プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月23日 あ~、海に出たい…

今日の様に晴れるとセーリングしたいな~

数えたら何と20日以上もセーリングしていないのです。例年であればそんなに珍しい事では無いのですが、今年はスタートダッシュが良かったので調子よく行けるかな~と思っていたのに。

そんな訳で自宅で悶々としながらビミニトップの幌を作っています。

縫い付けには思ったより時間が掛かっています…と言うのも何時もは慣れた帆布をミシンでジャカジャカとやって縫い上がってる頃なのですが、アクリル系の布にしたら思いの外時間を取られてしまっています。

何が違うかと言うと…扱い慣れていない、固い、縮む。これが帆布と違う事。ミシン掛けはどちらも同じようなものです。
帆布も何枚も合わせると固いので、引っ張りながら縫うと針に負担が掛かって折れてしまう事が多いのです。
これがアクリル系では、縫ってる時はそれ程固くないのですが、問題は織り目を付ける時。反発力が強いのできちんと織り目を付けたい時はアイロンで織り目を付けていきます。ところが低温でやっても縮むのです。

アイロンを使わなければ織り目を付けても直ぐに消えてしまう。これが扱い難いのですね。

それでも何とか部品の縫い合わせが終わって、主要部に取りかかるところまで来ました。あと少し。仮縫いは止めてすべて本縫いにし、部品の間をロープ掛けする事で微調整できるようにしたので、縫い終われば装着して調整するだけです。
しかも帆布なら同じ工程までに5本くらいは針を折っているのに、今回は曲がった一本だけ。ミシン掛け自体は順調なのです。

今日も出港したいという誘惑と闘いながら家で作業。これが終わればいつでも出港できるぞ~。


そう言いながらあの部品の事は?…
幌の裏側に付けて押さえになる部分。これを裏表逆に縫ってしまいました。「やっちまった~」

そのまま生かそうと思いましたが、見た目は最悪。仕方が無いのでミシン掛けと反対の動作で、糸を一本一本外したのです。これは根気の要る作業で、しかも一番幅広の部分でやってしまったので大変。何と一日掛かりで解いたという始末でした。

こんな時はどうするのかかみさんに聞いたら、
 縫い目を裏返して鋏でジャキンと切れば良いじゃないの。
 そうだよね~、でもその糸、どうやって取るの?…
 ピンセットがあるでしょ!
 その方が大変じゃない?少しずつ外すから良いよ…
 大変だね、頑張ってね~

ま~、素人が作る幌なんてこんなものでしょ。
それでもやると決めたらやり通す。見た目は?…実用本位と言う言葉もあるでしょ。夏場の日影は貴重だからね…


この分だと合わせは土曜日かな。
今日も一日ミシン掛けだったので、シャワーを浴びてビールで一杯。何時もの晩酌も頂いてほろ酔い加減です。

明日も頑張るぞ~(どうせ留守番していないと荷物が届くし…)。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
172: by Catseye on 2015/04/24 at 21:10:22

こんばんは。

本当に肩凝ってます。首を回すとギシギシ言っているので先程携帯の電気マッサージで解しました。肩こりには欠かせない奴ですが、ピリピリする事もあって日頃は余りやらないのですれどね。

これだけ凝ってるとマッサージに行くべきなのですが、何言われるか分からないので我慢してます。

アクリルは付き合ってしまえば何とかなりますよ。悪夢と言っては可哀そうかな。

ミシンもこれだけ回数をこなしていれば何とかなるもので、大げさすぎたかも知れませんね。

大分慣れてきたので、ミシン掛けもスムーズに行く様になって来ました。これまでよりも慎重にやっているので時間が掛かっているのです。今日もかみさんを大阪に送り出してから格闘していたので後少し!

合わせて見なければ何とも分かりませんが、出来上がったら出来に依らず乾杯したい気分です。

171:お疲れ様です by jollyhot on 2015/04/23 at 22:39:26

こんばんは。

読んでるだけで肩が凝りそうでした。
根気が要りますね。
アクリル生地は私にとって悪夢のような存在になりました。
縫い合わせなんて夢のまた夢。ミシンはブラックボックス。
夏は濡れタオルをほっかぶりでいきます。

▼このエントリーにコメントを残す