プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

10月22日 久々海へ

タイトルに久々なんて書いているが先週の木曜日に浦賀ランチクルーズに行ってきたので、一週間ぶりの海…
あまり細かい事は良いじゃない。(月曜日にもマリーナへ行っている)

今日の予定はお気楽セーリングと決め込んでゆっくりとマリーナへ行こうとするとセルさんからメール。「来ますか」と言うのでマリーナに居るらしい。「行きま~す」と返事してからGO!
駐車場に着くとセルさんの車が一番前にある。早くから来ている模様だ。(後から聞いたら昨夜から来ていた!)

受付で出港届を書いているとまたまたメールが。「出港するならクルーで乗りたい」…これは良いね。たまに他の船に乗るのも良いもんだよと快諾のメールを出しながらビジター桟橋の方を見るとSelfish Catsが止まっている。
早速舫いを解いてビジター桟橋に着けるとセルさんと聖さんが愛犬アンジーさんを連れて歩いてくる。

舫いを取ってもらって桟橋に降りるとアンジーさんの熱烈な歓迎!あちこち舐められるのでお返しになでてやると大喜びの様子。桟橋で出会うと何となく気が合うのかなついて来るんだよね。
元々犬や猫は嫌いじゃない。好きなのだけれど幼い頃に仲良しだった犬と引っ越しで無理やり引き離された事がトラウマになっているのか、いまだに飼う気がしないのである。だから犬や猫を飼っている人を見ると羨ましい。

そんなアンジーさんと聖さんを桟橋に残して出港。大人しく留守番して居てね…

今日は東北東4~5m、波は大人しい方である。
思い起こすとセルさんが我が艇に乗るのは二回目。初めはファーリングジェネカーを手に入れてから間もない時で結構良い風で快走した覚えがある。

今日はこんなスタイル。良いね!
DSC_8679.jpg


今日はフルメイン、フルジェノア。スピード感は余り無いのに4~5ノット位出ている。
DSC_8677.jpg
この辺りまではティラータマーでのんびりとやってきたが、Uターンする頃は更にのんびりとタック出来るようにオートパイロットにヘルムを任せる。

待ちくたびれて居ると大変なので沖の根辺りでタック。丁度2時の方向からタグボートが近寄ってきたので早目にタック開始。進路をマリーナ入口に合わせて進めるとやはり2時の方向から漁船が2隻近づいて来る。タックするのも面倒なのでエンジンスタートで風上へ。

躱した後で元のコースに戻すと今度は本船が…
同様に躱したが相手はアンカーを下ろす様子だ。暫く機帆走でマリーナ入口が狙える辺りでコースを変更。
結構忙しい。でも進路を変えたのはこの2回だけで済んだ。東京湾でデイセーリングって結構忙しいし、ワッチが大変。それが東京湾と言うものだ。ロングで相模湾を横断する時なんて寝ていても大丈夫位なのにね。

風が良いのか5ノット以上、たまに6ノットなんて言うのも。ヒール角は安定の15度から20度。この位の帆走が一番心地よい。たまに10mを超す風の中でセーリングする時もあるが、それでも船は安定して波を蹴散らしながら走る。クルージング艇が得意とする走りだ。だから4m以下の時はのんびりセーリングと決め込む。走ろうにも走らないから…

マリーナの近くでジブをファーリングし、メインを下ろす。相変わらずメインのダウンロープは強力でトラブル知らずだ。
ここからは機走でマリーナへ。回転を3,200迄上げると6ノット位。いつの間にかドジャーのスクリーンはスプレーだらけになっていた。

これはモーターボートモードだよね。2GMのエンジンをインボードに積んでいるから機走は力がある。少しの風や波にはへこたれないのだ。「この機走のスピードには追いつけないよ~」とはセルさん。船外機と比べたら効率の面ではそうかもね。
もう少し波が在ったらこのエンジンの力が分かるんだけれど…

ヤンマー2GMに3翼のプロペラ、ピッチは少し浅くて回転が上がるように設定されている。3,000回転で16馬力出るエンジンだから丁度良いのかも。

先日の保田クルージングで一点回頭もどきを披露したら興味が湧いたらしくデモをお願いされたので、中央広場で360度ターン。風が6mを越えているらしくバックが余り効かないがそれらしくできた。
要は右にラダーを切ったままで前進と後退を繰り返すだけ。慣れれば難しくは無いが、1挺身の隘路でこれをやるのには勇気が居るのです。

自バースに戻る時もダブルハンドは楽。先に舫いを持って降りてもらい、バウとスターンのスプリングを舫ったら後は置き舫いで固定するだけ。楽ちん…

舫ってからは少しの間ヨット談義。余り長く引き止めるわけにはいかないからここでお別れ。

思いの外スプレーが上がっていたので船体とドジャーのスクリーンを洗って上がる。

ここの所ダブルハンドで出港と言うのが増えてきたので、ドジャーのV2はダブルでも大丈夫な様にしないとね。図面に描いた少し長めが良いかな…


セルさん、乗船有難うございました。今度はセル艇に乗せて下さいね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
296: by Catseye on 2015/10/23 at 12:00:31

セルさん、こんにちは。

もう少し風があるともっと楽しめたんですが、のんびりと乗る分には良かったと思います。

装備の方は使ってなんぼという事で、無駄な物はなるべく備えないようにしています。確かに掛かるものは掛かりますが…

大島は次のステップの為の足掛かりなので何時でもいいんです。それより近場のクルージングを楽しみましょう。

又々になりますが、保田か三崎は如何でしょうか。
風呂の事を考えると保田が良いかな…

セルさんの船にも乗りたいです。昨日位の風の時に一度乗せて下さい。

295: by セル on 2015/10/23 at 11:19:58 (コメント編集)

昨日はありがとうございました
貴重な経験です
中々良い走りでびっくりしました
お金と手間をかけているだけあって、これほど整っているのに唖然です
ちかじかまたクルージング行きましょう
(大島はとっと無理かもしれませんが、、、)
こんどフェスタにも乗船してみてください  結構面白い船ですので

▼このエントリーにコメントを残す