プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

10月12日 海の散歩

晴れたら海に行く。当然の様でいて中々難しいのだが、今日はかみさんを誘ってマリーナへ。

三連休の最終日。休みの日とは無縁になって久しいが休みの時は色々な人が集う。それが楽しい。

 連休最後の日なのでマリーナに来る人は少くないのか駐車場は比較的空いている。昼前にマリーナに着いた割には一階に駐車できた。
気を良くしながらウエストの受付に入る。風向きが安定せず風速も3m程度とセーリングには不向きな風だ。

 ウエストの受付で港内限りの登録を済ませて自バースの方を見たらS木さんが着岸するところだった。このところ帆走していないと言っていたので珍しい光景を目にした訳だ。

 着くなりコンビニのおむすびで昼食タイムである。軽く終わらせるとマッタリタイムに突入の筈だが天気も良いし向かいのボートのご夫妻と言い、お隣のボートユーザーも船底掃除がてら出港すると言うのでご同様に出港する事にする。先週末にクルージングしたばかりとはいえ船底のメンテナンスは大事。

 手早く舫いを解いて出港。風が無いのに波だけは一丁前にある。思わず開けておいたバウハッチを閉める。そう、今日は機走で船底の掃除と決め込んでいるのでセールも揚げずに機走である。ヨットはセールを揚げていないと不安定。何故と言われても困るがそういうものだ。

 波を受けると進路がコロコロと変わってしまう。只でさえ無粋にエンジン音をまき散らしているというのにオートパイロットのジーコジーコ言う音を加えるのも更に無粋と思ってティラータマーで舵を固定して走っているから尚更だ。

何時ものクルージングスタイルに倣ってジブを少し展開して左右からシートを引くと心なしか船が安定する。このままで八景島沖を目指そう。
20151012_001.jpg
 先週の保田クルージングには間に合わなかったデジ一眼の修理したレンズを試す時でもあるのでキラキラと輝く風車付近をパチリ。
細かい事は良く分からないけれど、解像度と表現力はコンデジ一眼とは別物だ。もう少し見通しがよければいう事は無いのだが…

 エンジンの回転数を絞って1,600回転。港内を走るスピード=4ノット位で八景島を目指す。
八景島沖に来ると向うから見慣れた船体が…
良く分からないので目一杯ズームを効かせて覗いてみると
20151012_002.jpg
猫のマークを挟んでSelfish Catsとある。

K津さんとO石さんだな。もう少し近寄ってみると…
20151012_003.jpg 20151012_004.jpg
 フムフム、ソックスでジェネカーを仕舞ってそのままにしてあるんだね。遠くだとまるでファーラーでジブをまいてあるように見えるから分かり辛い。それでも船名は分かるから良いか…

200mmの望遠で目一杯の距離だから気が付かないようなので八景島の写真を撮ってから追いかけよう。
20151012_005.jpg
 八景島の写真なんていくらでも撮ってある。でも不思議と同じ景色を撮った試しが無い。今日は水面に映える太陽がキラキラと輝いて美しい。これだから船からの写真は止められないのだ。

 撮るだけのものは撮ったのでUターン。セル艇を追いかける。風か無くなって機帆走しているようだから追いかけるのはこちらのもの。伊達に2GMを乗せている訳ではありません。フルスロットルでなくともあっという間に追いつく。

 並走してご挨拶。八景島まで機走で行ったこと位を伝えて、マリーナへ直行だ。セル艇は帆走は早いが機走のスピードはそれ程でないのでクルージング仕様の我が有利かな。

 マリーナ湾口でゆっくりモードのヨットを追い抜いて自バースへ直行。この間かみさんはキャビンでゆったりと音楽を鑑賞のご様子。着く頃には寝ていたという。自分だったらとっくに船酔いしていると思うのだが…

 お隣は着岸して舫いも終わって帰宅モード。お別れのご挨拶をしている頃に対面のボートも帰ってきた。最近はご夫婦で来られる事が多く、おかみさんは何も出来なくてと仰るが、居る事が大事なんですよ…と。

 舫い終わった頃にK池さんご登場。なんでも駐車場でぶつけてテールランプを割ってしまったとの事。またまた出費が…
前々から言っていた浦賀ランチクルーズに乗り気になったようで木曜か土曜辺りに行きましょうという事になった。
連絡先を交換してお別れ。リルちゃんは駐車場騒ぎの時の張本人らしく大人しげであった。

ドジャーの参考写真を撮った後でかみさんは買い物に行くというのでセル艇にお邪魔する。
20151012_006.jpg

 O石さんと歓談している所へ割って入ってしまった。それでも快く迎え入れてくれるからうれしい。暫し三人でおしゃべり。クルージングに行かなくてもこうしてマッタリタイムを共有できるのもマリーナライフである。三人寄ってかみさんが買い物に行っていると言うと虎姫タイムになってしまうのも面白いところ。

共通の苦しみ&楽しみテーマなんだけれど面白いのは何故かな~

 セル艇のキャビンはしっかり見たことが無いので見物させてもらう。狭いと言うけれどメインキャビンにそれ程の息苦しさは無い。強いて言えば少し狭い位かな。我が艇で言えばバウキャビンに相当する場所がメインキャビンなのでそんな感じがする位か。
後は窓が無い。それがいちばん違うところかな。

 クオーターバースが無い代わりにアフトキャビン言える位に広いバースがあるので贅沢な作りではある。進行方向に向かって横に二人分くらい寝られるスペースがある。
コクピットが広い分をアフトバースにしているからかな。その代りと言っては何だがギャレーはミニマム。畳んで収納してある位だ。フムフム。我が艇に来られた際にキャビンが広くて良いと言っていたが、アフトバースの広さとのトレードオフだな。

 どちらが優れていると言うような事では無く、26ftクラスでは何に重点を置いて何を捨てるかという事かな。潔さと言う面ではセル艇の方が良いかな~

 クルージングに重きを置くと我が艇の方が良いかな~と言う位のものだ。ギャレーがあると自炊が出来るというメリットもあるしね。そんな事をキャビンで話しながら時間は刻々と過ぎて行く。O石さんはコクピットで寝ていたようだが…すんませんでした。

 かみさんも戻ってくるころとセル艇を辞して戻るとかみさんはごろんと横になっている…
そろそろ帰る時刻である。

 こんな気分の良い日は帰ってから食事の支度と言うのも何なので、綱島駅周辺の居酒屋を何件か物色。ジム仲間と女子会を行ったという店で一杯…肴が美味いのでもう一杯…何杯だったかな~?

海の仲間と交流した後で居酒屋というのもおつなものであった。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
284: by Catseye on 2015/10/13 at 09:41:47

セルさん、おはようございます。

昨日は思わず長居をしてしまいましたが、楽しかったです。O石さんには申し訳なかったですが。

写真はカメラのレンズが治ってから初めての撮影だったので思った様には撮れていないのが残念です。もう少し練習しておきますね。

船は確かに自分のが一番ですね。オールマイティと言われる26ftクラスのヨットを見た事がありますが、レースでは余り勝てそうに無い様に見えましたし、クルージングでは居心地が今一に思えました。Bバースのクラスでは思い切りが必要ですね。あと1メートル長ければ良いのですが…

ビミニは余り高くしなければ実装できると思いますよ。ギャレーはコクピットに持ち出しても良さそうですね。広いですから一度考えてみては?

283: by Catseye on 2015/10/13 at 09:06:17

Jollyhotさん、おはようございます。

車、大変でしたね。リルちゃんを余り責めないようにしてくださいね。

人の船を見ると何か得ることが多いので、見せてもらうようにしています。皆さん何かしら工夫しておられますよね。考え方や乗り方が千差万別なので見せて頂くとハッとさせられる事が多いです。

母上の事、心配ですから予定として組んでおいて、その日の都合次第という事にしましょうね。出航してからも連絡が入ったら引き消す事もありです。

10時迄に出るとランチタイムに間に合います。

281: by セル on 2015/10/13 at 00:50:36 (コメント編集)

お疲れ様でした。 (きっとこれは、ヨットではなく孝行に対してだと思います)
写真ありがとうございました。毎回感謝です!
5年分取り戻さなければ成らないので、、、
確かに、何を取って何を捨てるかですねBバースは
どうしてもレース艇は、軽重量にした方がいいので物は少ないほうがいいが、クルージングには不向き
クルージング艇は、住空間はいいが重い
どっちが良いとも言えませんが自分の船が一番ですよね笑
でも遠出はビニとギャレー欲しいです

280:浦賀ランチ楽しみです by jollyhot on 2015/10/12 at 23:18:55

今日は慌ただしくご挨拶だけでした。
あの後修理工場に直行しました。
セル艇に行ったんですね。私はまだ中に入ったことがありません。今度訪問してみようっと。
浦賀ランチ、なかなかいけなくて申し訳ありませんでした。
病気の老親のことがあるのでなかなか一日空くことがありません。今年は既に3回救急車で運ばれたりしてるので…
大丈夫そうな日はマリーナに行くんですけど、実家には毎日顔を出してます。
最近は気候がいいので両親の調子も良さそうです。
ただ、私自身出費がかさんで…
なんとも情けない貧乏船主です。

▼このエントリーにコメントを残す