プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月12日 ビミニトップの幌製作を始めました

中々クルージングに適当な天気になりませんね。明日の雨を警戒してクルージング計画を変更したりしています。

今日はデイセーリングに丁度良いお日柄ですが、新しく始まったモバイル向けMICSでマリーナ沖はヨットレース開催とあったのと、そろそろビミニトップの幌を作り始めないとシーズンに入ってしまうので、メンテナンスに集中する事にしました。

行きがけに近くのホームセンターに寄って養生材とガムテープを買い求め出発です。
養生材というのは91×180cmの半透明で縦に筋の入ったもので、オフィスの引っ越しなどで壁の保護に使うのでご存じの方も多いと思います。一枚280円也で4枚購入。行きつけの店なのでこれを半分に切ってもらいました。これで車に積み込み易くなりますし、横に繋ぎ合わせるのも簡単と言うもの。

マリーナに着いてお仲間の様子を見に行くとJollyhotさんは出港、K津さんはまだ来ていない様でした。でも艇に捩る途中でバッタリ。例のガンポールを取り付けるのに一人だと中々うまく行かないというので必要になったら手伝いに行くという事で艇に戻ります。

まずはビミニトップの組み立て…と言うほどの物ではありませんが、畳んで縛り付けてあるフレームを一旦外してバックステーをクリアするようにもう一度取り付けます。
前後のフレームを見通しで一直線になるようロープで仮止めしたら準備完了。

半分に切った養生材4枚(2枚は更に半分に切ったもの)をガムテープで張り付けるとこんな感じになります。経験で延ばした状態の横幅が270cmなのでちょうどと言う塩梅です。今日は北東の風7mと少し風があり適当におもりを乗せておかないと飛んでしまうので金具の袋とウインチを置いてあります。
20150412_001.jpg
これを二枚作りフレームに合わせていきます。所々ガムテープで張り付けるのですが結構大変な作業で汗をかいてしまいました。艫付けにしてあるので桟橋が近くて楽でした。反対だったら海に落ちていたかも。
で前をフレームに合わせて切った状態がこれです。
20150412_002.jpg 20150412_003.jpg
20150412_005.jpg
市販のフレームの横幅を広げる為にパイプを継ぎ足してあるので、前後のフレームでカーブが微妙に違いますから、これで作った平面形がぴったりという訳にはいきませんが、生地の裁断が終わったところで仮縫いして取り付けてから微調整するので、小さくなければOKなのです。
一回目に作った時はきっちり合わせなければ気が済まなかったのですが、慣れるとこのいい加減さと向き合えるようになりました。

作業の途中でK津さんから電話があったので少々お手伝い。ガンポールうまく行きそうな予感がします。

戻ってからフレームやバックステーの位置を直接型に書き込んで取り敢えずはお仕舞い。

この作業中、やはり目を引くのでしょうか、何人かの方に声を掛けられました。幌を自作と言うと良くできますね~と言う方が大半ですが…
最後にご登場はJollyhotさん。バックステーを通す方法やカット位置など意見を頂きます。バックステーは簡単には外れないようになっているので貫通方式は止めて、幌の後半を開く方がやり易そうですね。大分イメージが固まって来ました。Jollyhotさん有難うございました。一人で考えているより話す相手がいる方がアイデアが固まり易いのです。

さて、幌の型紙を外すとフレームだけのビミニトップが残りました。
20150412_004.jpg
フレームの位置が崩れないようにこのままにして帰る事にします。一番後ろのフレームはパイプを追加してスターンパルピットに固定してありますが、前二本のフレームが動いてしまうとせっかく型取りしたのが無意味になってしまいますからね。

ビミニトップ自体フレームが左右に動く事でブローを受けてもしなやかかに受け流して壊れないようになっているのです(尤も結合部が樹脂製だったりするのでそれなりという事もありますが…)。それなのでこうやって型紙を作ってみても、以前の幌をベースに型を起こしてもピッタリにできるという事はありません。
それなりに作って前後左右の張りで合わせるのが良い様です。またアクリル系の生地を使うと言っても少しは縮みますから尚更ですね。

後は生地とファスナー、端処理テープを手配して仮縫いするだけですが…

家に帰って暫くすると体に異変が…不自然な姿勢でガムテープを張っていたお蔭で節々が痛くなっていました。最近運動不足なので仕方がないかな。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
158: by Catseye on 2015/04/14 at 10:16:00

おはようございます。

型紙は何とか取れました。今、部屋で広げたら体の置き場が無くて困った状況になっています。パーツに分けて裁断してしまえば何とかなるのですが…

自作する物の大きさと言うのは作業場所で大体決まってしまいますが、幌は最大。今までどうやって作ってきたのかなと首を傾げてしまいます。

整骨院は何とか行かずに済みましたけど、これからが大変かも知れないです。

あの日は出たくなる気持ちを抑えるのが大変でした。たまたま桟橋でセルさんと会ったので整理がついたのとMICSが役に立ちました。クルージングしていると生簀や定置網の最新情報が知りたくなります。そういう意味でも知りたい情報がほぼ網羅されているので結構便利です(設定で表示される情報が選べます)。

後は潮流情報が載ってればベストかなと思います。観音崎辺りは流れが速かったりするので、思いの外スピードが上がらない時、戻ってから調べると向い潮だったりしますからね。

東京湾の潮流の推算は海保のサイトで簡単に調べられるので便利です。
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/cgi-bin/curr_pred.cgi?area=01&year=2010&month=12&day=12&hour=19&br=netscapewin32&btn=%81@%90%84%81@%8EZ%81@
日時を入れると潮の方向と強さを表示してくれますよ。
他に伊勢湾、瀬戸内海、九州、沖縄の潮流推算もできるようです。九州まで行くなら便利ですけど…

157:MICS by jollyhot on 2015/04/13 at 23:18:01

こんばんは。

ビミニトップ、なかなかいい感じで進んでますね。艫付けの効果フルに発揮しているようです。
私もそうですけど、普段しないような格好をすると翌日はもうあちこち痛くて、整骨院行きです。
この日はいい風だったんですよ~
レースに巻き込まれてしまいましたが…

MICSのスマホ版、初めて知りました。
早速、登録しました。
いつもながら情報提供ありがとうございます。

▼このエントリーにコメントを残す