プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

6月1日 昨日に続いて…

今日も良い風が吹きますように…

予報では午後から風が上がるという事でした。それなら正午ぐらいでも良いか…という感じでマリーナに着いたのは11時頃。昨日と同じですね。
今日は直ぐに出港準備です。それでもなんだかんだと言って12時出港。

昼頃までは風弱くの予報通りで南南東の風で2~3m位。スターボードタックのクローズホールドで1.5~2ノットを少し超える位です。それでも沖の風を期待して沖出しします。それにしても今日はヨット・ボートの数の多い事。遊漁船も多いので真っ直ぐなコース取りはできません。

出港前にN岡さんが出ようとしていたのでどこかで会うかも知れないと思っていたら目の前を横切って行きます。午後から風が上がるそうですよ~と声を掛けながら交差します。

八景島手前位を狙えそうな海面に出たのでタックします。すると今度は30ftクラスのヨットと交差。同じくらいの切り上がり角度とスピードで暫く並走します。
20140601_001.jpg

それにしても風が弱くてクルージングでこんな状況に遭遇していたら即行でエンジン始動ですが、デイセーリングでは風任せです。取り敢えずの方向だけ決めて進めます。沖合の方が風があると踏んだのですが、岸が近づいてくると上がってきて4から5m位吹き始めました。4ノットを少し切るくらい出てきました。

段々気持ちの良いセーリングになって来ています。岸まで寄ると反射波の三角波が多くなるのであまり近付き過ぎないよう早目のタックを繰り返します。ジェノアシートの結び方を変えて小さくしたせいかタックの時にシートがステーに引っかからなくなり楽にタック出来ます。風の強い時はどうでしょうかね。

それにしてもヨットが多いです。沖合には釣りのボートが出ているので避けながらですから少し気を遣う?
20140601_002.jpg 20140601_003.jpg
風車が回っていないのは風が弱い証拠。強い時もですがこの写真からはそんな状況とは思えませんよね。何回かタックしながらやっと八景島が見えてきました。
20140601_004.jpg

八景島にはディンギーの基地があるので良く沖合でレースの練習をしています。上と下のマークが見え、ディンギーがスピンを張りながらこちらに近づいてきます。練習の邪魔をしては悪いので沖出しに。
20140601_005.jpg
ところが目の前に沖の根灯台(ブイ?)が…
え~、そんなに岸よりのコースを取っていたんだ…
20140601_006.jpg
クルージング時は本線航路のすぐわき位まで沖寄りのコースを取るのにこんな近いとは…Plan2Navのチャートを拡大して近くが良く見えるようにしていたら自艇のポジションを見失っていました。後でトレースを見たらクローズホールドに執着して風の振れに合わせてコース取りしていたためでした。
デイセーリングなので良しとしますが、クルージングだったら…

こんな間にも風は徐々に上がってきて5mを常時超えるようになって来ました。セーリングを楽しむのに手頃な風です。Uターンして風下航を楽しむ事に。

タックしてそのままに落としていきます。コースをマリーナ湾口に取ると見かけの風で90度。結構スピードが乗ってきたので真の風はブロードリーチと言うところでしょうか。楽のできる風向きなのでコクピットに座椅子を持ち出してのんびりセーリングです。少々の振れは無視してコースを維持しながら寝そべっていると眠くなってくるくらいです。

それでも岸寄りに並走していたヨットがどんどん先行していくのを見てコースを変更。下手な沖出しより岸寄りの方が風があるようでぐんとスピードが上がります。先の経験から早いとこコース取りを変えれば良かったかな…

マリーナ湾口近くでは遊漁船が固まっています。ボートもいるしヨットまでセールを下ろして釣りに熱中しているような。そんな脇を抜けるようにして黄色ブイの近くでセールダウン。そのまま帰港です。

舫いを固めてからノンアルコールビールをもってM谷さん艇を訪問。お話し中のところを割り込んでしまいました。すみません…
暫し何時ものとおり歓談。今日は釣果が芳しくない方が多かったようです。そういえばトロール船が結構出ていたので駄目だったのでしょうかね。

連日で出港したせいか少し疲れました。お暇して船の中を整理してから帰宅です。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す