プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

1月11日 新春恒例 餅つき大会

毎年一月の第二日曜日辺りにYBM主催の餅つき大会があり、今年は11日の今日。

毎年楽しみに参加しています。今年もかみさんと一緒です。尤もかみさんのお目当ては買い物。今日もバッグ等を買い求めて…

天気は快晴。風も4m前後と出港にもってこいのコンディションです。もう少し早起きすれば出られるのですけどね。
20150111_001.jpg 20150111_002.jpg
20150111_003.jpg
アドバイザリーフラグは安航フラグですが、下に赤旗が。これはこの後で強くなりますよという意味です。確かに終わって船に引き上げる頃は黄色になっていました。

着いたのが少し早目だったので、込み合う前に会場を撮影です。これが受付。何時もはオーナー・メンバー限定の所を今年は何方でもご参加くださいと太っ腹でした。
20150111_004.jpg
センターハウス前は支度中。お汁粉、お雑煮(醤油と味噌)はここです。
20150111_005.jpg

時刻は12時半。三々五々、皆さんが集まって来ます。M谷さんのお友達のF沢さんともお会いできました。日頃中々会えない仲間ともこんな機会に会えるのもマリーナ主催の催し物ならではです。
20150111_006.jpg

かみさんを座らせておいて、隣の列はみそ味のお雑煮ですが、まずはお汁粉から。
20150111_007.jpg 20150111_009.jpg

搗き立て焼きたてのお餅が入ったお汁粉を二人で頂きます。甘いものから食べると満腹感が先に来るので余り食べられないよね…といいつつ次は搗き立てのもぎり餅を取りに行きます。
20150111_008.jpg
これはスタッフによる餅つきですがオーナーも参加してにぎわっています。子供用の臼と杵も用意されていてかわいい子供達も一生懸命憑いています。

もぎり餅は一皿に二つ。これに絡み餅のトッピング(海苔、大根、納豆、黄粉、漬物、キムチと醤油、)が用意されています。二皿お願いすると名前で呼ばれてちょっとびっくり。マスクしていたので分からなかったのですが何時ものT譲でした。受付から担当が変わって中々顔を合わす機会が無かったのですが次の人が待っているので挨拶もそこそこに…

トッピングは海苔とキムチ、大根と納豆にしてかみさんと分け合いながら頂きます。さっき甘いものが先だと…と言っていたのもなんのそのです。国旗掲揚塔の丸くなっている外側は座れるようになっていて陽が当たってポカポカです。今日は座りながらゆっくり食べています。
子供連れの家族の中にはさっきのアナウンスで飛び入り参加した人もいてご相伴に預かっているようでした。中々良い企画になって来ています。

更に今年は餅投げがあって年男、年女のオーナーが壇上から餅を投げてくれます。しかもこの餅には番号が付いていて、後から抽選があるというおまけつきです。
20150111_010.jpg
かみさんも参加して並びますが背が低いので中々取れません。運よく私の所に二つ来たので仲良く一つずつ。残念ながら抽選は外れでしたが、楽しめました。

そろそろお開きが近いので醤油味のお雑煮をもらって船に引き上げです…まだ食べる?!

風が強くなってきていて楽しめそうですが今日は出港しません。それよりサービス桟橋に気になる船が居ます。

8mクラスのパイロットハウスを備えたケッチ(マストが2本)です。クラシックスタイルでデッキは舷側の下。バウの方でデッキが一段高くなっていて波切りが入っていますから水はけが良さそうです。バウにデルタアンカーを備えてあり、ウインドドラス(アンカーの巻き上げ装置)が付いています。しかもアンカーロードは全てチェーンの様子。

スターンにもブルースアンカーにウインドラスがあってスターンから飛び出るように付いています。これならアンカリングは楽でしょうね。他にも外部電源や水道の取り込み口など色々と工夫が凝らされています。スターンに自動点滅灯があるので全沿海仕様の様です。

2本のマストにはステップが付けてあるのでマスト系の何かトラブルがあっても簡単に上れそうです。プロペラが三枚で径が大きいですからエンジンは強力なのでしょうね。
完全にクルージング仕様しかも快適に遠くへ行ける船の様でした。

写真を撮っておけば良かったですね。

この船を眺めていると同じような意見の方と桟橋で暫しヨット談義を。トリマランを所有していたらしく、この船のスピードは…と。トリマランのヨットはスピードが出ます。クローズホールドで10ノットオーバーは当たり前の世界で、リーチングなら20ノット近く出るそうなので比較の対照が違うような気がしますが、トリマランでクルージングするのも良さそうですね。

B区画でトリマランと言うと25Ft位でしょうから最高速は少し控えめかも知れません。でもキャビンが狭いという事ですからモノハル(トリマランのように船体が幾つかあるものをマルチハル、船体が一つの普通に見かける船をモノハルと言います)の方が広くて良いですねとの事。スピードと居住性とのトレードオフですね。

私の船を見てもらうと色々と手が入っていますねとの弁ですが、かみさんを待たせているので早々に引き揚げてキャビンに。

今日はたんまりとお餅を堪能しました。次にかみさんが来るとするともやい祭りかな…




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す