プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

8月4日 65回目の誕生日

年が明けたと思ったら、もう8月。早いものです。
今年は色々な事が重なって、月日の流れるのが何時もより早く感じられています。しかも今日は65回目の誕生日。

1月に早々と免許を更新しましたが、この12月で船を持ってから5年目になります。K道さんにも10年は乗れる様にとメンテナンスをお願いしていますが、もう5年経つのですよね。
10年経ったら船を降りるのかどうか分かりませんが、このところ筋力の衰えを感じて居て案外そんなものかなと感じているところです…


何て年寄りの愚痴の様な事を書いていても面白くないので、この先の予定などを。

相変わらず船の改造を続けて行きます…

最近のトピックスはジェネカーですが、先日のテストで幾つかいじるところが出てきました。
◦コードが長過ぎる
コードはフォアステーに相当します。少し長い様でハリヤードが引き切れて居ません。

◦タックを留める金具がJフックなのでシートが入ってしまう。
ドラムにタックを留める金具にJフックが使われているので、何かの拍子にシートがフックに入ってしまうのです。ファーリングできなくなってしまうので危険です。
スナップシャックルに変更をK道さんにお願い済みです。

◦余り登れない。
コードの長さにも関係しますが、見掛けで90度を切るとラフが巻き込んで登れなくなって来ます。手でシートを押さえると登り始めるのでツィーカーが必要なようです。
ツィーカーのリードをどの様にする考えて居ます。
やり方は
1.ジブシートブロックのシーブにロープを付けツィーカーのブロックを付ける。
ここから幾つかアイデアに分かれます。
2.風下のスピンシートをスターンのブロックを介して反対舷のウインチにリードする。
3.ツィーカーのシートを同様にして反対舷のウインチにリードする。
4.ジェネカーまたはツィーカーにラチェットブロックを使う。
5.ストッパーを使う
どのアイデアにしてもシートをどの様にして止めておくかと言うことですね。

コクピットにはジブシートを留めるクリートしか無いので、シートを止めておく他の何かが必要と言う事です。
ジェエネカーを使っている時にジブシートを止めておくクリートはK道さんにお願いしてあるので…

それにしても何でこんなに考えているかと言うと、自分はシングルで乗るからです。実はジェネカーを張るとコクピットの中はシートだらけになります。コクピットにリードされているシートの総数はジェネカーを入れると17になって居ます。
何に使っているかと言うと
ドグハウスの上に
メインハリヤード、メインのダウンロープ
スピンハリヤード
ワンポンリーフのタックとクリュー、ツーポンリーフのタックとクリュー
ブームバング、レイジージャック
セルフタッキングジブシート
メインシート二本(グロスとファインではなく左右独立の二本です)

ドグハウス左右にジブのファーリングシート、左右のブームブレーキ
それに左右のジブシート

これにジェネカーのファーリングシート二本(ループになっているのですが行きと帰りで二本と数えて居ます)とツィーカー左右で4本追加になりますね。ジブハリヤードはマストにクリートしているのでこれで済んでいるのです。

それにしても、これは忙しい…

これのお陰でぼけている暇がありませんね。シートの位置と働きが分からなくなったら、船の定年でしょうか…



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す