プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

1月19日 FF暖房、部品待ち

金、土曜日とFF暖房の工事に立ち会って取り付け場所を打ち合わせしたりしていましたが、燃料パイプの長さが足りないという事で現在は待機中。
部品の入荷が何時になるか分からないので、取り敢えず現在のところまでの経過をアップする事にしました。

ところで船のFF暖房って何?
家庭の石油やガスFF暖房ってありますが、燃料を気化してバーナーで燃やす仕組みは同じです。今回のはドイツのイーベルスピッヒャーというメーカーが出しているAirtronics D2という製品で一番小さいものです。ガソリン仕様と軽油・石油仕様があってキャンピングカーの世界では結構装着例があるそうです。今回のはマリン仕様という事で排気用のスルハル・アウトレットが追加されています。

バーナーに燃料を送るポンプと温めた空気を室内に送るためのファンなどがあるので、運転中は最大で3A程度電気を食います。エンゲルの冷蔵庫と同じくらいですね。定常運転時の消費電力はまだ分かりませんが、装着するのにはバッテリーがある程度必要になってきます。

サービスバッテリーに105A×2を積んでいて太陽光パネルで充電しながら使っていますが、ロングクルージングではエンジンを掛ける必要があるかも知れません(何時も掛けていますが…)。
燃費は0.18~0.26l/hと超経済的。4時間フルに運転しても1リッターしか食わないし、軽油が使えるのは余計な燃料管理をしなくて済みます。

どんなものかと言うとこんな感じです。
20150116_001.jpg 20150116_002.jpg
裏に見えるクリートの長さが15cm位なのでかなりコンパクト。向かって左側から新鮮な空気を取り入れ、右側から温めた空気を送り出します。右の写真で下に二本パイプが出ているのは燃焼用の吸気と排気用です。
断面はほぼ正方形でL字の金具はバルクヘッドに取り付けるためのものです。
20150116_004.jpg 20150116_003.jpg
定格は34W12Vで熱量は2.2Kw。
20150116_007.jpg
配管はこんなものを取り付けます。黒い方が室内用、銀色の方は燃焼、排気用です。
20150116_006.jpg

取り付けたのがこれ。本来なら縦長の方向が進行方向ですが、スペースの都合上横向きになりました。取説では始動時は15度、稼働時は30度までなら傾いても大丈夫です。30度を超えても一時的ならOKだそうで、レースでもなければ船に乗せるには十分なマージンがあります。
20150117_008.jpg

排気は船尾に。雨が入り込んでも大丈夫なように少し持ち上がっていますね。燃料給油口のリザーブと近いですが、給油中は停止しているので大丈夫そう。因みに軽油の引火点は40度から70度で気化しますが、排気口の近辺では炎はありませんから引火する可能性は無さそうです。(ガソリンは-45度ですからこれだけ近いと危険ですが)
20150117_009.jpg
船尾にはこんな金具が付きます。
20150117_011.jpg 20150117_010.jpg
この金具の有無でマリン仕様かどうか決まっているそうですから、車用を買ってアウトレットだけ手当てするという方法もありかもしれません。

配管は最終形では無いそうで、セールロッカー中の荷物が燃えないようにするための部品を追加するそうです。排気側にはマフラーが付くのでかなり熱くなるようですから、熱対策は十分にしておかないといけませんね。
因みに室内側の吹き出し口は100度位になるという事が取説に書いてありました。

部品待ちで、船の中は工具やらロッカーの荷物が一杯。電動工具を使うため船はガソリンスタンドの片隅にいて電線やら何やらが引き込んであるので動かすわけにもいかず大人しくしているほかありません。
しかもこんな時に限って天気が良いと来る…



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
122: by Catseye on 2015/01/20 at 11:04:38

K道さんも行っていましたが、本当にコンパクトです。それでも熱対策は大切で思ったよりも大がかりな工事になりそうです。
100度の熱は本体の吹き出し口でのことですが、配管が長くてキャビンベンチの下を通っているので余熱で暖かくなるかも知れませんね。バウキャビンへも送れるように吹き出し口は船の真ん中にしてあります。暖かいと良いのですけどね。

121: by セル on 2015/01/19 at 20:46:19 (コメント編集)

意外と小さい物ですね これなら邪魔にもならなくいいですね 排気口からは熱が出ると成ると意外とコックピットでも熱が蒸発しながら入ってきて暖かいかもしれませんね 船内も吹き出し口が100度となると、それだけでも余熱で暖かいかもですね
それにしても大変な作業のようです 

▼このエントリーにコメントを残す