プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月19日 このところ…

このところマリーナへも行かずに閉じ籠って何やら怪しい事をしている?

船検で沿海を取った目的と言うのが西の方へ行く事。以前から出来たらいいなと思っていた事だ。
ではどうやって…と考えると船の耐候性も勿論、どんなコースを取って行くかという事が最初に頭にこびり付いて離れなくなる。こういう時は仮想でも良いから計画を立ててみるのが一番。

幸いに寄港地情報は「Donの泊地情報と航路情報」というサイトが公開されているので参考にできる。ここにはマリーナや漁港の施設や近隣情報、入港時の留意点などが記載されているので大いに役立たせてもらう事にする。どんなコースを引くにしても途中で立ち寄る泊地がどんな所なのか知る手掛りになる。

お次はコース。西回りで長期のクルージングに出かけるパターンは一日の航行距離を短く取って気候変化に柔軟に対応する場合が殆どだ。クルージングで最優先にするのは安全だからこれはこれで理解できる。
でも、太平洋横断は中々出来ないから少しでも気分を味わいたいと考えたらどうなるか。これが今回のコースづくりのコンセプトだ。

西へ向かう場合、最初の目的地は和歌山県串本辺り。今回引いたコースはYBMをスタートしたら串本まで一気に走破するというもの。5ノットで見積もったら2日間掛かる。オーバーナイトを二日で走りっ放しと言う大胆なコース設定。
レースでは無いけれどこれだけの長距離を走るというのはちょっとした冒険?それとも無謀?

単にコースを引くだけでは面白くないから、途中の天候激変に備えて避難港も入港が容易な所を選んでプロットしたのがこれ。
1stRoot.jpg

何時ものNAVIONICSを使いコース作りして、同社のサーバーに保存したものをGoogle Earthで表示させ、避難港をプロットしてからPDF化してある。これはそのPDFを表示して画面コピーを取りJpegに落としたものだ。

潮流などの影響を考えていないから行きたいコースを勝手にプロットしただけの初期バージョン。本船航路とほぼ同じで本船と交差するのは伊東沖と遠州灘だけ。

二日間も海の上を走り続けるとどうなるか…
一番の関心は睡眠時間をどうやって確保するかだ。シングルでの帆走を前提にしているのでワッチしながら睡眠をとる事になる。太平洋横断なら本線と遭遇する機会は少ないだろうからAISをセットして要注意範囲に入ったらアラームを鳴らすという手がある。今回のコースは沿岸だから本船と遭遇する機会はそれよりも多い。

15分寝て15分ワッチというパターンかな…
それでもAISでアラームと言うのは必需品になるかもね。

東京湾から相模湾、駿河湾、遠州灘、熊野灘までの全コースを通じて無難な海況と言うのは如何だろうか。二日間も安穏としていられるような海況はあるのか…
「海快晴」の風波情報を見ているとある事はあるが、波の情報は外れる事が多いから余りあてには出来ない。現況をどうやって調べるかがポイントになりそうだ。
レースなら悪天候の中を走るというのは必然だけれどクルージングでは出来るだけ楽に走りたいからね。

ある程度の悪天候でも走る事を考えると、出来る限り悪天候を経験しておくのも必要か…

今回のコースを引いたことで、西行のポイントは抑える事が出来た。実際にこれを実行するかどうかはまだ分からない。より安全なショートコースの積み重ねで体力を温存し、観光がてらあちこち寄るというのも棄て難いからね。

さて、今回のコース作り。役に立ったのはNAVIONICS。サーバーにコースを保管できるメリットはiPadの機種変更時に作ったコースが元通り戻せるだけでは無かった。コースを公開して実際に走った経路をプロットするなんて事も出来てしまいそうだ。
因みに今回のコースはNAVIONICSのWeb APPで見る事が出来る。
興味のある人は見てもらえると嬉しい。サイトはここをクリック。

電子航海の時代?



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
320: by Catseye on 2015/11/30 at 20:14:57

セルさん、こんばんは。

ご心配有難うございました。家で倒れていた?なんて事はまだないですから大丈夫です。

あ~、船置きっ放しですか~。明日辺りに整理に行って見ますね。自バースまで持って行ってくれるって言っていたので安心していたのですが…

航路計画って楽しいでしょ。
電話機を換えたりインターホンを取り付けたりと暫く家を空けられなかったので、気晴らしに航海計画を作りながら楽しんでやっています。天気が良ければ二日で行ける所を楽しみながら帆走、機走を織り交ぜながら焦らずにいけたらいいな~と思いを馳せています。

これだけの長い航海なんて中々出来ないですからね。途中で天候が変わる事も織り交ぜながら、もう少し現実的なコースを考えないといけないと思っています。

それでも一方で行ってしまえ~と悪魔の声も聞こえてくるんです。レース張りの走りで一気に行ったら気持ちいいでしょうね。

NAVIONICSの使い方はこれからも勉強していきます。便利な使い方があったら連絡しますね。

319: by セル on 2015/11/30 at 19:01:00 (コメント編集)

大変久しぶりですね  
心配になって明日辺り電話してみようかと思ってましたよ
キャッツアイも、下架して置きっぱなしになっていたし、、、
心配している隙に、そんな大それた計画を考えていたんですね
読んでいて久し振りに、何かワクワクしてきました
こうやって考えていると楽しくなりますね 
何か行った気になりながらコースを見てしまいますし
頭の中で、何処でどう天候が変わるか、海が乱れるかとかも
自然と考えてしまいました 
夜中中走ると言う事も経験してみたいですね
でも2日かかるところだったら、余裕をもって五日か?
それか一気に行ってしまうか?この辺も迷います
一回休んだら行く気がしなくなるよな気もすれば、休みながら体力蓄え、
港々で美味しい物を食べながらとか、広がりますね
クルージングは目的次第で色々な楽しみ方がありますよね
しかしナビオニ、色々な使い方があるんですね
宝の持ち腐れになています もっと活用したいです

▼このエントリーにコメントを残す