プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

10月3日 保田クルージング Day 1

シングルでも良いから保田へ行こうと思っていたらセルさんからお誘いが。しかもクルー付きで…

 示し合せてマリーナへ。
定刻より少し前にO石さんの登場。今日一緒に乗ってくれるのだ。
艇で艤装について一通りのレクチャー。と言っても複雑なので一気には無理だよね。

 その内にセルさん、聖さんのご登場で、艤装の終わった頃を見計らってセル艇のバースへ。暫く話してから先に出港する。南寄りの良い風が吹いているので期待できそう。風向きが南航向きではないので沖出ししてからクローズホールド。同乗者のO石さん。経験者だから動きが素早い。
20151003_001.jpg 20151003_002.jpg

その内にセル艇も出港してきた。
20151003_003.jpg

少し風が強くなってきたのか八景沖ではセル艇が結構ヒールしている。
20151003_004.jpg 20151003_005.jpg
 空はもう秋の色だけれど気温は28度と結構暑い。ビミニトップが役に立つ。
少しセーリングで遊び過ぎて保田到着時刻が18時とかになっている。機帆走でスピードアップする。

セル艇はこのとおり元気そのもの。
20151003_006.jpg

観音崎沖では我が艇が少し先行。波が少し出てきたかな…
相棒はこのとおり元気
20151003_007.jpg 20151003_008.jpg

 セル艇は最短距離で浦賀航路を横断していった。我が艇は王道?ではないが斜め横断で保田へは最短距離のコースを取る。
半分位渡ったところでうねりと波が高くなってきてバシバシスプレーを浴びるようになってきた。風は13mを越えてきている。
何回かドジャーを越えて波が打ち込んできたのにはビックリ。ドジャーを付けてからというものこんな波は初めてだ。

 フロントスクリーンを洗うような波は何度も経験してきたが服がぬれるような事は無く、ウインドブレーカーにワークパンツという何時もの格好だったが、下着までビッショリになるようなドジャー越しのスプレーだった。
しかも保田の入口近くまでこの波が続いたのであった。

 保田入港は4時頃。スタートで少しセーリングを楽しんだので思わぬ時間が掛かってしまった…
セル艇は少し遅れて入ったが無事到着。ドジャーが無いセル艇は全身ずぶ濡れ。結構きつかったね…
向かいにYBMのISPA講習艇が停まっていた。講習の仕上げクルーズ(翌朝聞いたのだけれどね)

 ばんやの終わる時刻が迫っているので取り敢えず夕食。その後ODOYAで買い物し、風呂に入ってからがお楽しみタイムである。
我が艇のコクピットに集まってさぁスタート。
話好きの4人が集まったのだから一旦話し始めたら止まる訳が無い。セーリング、クルージング体験に始まって身内話(これが一番面白いのであるが本人には地獄?)、話題は尽きないし時間もあっという間に過ぎ去ってしまう。
気が付くと11時だ。各艇に戻ってお休み。

 26ftという限られたサイズの船内で寝泊まりするのには二人位が丁度良い。
私の寝床はバウキャビン。O石さんにはクオーターバースを使ってもらう。メインキャビンとバウキャビンは二枚のドアで仕切られているのでプライバシーも確保できるし気兼ねなく過ごせるのだ。

お休みなさいZzzzz…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す