プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月30日 蚊帳を作ってたみた…

毎日暑くて何もする気にれない…
そんな言い訳ばかりしていると早く老化が来るんじゃないかい?

暑さを克服するためには熱くなれば良いのだ。
自分に言い聞かせるようにして、もやい祭りまでにと思っていた蚊帳(網戸?)を作ろうと…

何をやっても汗をかく事になるのは覚悟の上で取り掛かることにする。
仕舞ってあったミシンを取り出し、作業台を仕付けて布を取り出す。
これだけの準備でももう汗だくである。

暫し休憩。水分を補給して一服。
こればっかり…

Surefasce Pro3のOne Noteに書き取った寸法とスケッチを基にして枠になる布を切り出す。帆布はロールになっているので広い場所が要る。ビミニトップの幌を作った時から900×1800mmのベニヤ板をソファの上に乗っけて作業台にしてきたのだが、長尺ものを作るときはこれがかなり便利なのである。

裁断が終わったら作業台は片づけてミシンの登場である。大分慣れてきているのでボビンに糸を巻き、針に糸を通して準備完了。老眼というのは便利なもので少し遠目にすると一発で通せる。自動の糸通しなんて便利なものは付いていない時代のミシンだからね。
縁を縫い、更にベルクロのオスを縫い付けて枠を作り終わる。

蚊帳の網には依然買っておいた網戸用の網を使う。内側が黒く外側は銀色。きちんと銀色面を外側にすれば中は見えにくくなるという寸法である。ここが肝心で裏表逆にならないよう慎重に…

ここで作業台を再度組み立て、寸法通りに枠を置いていく。
そのまま四隅と接合部を縫い付けると…
20150730-001.jpg

コーナー部分はこんな感じ。
20150730-002.jpg 20150730-003.jpg
ベルクロ同士の接合部だけは間が空かないように注意する。と言っても蚊が入らなければよいので程度問題なのだ。
かみさんによると最近の蚊は網目を潜り抜けてくるそうな。本当かいな…

これに先の網を寸法通りに切り、枠の内側に織り込んでクリップで仮止めする。
20150730-004.jpg

後は網ごと縫い付ければ完了である。
縫い付ける過程で針を一本折ってしまった。そりゃそうだろう、縫い付ける場所は厚さが3mm位あるからね。
普通のミシンで縫える限界を超えているのだから縫う方が論外というものであるが、そこは素人の押しで貫き通すのだ。
縫えてしまえばこっちのものである。

このようにベルクロ面が表。スライドハッチ、差板の裏の壁面にベルクロのメスを張り付けて固定する。
20150730-005.jpg 20150730-006.jpg

骨は一切入れなかったが網の面積が広いので必要ならば後から追加する。
寸法取りを熱い最中にやったので今一自信が無いが正確にやっていたことを祈りながら装着する機会を待つことにする。


暑い最中の午後1~4時頃に縫い仕事をやっていたので全身汗まみれ。シャワーで汗を流しエアコンを入れてキンキンに冷えたビールを一杯。辛い仕事の後にはこれ位の快楽が待っていないと夏は乗り切れないのだ。
でもお蔭で暑さに体が慣れたようである。

これならセーリングも乗り切れるかな…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す