プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月23-24日 監視用IPカメラ

以前、クルージングでキャビンに引っ込んでいる時にも前方を監視できるよう、IPカメラをバウに設置する記事を投稿しました。予定は未定でいつ実現するか分からないのが私のブログなのですが、紆余曲折の末(大げさすぎる?)やっと設置場所を確定してテストにこぎつけました。
以下はその顛末

最初の予定はバウステップの下に監視カメラを設置する予定でした。が、ファーリングジェネカーを取り付ける都合上バウパルピットの先頭からステムに向かって補強用のロープを張ってしまったため、せっかく用意したバウステップの取り付け位置にIPカメラの球形ハウジングが収まらなくなってしまいました。

適当な位置を探している内に時間が経ってしまいましたが、先日の保田クルージングの際に「ここだ!」という所を見つけたので試してみる事に。

という前置きの長い話になっていますが、その位IPカメラの置き場所は考えさせられました。キャビンに居ても前方監視できるという目的が果たせればよいので、バウにこだわる必要は無かったのですけどね…

今回の設置場所は何という事無くドジャーの中。それもメインスライドハッチの上にフレキシブルアームで固定してフロントガラス越しにウォッチするという簡単なものです。
IPカメラが防水でないのが設置場所の縛りになっていたのですがドジャーの中なら簡単には濡れません。

IPカメラはちょっと前の話題なのので再紹介するとTenvisのJPT3815W-2013という30万画素でiPhoneやiPadで映像を見れるというものです。無線LANを使うのでWifiルーターが要ります。iPhone、iPadからは映像を見るだけでなくIPカメラの向きをコントロールできるので監視カメラと言っている訳です。

今回はメインスライドハッチの出っ張りにフレキシブルアームで取り付け、カメラの電源にはモバイル電源を使う事にしました。

で、23日に持ち込んでテストしたのですが、暫く放っておいている内にWifiルーターを変えたりして設定環境が変わっていました。何とかなるだろうとタカをくくってセッティングしたところ、動作しません。船内であれこれ設定をいじくっている内に気分が悪くなってきてあきらめました。
家に持ち帰って再度セットアップ。
久しぶりにネットワーク設定をやったおかげで、すっかりやり方を忘れていました。初心に帰って最初からやり直し。

まずIPカメラのセッティングですが、カメラには無線LANと有線LAN両方が備わっています。初期設定は有線LANの方でやります。Surfaceに繋いでセッティングしますが、PCの無線LANを切り忘れていたばかりか有線LANのIPアドレスも設定しないといけないのです。こんな初心者でもわかる事を船の中では思い出せませんでした。

海の上では思考能力が岡でのそれに比べて1/10になるという事をすっかり忘れていた(と言う事にしましょう)。

しっかりIPアドレスを設定して再度挑戦したらあっけなく終わってしまいました。iPhoneとiPadで繋ぐと簡単に行きました。

という訳でセッティングの終わったIPカメラ一式を船内に持ち込んだのが今日の14時でした。
フレキシブルアームでIPカメラをメインスライドハッチに固定してから出港です。

カメラのテストがメインなのでメインセールだけ揚げて機帆走で八景島を目指しましす。辺りにはヨットが数隻と遊漁船が遠くにいるだけなのでテストにはもってこいのコンディションです。

コースを設定したらIPカメラの登場。iPhoneで映像を見るとはっきり前が見えます。周りに船のいない事を確認してキャビンでワッチ。遠くにいたはずの遊漁船を確認。コンパニオンウェイから顔を出してみると、なるほど映像で見たとおりです。

これならクルージング中にキャビンで寛いだり、食事を作っていてもワッチがおろそかになる心配はありません。ジブを張った側は見えないのはコクピットにいても同じです。IPカメラの設置場所をずらせば少しは違うと思うので、実際のクルージンクで試してみましょう。

ただ、欠点が一つ。iPhoneの画面は小さいのでキャビンで見つめていると気分が悪くなってきます。体調の良い時でないとうまく無いかも。波で揉まれている時は…

出港が遅かったせいでトワイライトセーリングになって来ています。
20141124_001.jpg
ちょっと良い気分です。風は弱いのですが典型的な東京湾の波が少しあるのでコクピットにいた方が気分爽快です。

八景島では何時ものと少し違った風景の写真が撮れました。
20141124_002.jpg
この時点で16時半。戻って保田の行き帰りで減らした燃料を満タンにしようと思います。
風車あたりまで戻ってくると航海灯が必要なくらいになって来たので久々の航海灯を点けます。

マリーナの給油所に着ける頃には空は真っ暗になりましたが辺りの明かりで良く見えます。自バースに戻る間もIPカメラを覗いてみると暗視カメラなのでかなり明るくて夜でも使えそうです。

自バースに着けてから監視用IPカメラの整理です。
・ 前方監視カメラとしては…
なんとか使えそうです。Ipadの大きい画面なら長い間直視していなければ気分が悪くなることも無さそう。
・ IPカメラの視点
前方監視という事でマストが直前に見える位置に設置しましたが、少しオフセットさせてマストを避けるようにした方が良さそうです。
・ 電源
今回はモバイル電源を使いました。頻繁に首振りした割に4時間程度の稼働で1/3位消費しただけでした。保田位の距離なら点けっ放しでも十分持つことになります。それでも、クルージング中にモバイル電源を充電するくらいなら12V電源からUSB5Vを取れるように配線した方が良さそうです。首を振る時はモーターが回るので2A位消費するようです。

寒い時や食事の用意、トイレでキャビンに入った時にワッチ出来ないというシングルならではの問題を解決するために監視用IPカメラを使おうと思ったのですが、当初の目的は達成できそうです。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す