありません。なんとかコンソールに収める方向で検討することにします。

取り付け位置を変えるとすればと言ってサイズを測っている途中でバルクヘッドに取り付けた棚が浮いているのを発見。このまま放置しておくと何かの拍子に手を掛けてボロッと外れそうな。
実はバルクヘッドから取り外したオートパイロットのコントローラ取り付け穴をふさいでもらっていたので、棚を取り付けるのに接着剤が利かなかったのです。ネジで取り付けたのが緩んで浮いていました。ネジを追加して何とか補強です。
暫くは大丈夫でしょうけれど取り付け用の木を付けないと危なさそうですね。

さて、コンソールですが。スライドハッチの間口は58cmくらい。そこに横幅30cm強のiPadを取り付けると残りは28cmしかありません。ボックスを縦にしないと入らない勘定です。幸いにして縦にすればそのまま入るので取り付け金具を工夫すれば何とか収まりそうです。

コンソールは色々作りましたが何かにつけて作り直しています。スライドハッチに取り付けるので前方視界を遮らないようにしないと事故の元になりますから慎重に計画しないとね。スライドハッチの当たりの写真を撮って検討することにしました。


さて、お次はドジャーです。何回も書きますが今のドジャーの不満点は一つだけ。サイドカバーが無い事。
クローズホールド以外では風もスプレーも飛び込んできます。荒れた海でなければ何という事も無いのですが、リーチングで斜め前から波を受けると折角ドジャーがありながら容赦なくスプレーが飛び込んでくる。保田の沖合では良くある事なのでこれだけは何とかしたいと思っています。(相模湾でもありますけどね)

要はドジャーの陰に隠れて横からのスプレーが避けられるような仕掛けをすれば良いのです。
20151004-001.jpg
この写真は保田クルージングで撮ってもらったもの。赤い丸で囲んだ部分がウィークポイントです。横から見れば分かるとおり、バルクヘッドがむき出しになっていて横からは何も遮るものがありませんね。

実は最初の設計ではこの部分につけるフラップのようなものを想定して作っていました。ところが取り付ける段になって支えが無いため宙ぶらりんになってしまい付けられなかったのです。
最初の内は幌の一部分が張り出していたので少しはましだったのですが、縮んできてしまい今の形になっています。

単純にフラップのようなものを追加してもブラブラになるので骨組みを追加するしかないのですよね。で、どうせ骨組みを追加するくらいならいっそのこと作り直すか…と思いながら今に至っています。

さて、どうするか。

設計図を引いて検討することにしましょう。どうせ幌は作り直す時期なのでやり直すなら全部やっても同じことのような気がしてきました…


結局今日は出港せずに一日船の中で過ごしてしまいました。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す