プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月15日 少し風と波が…

今日は久々のセーリングに。

マリーナに着くと少し風が強いようです。南南西6m位吹いています。マリーナのカウンターに設置されたウィスパーという予報では午後から9mまで風が上がるようです。
今のうちに出航して早めに帰港するようにしましょう。

しばらくビミニトップの幌を張りっぱなしにしておいたので外れていないか心配だったのですが、何事もなかったようです。早速出航準備に取り掛かります。

艤装を終えて湾口へ。この時点では波は感じられませんが、湾口に差し掛かると何時もより波を感じます。
DSCN2863.jpg DSCN2864.jpg

それでも5月の浦賀ショートクルーズで経験したよりも脅威を感じないので構わずに出航します。黄色ブイを過ぎたところでメインセールアップしようとしますが、結構風が強くなっていて感覚的ですけど7mを越えているようです。セールアップを止めてワンポンリーフします。メインのフットをワンポンの位置で止め、リーフクリングルを引きワンポンの位置でセールアップします。そのままステアボードタックでセーリング開始です。写真を見ると夏の海ですね。
DSCN2865.jpg DSCN2867.jpg


この風ではジブセールまではホイストできないでいます。無理をしない程度にセーリングを楽しみます。時々スプレーを浴びますが波を30度から45度くらいに受けながらの帆走なのでゆっくりセーリングです。
写真では波の迫力が分からないですが、動画では結構船の揺れる様子が分かります。という位波を被って揺れます。
プロペラが空転するほどではないので、そんなにスピードは出ません。それでも何とか進んでいて、三菱重工の風車を躱して八景島沖まで進んできました。
DSCN2869.jpg

波頭が崩れるようになってきたので、そろそろ引き返す事にします。リーチングというよりブロードリーチに近い角度でマリーナを目指します。波を船尾に受けるので往路より乗り心地は楽ですが、ブローチングに気をつけながら舵を保持します。
DSCN2874.jpg

マリーナ入り口の黄色ブイをトランジットに見てからセールダウンです。2時間位のセーリングを終えて自バースへ。
舫いを終わってから何時ものようにマッタリタイムの開始です。インターネットラジオでSmoothJazzを聞きながらタープを張ったコクピットでゆっくりと過ごすのは堪りません。

後で確認したら風は南西10mを超えていました。帰港早々に赤旗になっていましたから早めにセーリングに出て正解でした。

何時もなら出航しない位の風と波でしたが、何事も経験とばかりに出航して経験が積めたデイセーリングでした。所々ウサギが飛び始める状況ではメインだけでも十分セーリングできる事が分かりました。
これがクルージングに活かせると良いのですけどね…



今日の動画。
風が強かったので風の音ばかりで済みません。

少し風と波が… posted by (C)mnagano
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す