プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

8月17日 かみさんと行く三崎クルージング その2、東京湾にイルカが~

昨夜海快晴で天候を調べたら朝7時頃から大雨の予報。明け方に降り始めたので蚊帳越しにパウハッチを締める。
気温が25度と涼しいので助かるけれど、ハッチを締めた時の通風を考えなきゃね…

朝食を頂いていると外は豪雨。半端じゃない土砂降りだ。防災情報で雨量の警報が入りまくっている。
家の方は洪水警報だと~

8時頃まで様子を見ていると少し晴れ間が出てきた。雲の様子を見ると遅い時間にまた降りそうなので出港する事に。今日は合羽を着てフル装備で雨に備える…と言っても夏だから下は短パン。

南南東の風4m位。出港路からだと真正面なので機帆走で5ノット。出るなりクレーン台を引いたタグボートが左舷側から近づいて来る。間合いを測ると横切れそうな速度だったので、進路を右30度変針して速度アップ。
無事に通過できた。
それにしてもこんなところまで引っ張って来るんだ…

金田湾辺りでパチリと。
20150817_001.jpg
西の空は今にも泣きだしそうな…

東はと言うと少し晴れ間も見えるけど
20150817_002.jpg
帆走だけで4ノット以上だからエンジンは停めておく。

真正面は少し明るいのかな
20150817_003.jpg
風向きとしては良いのだけれどクォータリーより追手に近く帆走だけでは速度が上がらない。

アシカ島の近くでフェリーが出て行ったから反対航も直ぐに来る。ジブをシバーする位にして遣り過しエンジン始動。
20150817_005.jpg

ここからは少しでも早く着くように努力。
20150817_006.jpg

予報では2時頃にマリーナ周辺は大雨。兎も角スピードアップなのだ。
20150817_007.jpg 20150817_008.jpg

機帆走で5ノットをキープしながら八景島辺りまで来た時。ふと舷側に目をやると背びれが!
サメか?と思ったら泳ぎ方が縦。ドルフィンキックである…

イルカが東京湾に!!!!
しかも八景島沖に~


Youtubeなどでヨットと並行したりクロスしながらイルカが泳いでいるのを目にするが、いま目の前にあの映像と同じ様に並行したり船の下をクロスしながら泳いでいるじゃないの。
思わずかみさんにイルカが居るぞ~と声を掛けドジャーに手を掛けて覗かせると「ほんとだ~、イルカが居る~、しかも2頭で小さいね」
確かに2m弱位なので子供のイルカだと思われるけど5~6ノットで走っている我が艇に寄り添うようにして泳いでいるのを見られるなんて…思わず「ご褒美かね」

何のご褒美かは分からないけれど、こんなチャンスはめったに無い事と暫く見とれてしまいカメラを出す事も忘れていた。

ものの5分位だったけれど貴重な体験でした。


イルカを見た興奮が覚めやらない内にマリーナに到着。ぽつぽつと雨が降ってきているけれど三崎でフェンダーを両側から吊って防舷材にしてあったり、何時もダブルにしている舫いをシングルにしてあったりで、自バースに着けるのが遅くなってしまった。

自バースに舫い終わり、艤装を解いた瞬間、大粒の雨が降ってきたかと思ったら雨量はどんどん増えて大雨に。合羽を着ていても痛いくらいだ。片づけも終わっていないので差板とスライドハッチを閉じてビミニトップの陰に。
煙草を吹かして待っていれば止むかと思ったら思いの外長雨だった。

小降りになってからビショビショの衣服を着替え。かみさんと一緒で良かった~


因みに出会ったイルカは体の下側、腹ビレの下辺りからが白く上体との境目がはっきりしていたし、くちばしの先が尖っていて頭との段差がはっきりとしていた。頭を見るまで最初はシャチの子供かと思ったくらいだったけれど、背びれが後に傾いていてそれ程大きくなかったのでイルカと判断した。
東京湾ではスナメリが見掛けられるという情報もあったりしているので何とも言えないけれど、スナメリは体全体がグレーだったりするので、今回見たのはイルカに間違いないと思う。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
246: by Catseye on 2015/08/19 at 10:28:45

セルさん、おはようございます。

確かに6時間もかけた割には時間の過ぎるのが早かったですね~

観音崎手前まではかみさんもグロッキーでしたが、その後回復して会話が弾んだせいかも知れません。
それなりのセーブは必要でしたが…

イルカに出会えた瞬間、ふと浮かんだ言葉が「ご褒美」でしたからね。
八景沖にイルカが居るなんて信じられなかったですが、二人で見たので夢では無かったです。

場所は浦賀航路第七灯浮標・緑から北へ少し行った所でした。マリーナとは目と鼻の先という感じでしたから、これからは水面から目が離せません。

245: by セル on 2015/08/19 at 00:39:38 (コメント編集)

三浦 お疲れ様でした 相変わらず仲が良いですね
6時間も乗っていて、あっという間に着いてしまったとは、
きっと楽しいクルージングだったのでしょう
自分だったら八景に着くまでに、不穏に成っています
イルカに会えたのも間違いなく、ご褒美ですね
何の?ってそりゃー読んでる人が決めたら良いんですよ^^

▼このエントリーにコメントを残す