プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月2日 思わずお知り合いに!

今日は工事が進んでいるのではないかと思いマリーナへ。

着くとK道さんとパッタリ。既に風向風速計とVHFアンテナに手を付けているという事でした。愛艇はサービス桟橋に係留されていたのでなる程です。
近寄ってみるとK藤さんがアンテナの延長工事中。外部アンテナの取り付けは終わっていて、ケーブルをキャビンへの引き込み中です。荷物はカートに乗せたままで、邪魔にならないようキャビンへ。

配線をバルクヘッドに取り付けた棚にどうやって取回すか思案中のご様子です。棚にはバルクヘッド沿いに配線用の溝を切って中を通せるようにしてありますが、FF暖房のコントローラを取り付けた関係で線が一杯になり取り回しが難しそうです。結局、棚を一旦外して配線用の溝を広げるという事で昼食後に再開する事に。

この時すでに風向風速計の取り付けは終わっていたのですが気が付きませんでした。後刻スイッチを入れたら動いていました。K道さんによれば送ってきたものを取り付けただけという事で試してみないと分からないとの事。早いとこ試運転するしかなそさぅです。

昼食後、棚の取り外しを手伝いながら配線が終わったのでテストすると一発でOKです。東京マーチスと入出港船とのやり取りが明瞭に聞こえました。これで僚船との交信も大丈夫です。

サービス桟橋に舫ったままですがセルフタッキングジブのトラック用シートを6mmの細いロープに替えてジブを展開しようと思った時、桟橋から声が…


ドジャー良いですね~との発声でした。写真を撮りたいというので乗船してもらいましたが、自作しましたと言うと、どんなふうにして作ったのかとか、他の工夫はと興味が尽きないようです。キャビンにお招きして今まで作ってきた装備を一通りご説明するとかなり関心を寄せられた様子です。

こうなるとヨット好き同志の会話ですから尽きません。どんどん会話が弾んでいきます。アイデアは共有するものと何時も思っているので説明は惜しみません。

ここで自己紹介などをしてお互いに名乗りを。T月さんでルボンより新しいバージョンのリベッチオに乗っておられるとか。サイズは同じですが細かいところで色々と違いがあるようです。学生時代ヨット部におられたという事でヨット歴は長そうです。クルージング体験も大分積まれているようで大島で風が収まるまで数日日和待ちとか色々体験談をお聞きします。

ウエストのほぼ中央に位置する5丁目に船を舫っているそうなので、これからも色々と体験談を聞けそうな雰囲気です。コーヒーを飲みながら、装備を見ながらお話していましたが、気が付けば何と4時過ぎでした。気の合う人は直ぐに打ち解けて数十年来の友人の如く振舞えるのがヨット乗りの良いところ。

名残惜しいですがいつでも声を掛けてくださいとお別れしました。

今日は工事の立ち合い以外とりたててやる事は無かったのですが、セルフタッキングジブの動きを確認してからマリーナを後にしました。

明日は風も収まりそうで試運転にはもってこいの日和になりそうです。帆走中のFF暖房運転、風向風速計のテストなどてんこ盛りです。マリーナは休みですが何時でも出港できるので、後はやる気だけの問題ですね。

オートパイロットもキャリブレーション(コンパスの調整の事で360度回ったり、真北を教えたりと色々やる事があります)をやり直して進路表示を真北表示に替えるなど簡単でも煩わしい作業が待っています(以前、これをやっている時にペラにロープを巻いてしまった苦い経験が…)。

一日で終わるかな…



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
127:有難うございます by Catseye on 2015/02/03 at 16:06:41

ドジャーを作る時の参考になると良いです。
色々作っている内にあれこれ出来てしまったのですが、その都度考えながらやってきたらそんな風になりました。
また、何時でもお寄りください。

126:ドジャーに感動しました。 by 南青丸 on 2015/02/03 at 12:22:42

すばらしドジャーですね。
そのほか随所の工夫、すべて一級品ですね。
Catseyeはアイデアの宝庫です!
参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

▼このエントリーにコメントを残す