プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

5月9日 風強し、デイセーリング変じてメンテナンス

天気予報によると今日は不安定な気象で午後になると雷雨や竜巻の可能性もあるそうな。
それでも連休の人出を避けていたので久々です。出来れば出港しようというくらいの軽い気持ちでかみさんとマリーナへ。

着いてみると多少風があるかなと言うくらいですが、ベイサイドウィスパー(海況を中心とした天気予報)では午後から10m以上の風が吹くような…かみさんが一緒だったので無理をせずにメンテナンスに切り替え、かみさんはキャビンで趣味(宝塚)に浸っていました。iPadを持って行って良かった!

こちらはあらかじめ準備してあったメンテナンスを。

一番簡単なのがセルフタッキング用のジブシートトラック。フットがパンパンに張っていたので、トラックを下から支えているシートを前後逆に取り付け直しました。これで前が短く、後ろが少し長めになってトラックがパウハッチの後端付近まで前進しました。まだ風が弱く回っているので早速テスト。

テスト開始時は北向き係船でクローズホールドでの3m位の風。西回りにアピームまで変化します。時折反対舷に回り込むのでトラックの働きをテストするのに好都合です。

前回帆走した時はフットがパンパンでリーチが十分引き込めていませんでしたが、今回はぴったり。適度なセールカーブが出ています。アピームの風でシートを緩めてもリーチがパタパタしないですし、時折真追手になる風でもリーチトップのカーブは適切に出ています。トラックの位置がかなり下まで来ているのでパウハッチとの干渉を心配しましたが、シートを引き込んでいる限り干渉しないようです。

ランニングの風が東側に回り込んだのでジャイブの練習も。シートを一旦引き込んでから少し緩めてやるとトラックの上をブロックが反対舷に移動していきます。クローズホールドの風でも反対舷に回り込んだので同様にするとスムーズに動きます。セールシェープが改善され、トラックの動きも確認できたので帆走するのが楽しみになって来ました。

それにしても今日の風は回り込みます。クローズホールドかと思えばアピームやランニングですから、海上でこの風に出くわしたら面食らうでしょうね。


お次はまだ少し早いですが、パウハッチに網戸を取り付けました。余っていた帆布で枠を作り網戸に使う網を縫いこんだもので、枠にはぐるりとベルクロを縫い付けて有ります。思い立ってから2時間ほどで作ったものですから合わせるまで少し不安がありました(網戸の網を縫いこんだらミシン針の先が丸まってしまいましたが…)。
メスの接着剤付ベルクロをキャビン側に張り付け、網戸を張り込めば完了。
20140509_001.jpg 20140509_002.jpg
サイズは700㎜×700mm。ハッチが大きいので全面を覆うために必要なサイズです。
キャビン側はこんな感じ。
20140509_003.jpg
作っている時はちょっと大きいかなとも思いましたが、合わせてみたらピッタリです。しかも外から中が見難い網を使っているのでプライバシー対策にもなりました。
これで蚊に悩まされることなく夏場の夜の涼しい風を取り込めます。後はスライドハッチと差板を網戸対応にすれば完了です。

お次は何時も登場しているクルージング用の椅子。これに座椅子で座るためのサポート台を作りました。
椅子は何時ものようですが…キャビン側にサポート台をキャッチする板を取り付けてあります。
20140509_004.jpg

サポート台はコンパニオンウェイの形に合わせてカット、縁を付けて油性ニス塗したものです。取付け穴が開いていますが、もっと頑丈で置き場所を食うサポート台を作っていた時の名残なので気にしないように…
20140509_005.jpg
このままでは後ろにもたれかかると倒れてしまうので、裏側に折り畳み式のフラップを付けました。このフラップがキャットウォークに支えとして働きます。
20140509_006.jpg 20140509_007.jpg

で、取り付けたのがこちら。
20140509_008.jpg 20140509_009.jpg

左右は差板の差込口が動かないように支えてくれるので、前後方向のずれと倒れないように仕組むだけで済みました。この上に座椅子を乗せるとちょうど良い具合です。しかも座椅子を置くだけなのでいざと言う時、コクピットに出るのも楽ちんです。

ヒールに合わせて動くような試作品まで色々作りましたが考え落ち(体の方が柔軟に対応します)だったですし、出来るだけキャビンの中で邪魔にならないような軽いものでと今回の形に落ち着いた訳でした。この椅子はキャビンに置いて補助用の椅子として活躍していますし、サポート台は畳むとクォーターバースの壁に沿って収納できるので邪魔になりません。

ここまでやって来ると外は結構な風が吹いてきました。受付の風向風速計では瞬間で13m位です。自バースの位置では風向風速計の表示は瞬間で6m位。何時ものように西側の倉庫事務所のビルが風を遮っていてくれます。


ヤードでK道さんとお話していたら。以前お約束していた8インチと10インチのウインチハンドルをゲット。しかもレース仕様です。これでセルフタッキングジブとメインシートの両方同時にハンドルが使え、ジブシートやスピンシートも両舷でハンドルが使えるようになりました。150%ジェノアもスターンから風上舷にシートを取って風下でツィーカーを常用する使い方もできそうです。

だからという訳ではないのですが、以前キャンセルしたファーリングジェネカーを改めてお願いすることに。

スピン練習の結果では弱風で波が無い時なら揚げられそうなので、大きなセールエリアを活かして夏場の弱風時は使う機会が多くなると思います。でも、少し吹かれた時でも安心して展開・収容するにはファーリングできた方が良さそうです。ちょっと贅沢かも知れませんがスピンとファーリングジェノアの両方を装備することにしました。
予算…的にも収まりそうな感じです。


そんな一日を過ごしている内に北西の雲が怪しくなってきました。少し早目に帰宅する事にします。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す