プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月16日 マリーナに行くつもりが…IPad Pro

今朝は比較的早く起きたのでマリーナに行くつもりだった。過去形である。

先週iPad Proが発売されたのは知っていたが、そのうちね…と思っていた。これも過去形か。
何の気なしにiPhoneで地元のSoftbankショップを調べて電話したら入荷していると言う。色はゴールドしか無いが話している内に予約扱いにしますと言う事になったので、行きますと言ってからショップまで10分だった。

要はiPad Proが欲しかったと言う事。ハナから言えば良いのにそうしない所が老人たる所以か?

手続きが終わるまでは本体を箱から出さないからどんな色かも確認できない。色に執着は無いからどうでもいいんだけれど店先にデモ機も置いていないから実物は確認できないのだ。発売から一週間も経たないのだから無理も無いか。

このところカミさんのiPhoneを買い替えたりしているから店員さんも心得たもので、手続きはテキパキと進んでiPad Proを手にしたのは店に入ってから30分も経たないうちだった。

と言う訳でマリーナに行くつもりがiPad Proを手に入れたという次第。

色はシャンパンゴールドと言うらしい。要は金色。裏面と表のボタンの周りが金色なのだが落ち着いた色なので変ないやらしさは無い。
大きさは12.9インチと言うらしいだけあって大きい。今までのiPad2と比べたら画面二つ分より少し小さい位だ。A4判の紙より1センチ程大きい。重ねて置いたらSurface Proよりもひと回り大きい。この画面の見易さが欲しかったのだ。しかも綺麗ときている。
重さは初代のiPadと同じと言うが700グラム位だから軽いとは言えないが、Surface Proより少し軽く感じる位。

容量は128GB。ソフトとデータの入る場所だから必要にして十分なサイズ。

初期設定は手動。下手なソフトは入れない方針なのでこの方が気楽である。大体設定が終わりメールも見られるようになったのは昼食タイムを過ぎていた。マリーナは明日だね。

使い始めて気がついたのは画面の大きさだけでなく早いという事。メモリーも大きくなっているらしくメールに添付された画像が開くのも早い。これならSurface Proは要らなかったかなと思わせる位だ。最も使い方が違うので不要にはならない。

iPhoneにiPadとSurface pro、何故こんなに沢山の情報機器が必要なのかというと部分最適化しているからだ。

iPadはNAVIONICSを入れてナビゲーションに使っているので、クルージングに無くてはならない存在。メールやブログを書くのはこれで十分すぎる位だ。
対してSurface ProはNew Pecというナビゲーションソフトを入れてあり、外付けのGPSを使ってルートナビゲーションも出来る。使い勝手は断然NAVIONICSに軍配が上がるが、このソフトを入れていると船検の時に海図が免除される。確か火薬類も何か免除されるのだと思う。他にもExcelなどビジネスソフトが充実しているのが使っている理由だ。
何方も船で使うのがメインの使い方なので相互に補完する関係にある。

写真を撮ろうかとも思ったが何の変哲も無い板を撮っても参考にもならないので割愛。
さて、大きくなったiPadをどうやって船に取り付けるか思案の為所が増えてしまった。

使い勝手で気が付いた所を少し…

このブログもiPad Proと以前に買っておいたMac用のキーボードを使っている。変換してみると予測変換といい入力の優しさと言いWindowsよりも遥かに使い易い。文字を入力している途中で間違えたらバックキーを押すだけで再入力できる。例え変換キーを押した後でもだ。
しかも後から再変換が出来るようになっているので校正が楽。言うこと無いね〜

また、私はながら族(古い?)なので音楽を聴きながらなのだが、左右のスピーカーから流れる音は分離も良く低音も十分。下手なスピーカーなら付けない方が良い位だ。

バッテリーをフル十分してから3時間ほど使った所で残りの容量は86%と出ているので10時間使えると言うのは謳い文句だけではなさそうだ。クルージングでは9時間と言うのが最高だったから十分な容量だ。


さ〜て、明日はマリーナに行こう。JCIからは何の音沙汰も無いが準備だけはしておかないとね…

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す