プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

10月23日 もう直ぐ船検…

早いもので来年1月までに定期船検を受ける時期になった。JCIからは早くも船検のご案内が到着。
マリーナからも案内が来た。

今回のは6年目だから船を手に入れてから2回目の本船検(定期船検と言うよりこの方が通る)になる。
さ~て、どうするかな~

何を?…
今の登録は沿岸小型といって限定沿海に日本全国の岸から5マイルまで航行できる海域が追加されている。
岸伝いに行けば日本一周だってできるが、沖縄は5マイル繋がりから外れているので行けない。

西に向かって航行する時、例えば駿河湾を横断する時は石廊崎を回り岸伝いに土肥辺りで向こう岸に渡る事になる。間違っても石廊崎から御前崎に向けて直線コースを引いては駄目なのだ。


これを沿海にしようかなと考えている。限定沿海とか沿岸小型などと紛らわしいのでオール沿海と呼ぼうか。
これは岸から20マイルまで離れて航行できるもので、沖縄まで行きたいと思えば行ける。国内で行けない所は尖閣、八丈、小笠原、大東位のもので端から行く気のないところばかり。

オール沿海を取るためには何が必要かと言うと…
1. 沿海セット
花火などの火薬類詰め合わせで発煙浮信号、小型船舶用自己発煙信号、小型船舶用火せん、信号紅炎が必要本数入っている。

2. 小型船舶用自己点火灯
海に投げ入れるとピカピカ光る信号灯。遭難した時に使うらしいが波間にかき消されて発見するのは難しそう。

3. 救命浮器
船が沈んでも掴まっていられる発泡スチロールの箱の様なもの。救命いかだ(要はライフラフト)なら生存確率は高い。

4. その他細々(救命浮輪×2、消火器×2)

限定沿海や沿岸小型にこれだけの装備を加えるとオール沿海が取れる。Catseyeは以前のオーナーが一時期オール沿海を取っていたらしく、火薬類を含めて装備が付いてきた。しかし中を覗いたら救命浮器は膨張式でとっくに期限切れ、自己点火灯も動かなかったし、火薬類はとっくに賞味期限が切れている。

それでも必要な備品は最小限で済むので、本船検を機にオール沿海にしてしまおう。

と言うか、備品は既に注文してしまったから「しようかな」では無くて「しました」の方が適切。
注文先はネットで探したのだが、多分最安値だと思う。合計¥80Kで少しお釣りが来た。

性格的に何か制限を加えられるのが嫌いだからオール沿海を取ると言った方が適切かな…



これで船検を申請すれば良い。JCIに聞いたらオール沿海と沿岸小型の両方を定員を変えて取得する事も出来るそうな。どうせロングに行くときはシングルかダブルハンドだし救命浮器は4人用だからオール沿海は4名、沿岸小型は6名で申請する。
近場で6人乗るというのも考えにくいけれどね。

オール沿海の装備があれば沿岸小型は兼用できるそうなので申請書類だけの問題だ。来ている船検の申請書一式にメモ書きでその旨書いておけば良いそうだ。

後は本船検の時に上架する必要があるが、K道さんに聞いたらクレーンで吊り上げるだけの時もあるという事なので船検の日取りを確定してお願いするだけ。前回の上架は2月だったから船底塗装を一緒にやっても良いかな…

今まで沿海にしなかったのは最低限必要な装備ではいざ鎌倉と言う時には助かるはずがないと思っていた。それでもやる気になったのは少し遠くまで行って見たいと思うようになったからかな。

購入手続きをしているところをかみさんに見つかったのでそんな説明をしたら、「沖縄まで行くのね。行ってらっしゃい~」…



説明を本文に入れていたら分かり難くなったのでここに分離。
・ 限定沿海は船籍が東京都、神奈川県の場合、東京湾、相模湾全域と安房白浜、波勝崎、神津島、御蔵島を結ぶ海域で12マイル海域と言うそうな。正確には沼津港の辺りも入る

・ マイルと言っているのは海里の事で1マイル=1.852Km。5マイルは9.26Km、20マイルは37.04Km

・ JCIのページに沿海区域の参考図があった。沿海区域航行可能図。赤い線が沿海で行ける範囲。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
300: by Catseye on 2015/10/31 at 21:12:46

JollyHotさん、こんばんは。

昨日に続いて今日も出ていらしたんですね。セルさんの船に乗せて貰っていたので自艇は留守していました。

船検は慣れればどうって事ないですが最初は大変かも知れませんね。でも心配ありません。殆どの設備は備わっているので火薬類を準備してJCIに木曜日の何時船検を受けるか連絡するだけです。(横浜は木曜日と決まっています)

JCIからは事前に郵便で連絡があると思いますから日取りを決めて返信すれば何時に決まったか連絡があるので、当日自艇に行くだけです。
教えられるのは多くありませんが、心配の種は取り除けると思うので何時でも声を掛けて下さい。

フォグフォーンですが、入港の際に見通しが悪い場合は有効だと思います。でも、本船相手に使っても聞こえません。
漁船位であれば有効だと思いますよ。因みに0.5マイル位手前でモーターモータークルーザー相手に鳴らしたことがありますけれども、聞こえなかったようです。

299:そういえば by jollyhot on 2015/10/30 at 23:04:16

こんばんは。

今日は久しぶりに微風の中をマッタリしてきました。
船検なんですね。
私、船検の事をまったく分かってません。
今度教えて下さい。どうせ限定沿海ですけど。
だいたいフォグフォーンも壊れて鳴りませんよ。浦賀に行った時、Catsさんが鳴らしたのを見て確かめてみたんですけど、ウンともすんとも言いませんでした。
しょうがないので、海王さんにミニフォーンを頼んで置きました。

298: by Catseye on 2015/10/29 at 10:03:08

セルさん、おはようございます。

DVD気に入ってもらえた様ですね。嬉しいです。先日のクルージングの写真を焼いている時にHDDが壊れた事を思い出して、今までのを全部焼いてみました。

保田で偶然出会った時や三崎などもあって結構行っていたな〜と思いましたよ。

近々保田に行きましょう。ストーブを点検しておきますね…

297: by セル on 2015/10/29 at 00:52:19 (コメント編集)

先日のDVDありがとうございました
よくよく見直したら、今までの無くした分を取り返したように良いものが一杯ありましたので感激です
でもこうやって見ると結構一緒に行ってるんですよね
その時々のことを思い出します
寒くなる前にもう一度行きましょう!

▼このエントリーにコメントを残す