プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

6月24日 スロットルを踏みつけてしまった…

今日はビミニトップを付けてから初めてのセーリングという事でいそいそとマリーナへ出かけました。

割合と早く着いてビミニの最終調整。イレクターパイプで作った支柱はパルピットとの接合部の引っ張り強度が弱く補強が必要な事が分かったので、パイプキットに同封されていたベルトでスターン側を固定しました。
カバーを作らなかったので早くもフェザリングが始まっています。取敢えず気にしない事に…

ビミニのセットを終え、艤装を済ませて早速出航です。自バースを出たところでフェンダーと舫ロープを回収、コクピットに戻る時に体がグラッと。足を滑らせそうになってコクピットベンチの端に足が…。そこにはスロットルがありました。
踏んづけてしまい一瞬フルスロットルに。直ぐに戻して前進微速を維持します。

さて、自バースの通りを抜けたのでエンジンの回転数を上げようとしたその時。スロットルが反応しません。微速のまま進みます。念のためリバースに入れるとギアは変わってバックになりますがエンジンは微速のままです。???

このままでは出られないのでオーナー桟橋までデッドスローで進めて舫いを取りました。

エンジンルームを開けてスロットルのケーブルを確認します。スロー側に目一杯出ていますが戻りません。スロットル本体を確認するとネジが飛んでいますが、体制には影響なさそうです。スロットルを動かすと殆ど抵抗なく動くので、ケーブルが切れているようです。

これは手に負えないので本職の方に見て頂く事にしました。丁度昼食の時間に掛かってしまったので暫く待ち状態の間に写真を。スターンできの上にある椅子がキャンプ用の組立椅子です。
DSC_3571.jpg DSC_3573.jpg

本職の方が到着。見て頂くとやはりケーブルが切れているとの事。在庫を確認してもらい、交換する事になりました。結構古いエンジンなので、ネジの仕様が違ったり、錆着いていてかなり時間が掛かりましたが4時頃修理が終わりました。
エンジンを掛け、舫いが完全な事を確認してからフルスロットルにして確認が終了です。ありがとうございました。

出航準備から6時間が経過していますが、スロットルの確認も兼ねて出航する事にします。

この間に風が上がっていて、No.2ジェノアでは少し荷が重いようですが短時間のつもりなのでサイズダウンさせずにセールをホイストします。結構ヒールしますが20度はいっていないので快適セーリングです。

この頃日は西に。せっかくのビミニですが西日には十分対応できていません。容赦なく西日が照りつけます。
西日は別の対策が必要なようですね。

2時間ほどのセーリングを楽しんで帰港します。セールダウンする頃には結構風が上がっていて苦労しました。短時間のセーリングでもセールチェンジできる仕掛けが欲しくなりました。

私の艇のジブセールはハンクス仕様と言ってフォアステイに金具でセールを装着するようになっています。それに対してファーリングジブセールの場合はセールをフォアステイに巻き付けて大きさを調整できます。
ハンクスの方がジブセールの形が崩れないので性能は良いのですが、セール面積を調整する場合はジブセール自体を交換するので、そう簡単には縮帆できないのです。

交換するのではなく、初めからレギュラーとジェノアがセットできればセールのホイストとダウンだけで良いのですよね。そのためにはフォアステイをダブルにする必要があります。2月にリギン類を全部交換したばかりなので、暫くはセールを交換する事にします。
でもこの構想、気に入りました。安全に素早くジブセールを交換する仕掛けは色々と考える余地がありそうです。
財布の中身と相談しながら進める事にします。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す