プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

1月7日 エンドレススプライスと頂いた写真

昨日の強風とうって変って穏やかな風と波が待っています。早速マリーナへ。

天気予報と違って3m位の南系の風が吹いています。MICSの強風警報は解除されているので、天気予報が追いついていないのかも。因みに海快晴の予報は北の風でしたが風速だけは合っていました。予報って難しいですね。

出港する前に一仕事です。そのつもりで出港届を出して愛艇に荷物を積み込もうとしたらコクピットに何か緑のテープで張ってあります。取り出してみたら「Beach Boys」さんから写真のプレゼントでした。ヤードで出会ったり、何時もブログを見て頂いてるのですが、今回は素敵な写真です。Beach Boysさん有難うございます。

昨年の12月19日にメインシートの改良(改悪?)をしたときの撮影だそうです。早速掲載させていただきます。
BB20141214_011.jpg BB20141214_012.jpg
写真に記録されている時刻は10:22頃。ちょうどメインシートの取り回しを試しているところです。

早速パソコン用のカバンに入れ、今日のお題のエンドレススプライスに掛かります。
詳しくはYouTubeを見てもらった方が良いのですが、どんな仕掛けになっているのか知ろうとすると手順を追って頭の中で整理するしか方法が無いので写真があった方が良いと思って撮ってみました。
まずは準備から。両端からスプライス用の針(?)で長さを印します。一つの長さは25cm位です。
20150107_001.jpg
下の方の端からA1、B1、C1。上の端からA2、B2、C2としましょうか。
仕掛け的にはBからCに掛けて両方の外皮がお互いに潜り込んでCの部分で芯と潜り込んだ外皮が重なりあって抜けないようになるのです。
手順的にはCの所から芯を抜きます。AからCは外皮だけになり、これを反対側のBからCに向けて差し込む事でBとCの間は外皮だけが交差する事になります。肝心なのはC1、C2よりもテール寄りへ数センチ出すことです。後はCで出した芯とAの出っ張りを始末して中央とCの所をホイッピングすれば終わり。

手順を追って行くと。

まず両端を始末します。焼いてある場合はカットしてばらばらにできるようにしておきます。
20150107_002.jpg

次にC1、C2から芯を抜きます。外皮を傷つけないようにしますが案外難しいです。
20150107_003.jpg

A1を針にセットします。テープはマスキングテープの様に薄いものが良いです。また、Cから引っ張り出す時に相当な力が掛かるのでしっかりと噛ませて止める事が肝要です。
20150107_004.jpg

次はB2からC2へ針を通します。針を出すポイントはC2よりも数センチ先です。この部分が芯とA1の外皮が重なる部分なので長ければ長いほど良いような気がしますが、余り長いと大変な思いをします。
20150107_005.jpg
このロープは既に使っているもので塩を被ったり雨にさらされたりしていますから新品よりも柔軟性が無くなっています。これに外皮分を余計に通すのですから結構な力が要ります。

通し終わったのがこれですが、A1が針から抜けてしまい、完全には通っていません。それでも二重にはなっているので良しとしました。
20150107_006.jpg

今度は反対側です。針を通してからA2を針にセットします。B1からC1の数センチ先に向けて通します。先例に懲りて針だけ先に通して通り道を作っておきました。それでも結構格闘したので新品の時にやるべきなのですね。
20150107_007.jpg

抜けた状態と芯をカットしたのががこれです。分かり難いかもしれませんが右端にあるのがA2です。このA2は先をばらしてからしごいて中に入れてしまいます。同様にして芯の方もロープをしごいて長さを調整し、数ミリ中(黒く印してあります)でカットします。
20150107_009.jpg

通し終わったのがこれです。
20150107_010.jpg
写真の上側の方は外皮が芯と重なる部分で抜けてしまったので形が歪ですが、この状態で引っ張っても抜けません。念のために真ん中とC1、C2部分をホイッピングしてお仕舞いです。

動画を見たり写真を見ているととても簡単そうですね。事実簡単なのですが、練習でも使い古しのロープを使ったので大変でしたが、今回も結構力が入りました。お昼を食べてから始めたのですが既に2時を回っているのと力を使い果たしたので出港はあきらめます。

テストでジェネカーをホイストします。今日の風は南系で自バースでは丁度ランニングになります。ファーリングシートはダブルフェアリードを通して新たにファーリングラインに追加したブロックをスターンパルピットのセーフティーラインを留めるフックにダブルペリカンフックで取り付けました。

ホイスト自体は今までの手順と変わりなく、ファーリングするときに威力を発揮します。今まではラインが余っていたりして何かに引っかかる事が多かったのですが、新設したブロックからの長さが丁度良くてコクピットにいるままできっかり引けて何も引っかかりがありません。ラインの長さというよりブロックを入れた事によるスムーズさの方が勝っているようです。
スターボードサイドはファーリングラインとジェネカーシートが交錯するので交通整理が必要ですが、その内に何とか工夫できるでしょう。

これで懸案だったエンドレスループのファーリングラインが出来上がりました。

ふー、やっと一段落したので一服。最近煙草の量を減らしてはいますが相変わらずのヘビースモーカーなのです。どのくらい減ったかと言うと3日で2箱。以前は1日1箱から1.5箱だったのと比べると減ったなーと思います。煙草の量は健康のバロメーターと言われるとドキッとしてしまいますけどね…

ここでヤードに向かいます。K道さんのスタッフとは顔馴染みで何時もお世話になっている人が多いので新年の挨拶です。一人一人に丁寧に…
でも新年早々に皆さん忙しそうにしているので長居は禁物です。アンカーの事で聞きたい事があったのでコアタイム(マリーナ専属のマリンショップ)に行ってみると今日はお休み。明日からの営業とありました。センターハウスに寄って受付嬢と会話した後でヤードでK道さんを探します。

FF暖房の見積もりは今日届きそうだとの事。明日なら確実そうなので出直す事にしますが、ついでにアンカーの事を聞いたら倉庫にありそうな事を。後で出しておきますという事なので期待できそうです。

それならチェーン、アンカーラインとシャックルだけ手当てすれば良さそうなのでヤマダマリンロフトに連絡する事にしましょう。舫い関係は何時もお願いしているのです。


艇に戻ると3時半。東の空の雲の天辺が茜色に色付いています。この時期は少しずつ夜の近づくのがゆっくりになって行くので好きな季節なのです。夏場の長い夕日と違った趣があります。ここから5時頃にかけて暮れなずむ夕日を見ていると何時までも見飽きないです。

片付けてから駐車場に向かい、敢えて環状2号を家路につくと尚更この夕日の変化が感じ取れます。高速をひた走っていては味わえない季節感ですね。

色々とありましたが充実した1日でした。




トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す