プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

12月30日 一年を振り返って(まだ早い?)

もうそろそろ振り返っても良い頃だと思うので投稿を。

今年一年は色々な事が矢継ぎ早にやってきてあっという間に過ぎてしまいました。今年の出来事と装備について簡単に…

出来事と言えば
・上架の長かった事!
写真の記録では1月22日に上架して4月9日に下架とあります。この期間中にボートショーがあったりして上架の最長記録を更新した訳ですが、2回も出港しているのはO田さんに同乗させていただいたお蔭です。そのO田さんも今年で船を降りられ、天候に左右されないお家で好きな事をされているようです。

この期間中に何と
船底塗装、マストのダウンライト新設、風向風速計新設、電源盤新設、3バッテリーと切り替え装置新設、クオーターバースとバウキャビンの再塗装、バウパルピットの足場新設、太陽発電コントローラの入替、バッテリーチェッカー新設、エンジン始動用バッテリーランプ新設、クルージングコンソールの作り替え、ティラーのニス塗り替え、バッテリーケース新調、デッキ中央のチョック新設、コンパス新調、セルフタッキングジブのトラック(アルミパイプ版)再挑戦
をこなしていました。

5月にはギャレー改造に着手し、夏場に備えてバウハッチの網戸作成、クルージング椅子の拡張、舫ローブ収容バッグ作成を手掛けていました。この頃はM谷さんとアイデアを交換するのが楽しくていつの間にか夕刻と言う日も少なくありませんでした。

6月、夏場に備えて冷蔵庫を入替しています。実装した日は元気だったM谷さんと一緒に出港して、翌日は保谷クルージングに行っています。これが今年初のクルージングで期しくも保田でK津さんと出会い一緒に帰って来れたのはうれしい限りでした。尤もその時は週末にM谷さんの悲報を聞くことになるとは思いもよりませんでした。K道さんにお願いしていたファーリングジェネカーを二人して楽しみにしていたのですから。

7月、葬儀からちょうど一か月後位にファーリングジェネカーが到着。夏場の前にとK津さんと一緒に調整していましたが、心が折れてしまったのか8月は一度も乗りませんでした。

9月にはかみさんとデイセーリングやギャレーの改造を再開。この頃の出港回数は十数回程度だったと思います。夏場に乗らなかったせいで船底に貝が付いてしまい、YBMクルージングに備えて上架したのもこの辺りです。
結局YBMクルージングは台風の影響で中止となり雨の中友人とパーティーに参加してきました。

10月に入ると心の整理が付いたのか俄然元気になって忙しくなります。
まずギャレーのジンバルと棚を完成させて実装。台風の合間を縫うようにしてデイセーリングに出かけました。そして風と天気に恵まれた18~20日に掛けて念願の大島クルージングを敢行。大島でも一応外洋、初の外洋の波に揉まれて喜んでいました。
帰ってきたその週末にデイセーリングに出かけたら、歳の割に元気だと言われてみたりしながらも出港を続けていました。

結局12月中旬のメインシートテスト帆走が今年最後になってしまいましたが、出港回数を見たら平年並みに出ていて、殆どが9月から11月に集中していたことになります。

回数が多ければ良いという訳ではありませんが、どのくらい元気だったかと言うバロメータになるので気にはしているのです。また、出港回数のように記録している訳ではないのですが、マリーナに足を運んだ回数では今年は一番多かったのではないでしょうか。

ここでは色々な出会いと別れがあります。それも楽しみの一つ。
それに、キャビンでゴロゴロして居ても、海に出て風が吹かなくても、波が高くても走っていればと楽しいと感じてしまいます。まだ世界一周の途上にある方と一緒に走っていた時も同じような事を話していました。
毎日のように同じコースを走っていても海の表情は毎回違う。ただ走っているだけなのだけど楽しくて仕方がないのですと…。同感です。こみの楽しみが続けられますよう。


この一年間、拙い文章にお付き合いくださいまして有難うございました。来年早々にはキャビンヒーターを備えて寒い時も走れるようにしようと思っています。このブログもまだ続けたいと思いますので、これからもよろしくお願い致します。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す