プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月12日 久々に自艇で出港

今日は下架してから初めてのセーリング。

マリーナに着いたら最初にバウステップの取り付け。バウを桟橋に近く付けておいたので部品を無くすことなく作業できます。装着後の写真などは後からご紹介します。

流石に人通りの多いウエストだけあって顔馴染みの多い事。そんな中で新顔が…
同じルボンのオーナーで隣の丁目に舫っている方です。ブログを読んで頂いているそうで、続けていて良かったと思う瞬間です。出港準備してからふと見るともう出港されているようでした。

準備万端、出港です。下架した時は入船で係船しましたが、これから南系の風が多くなるので帰ってきたら出船で係船する事にします。舫いは帰って来てから中央広場で…

久々の出港ですがエンジンの音も軽々と滑るように進みます。回転を見ると1,400回転で4ノット出ています。滑るはずですね。黄色ブイまで来ると先に出港していた新顔の方が入港してきます。思わずエールを送って…

セールアップは風向風速計を見ながら風上に向けて。一発でセールアップ…の筈が途中でレイジージャックに引っかかってしまいました。よくよく見るとレイジージャックの外側にハリヤードが入っています。あれだけ入念にチェックしたはずなのにショックです。

揺れるデッキで入りくりを直して再度挑戦。今度はうまく行きました。

ポートタックのクローズホールドで八景島を目指します。途中でセルフタッキングジブのテスト。シートが一本なのでタックの時にポートを変える必要はありません。少しシートを緩めるとすっと反対舷にシートが移動します。
シートを張りっぱなしだとうまく移動しませんが、ほんの少しだけ緩めるだけなので問題なしです。
これは思ったよりうまく行きました。これで真上りの連続でも楽に操船できます。

風速計の表示では3~4mで南東からの風です。メーター読みで35~40度位にすると3ノット程度。レギュラージブより小さめのセルフタッキングジブでは良い方かもしれません。何よりタックが楽な方がメリットです。
何時もの風車も風が弱いので止まっています。のんびりと八景島に船首を向けます。
20140412_001.jpg 20140412_002.jpg

新調したコンソールに必要な航海機器を並べるとこんな感じになります。
20140412_003.jpg
風向風速計とオートパイロットのボックスの上にはiPhoneが横たわっていて、その右側にはiPadとUQ WiMaxの無線ルータ、iPadの裏側にはUSBの電源が収まっています。左右にはUSBスピーカーがあってラテンのサルサをガンガン鳴らしながら走らせています。このスピーカー2.2チャンネルだそうで、ドジャーに反響して左右の分離が良くなりステレオ効果が強調されます。低音もUSBスピーカーにしては忠実に再現されているようです。

何時もならグループを広くとって風の振れに対応させていますが、ウインドベーンモードと言う風向風速計とオートパイロットを連動させて置くと風の振れに対して進路を自動的に変えてくれるので、この風でも2.5~3ノット平均で進められます。途中何度もタックさせますがその都度メーターを読みながらセールをトリムすると最適なトリムが感覚ではなく数字で決められるのはメーターを設置したメリットですね。

風が弱いので1.5時間ほどで八景島に到着。
20140412_004.jpg

八景島からUターン。リーチングにしたりクオーターリーにしたりと色々と変えてみます。スピードメーターを付けていないので風速・風速は艇速が加味された見かけの風です。上りでは4~5mと表示されていてもリーチングで3m位、ランニングに至っては2m位に表示されます。

風車の辺りまで来たら遅いのに我慢できなくなってエンジンを掛けプロペラを回しました。O田さんから譲っていただいたスピンを張ろうにもシートの取り回しがまだ出来ていないので試せません。

そのまま自バースまで引き返してきました。

中央広場で舫いの準備をします。船体中央に取り付けたフェアリーダーの出番?
取り敢えずクッションを中央から引けるようにして自バースに向かいます。出船係船にするのでバックで自バースに新入です。デッドスローで侵入していきますが風向が西系に変わってきたのでフィンガーから離れ、流れていきます。スターンをぶつけたくないという意識が思い切りを無くして、侵入がショートしています。ここで助っ人登場。先の新顔の方が舫いを取ってくれました。
これからも宜しくお願いしますね。

舫いは新たに構成するのでちょっと時間が掛かりましたが、船体中央に設置したチョック(フェアリーダー)から短めのスプリングが取れるのでがっちりと固められます。北系の風に備えて両舷から桟橋に舫いを取りました。南系の風に対しても右舷に2本取れるので楽です。


さて、ここで新しい装備を幾つか紹介します。

まではバウパルピットに取り付けたステップ。
20140412_005.jpg 20140412_006.jpg
漁港での係留などで足掛かりにします。
12mm厚の材木と8mm厚のベイやを組み合わせて作ってあります。防腐を兼ねた塗装はゲルコートオンリーでK道さんのところで仕上げてもらいました。自分でできるようにしたものですね。
上から見ると厚みが良く分かりますが、パルピットの径に合わせて作ったので真横や正面から見るとこんな感じで付けていないみたいです。
20140412_007.jpg 20140412_008.jpg

お次はセルフタッキングジブのスライドレール。25mm径アルミパイプの左右にアイをボルト止めしてロープで支えてあります。上側のロープは落ちないようにしているだけでジブを張っている時には何も役をしていません。
下のロープが主要メンバーでシートを引くとタック側のパイプが持ち上がり反対側は沈みます。パイプがタック側に持ち上がりタッキングするときにスムーズにタック出来るようになります。タックの度にパイプの持ち上がりが切り替わるという寸法です。
20140412_009.jpg 20140412_010.jpg
タッキングの時に少しシートを緩める必要はありますが、どんな仕掛けでも同じようなので試してみる価値はありますよ。上りでのタッキングで労力は数分の一になりました。気楽にタッキングできます。
シートの取り回しは一旦マスト中央のブロックまで引き上げ、マストステップからコクピットで操作できるようにドジャーの中のストッパーに経由してあります。クルージング用の椅子に座りながらの操作もできるようなシーティングてず。
20140412_011.jpg 20140412_012.jpg


次は新調なったコンパス。
20140412_013.jpg
以前のコンパスは曇ってしまったので換える事にしたのです。以前の物はコンパウンドとワックスで磨いたら見える程度には復元できていましたが、よりクリアにしたかったのと、照明を付けたかったので交換しています。

一度に幾つも紹介していると何が何やらわからなくなってくるので本日のご紹介はこれまでです。


久しぶりに出艇した事と微風だったので少々船酔いしたようです。帰ってからお酒で酔うことにします。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す