プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

6月21日 ビミニトップの据付

ビミニトップが完成したので本組み立てと幌の組み付けにマリーナへ。

天気予報では11時頃から雨が上がるようなので、10時にマリーナに到着。雨は本降りでしたが西の方が明るくなってきたので構わず自バースへ。
ビミニの骨組みを組み立て始める頃にはほぼ止みました。

スターンパルピットの傾斜している前側に取り付けた土台に骨組みを組み立てます。ネジ類を落とさないよう細心の注意を払いながら組み立てを終えました。骨組みは「満天☆の海-2」で紹介されていたWestland Bimini Topsという製品です。

そこに作成した幌を組み付けます。幌は9号の帆布(パラフィンで簡易防水加工されています)を骨組みに合わせて型紙を作り、前後2ピースに分けて作成してあります。殆ど思いつきで作ったので骨組みへの組み付け方はホック、ベルクロと様々です。
9号の帆布は結構厚い(0.5mm位あります)ので、ミシンの下糸調整ができなくて縫い目はガタガタです。取敢えず縫い付けてある程度ですが、止まっていればよいので気にしない事にしました。

幌を組み付けた後で、骨組みの補強用にスターンパルピット後端に支柱を追加しました。これにはイレクターパイプとフリージョイント(パルピット側)、軸受(大径ナットで絞り込み固定する金具)を使っています。

完成時の写真はこんな感じです。大分船体が汚れてきたので洗剤で洗う時期ですね。
DSC_3564.jpg

イレクターパイプの方が存在感があるので、後ろからの見た目は余り宜しくありませんが、実用優先という事で良しとしました。

前から見た方が若干スマートです。
DSC_3566.jpg

セールカバーと色が調和していませんが、ドジャー、バウハッチカバー、冬場に向けたコクピット全周の覆い…等を作っていこうと思っているので、その内変わると思います。

今日は午後から晴れの予想がピタリと的中して早速ビミニトップが大活躍です。コクピットにキャンプ用組みたて椅子を持ち出して西からの風に涼んでいると快感です。しばらく今日の作業を中止してマッタリタイムを楽しみます。

キャンプ用の組みたて椅子はコーナンで購入したものですが、ティラーの前にあるスターンカバーの上は結構幅があって、この上だと高さが丁度良く、オーナーチェア兼ステアリングチェアになる事に気がつきました。足元を少し補強する必要がありそうですが、スターンカバーには適度にキャンバーがついているのでヒールした時も風上側に移動すれば体は水平を保てます。
これを使ったセーリングが楽しみです。

今日は他にティラーの交換、太陽電池のテストをこなして夕刻の暑い中を帰宅しました。そういえば今日は夏至。一番陽の長い日でした。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す