プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月9日 下架しました

月曜日に下架する予定でしたがバウキャビンで思わぬ水漏れが見つかり直してもらったため本日の下架になりました。

早朝は良く分かりませんでしたが、起きたら快晴で微風、少し波があるような海況で下架にはもってこいのお日和です。(後で聞いたら朝方の保田は結構な波と風だったようで…)

先日来のお約束でかみさん同伴でマリーナへ。同伴と言ってもマリーナに着くなりオーナーハウスに閉じ籠りですが…
K道さんに予定を聞くと上架中の大きなモーターボートを船台に固定したら下ろしますとの事。そんな予定をかみさんに伝えに行ったら、クレーンが移動中。自艇の方を見るとすでに動いています。カメラを船に乗せたままなのに…

そんな訳で今日の写真はiPhoneで撮りました。
下架の様子。ハルにワックスをかけたので結構光っていますね。新艇のようだとは言いませんが…
20140409_001.jpg 20140409_002.jpg
20140409_003.jpg 20140409_004.jpg

心の準備も無い内に下架の運びとなりました。下架したら次は操船ですよね。
2か月半におよぶ上架だったのと電源関係をいじったのでスイッチの勝手が違います。取り敢えず自動車バッテリーを使ってのエンジン始動です。これは一発で始動。

海に浮かべばこっちの物?それでも久々の操船なのでぎこちない事。しかもかみさんに手伝ってもらおうと思っていたら勝手に自バースの方へトコトコと歩いているのです。
フェンダーは用意しておきましたが、舫いロープはパルピットに結んだままだし…

船首を風上に向け舫いを準備します。
整備の甲斐あってかエンジン音も軽く、スルスルと軽く進むのには感動さえ覚えます。長い上架が報われる瞬間です。

取り敢えずかみさんの待つ自バースへ。久々の着岸なので緊張に一瞬…です。進入はデッドスローで。
こんな写真をかみさんが撮ってくれていました
20140409_005.jpg

東系の風が吹いているのでそれ程難しくは無いのですが、何回も繰り返すように久々ですから…
自バースにはかみさんのほかにスタッフのKさんがスタンバイしています。助かります。着岸は思いのほかうまく行きました。Kさんが船を抑えていてくれるので尚更です。舫いを固めます。

今回は船のミッド付近にチョック(フェアリーダー)を追加したので舫い方も変更。
スプリングはミッドから取ってがっちり固められるようになりました。そのせいか船の揺れが少なくなったとはかみさんの弁。

昼食後、上架中に控えていたデッキ洗いを開始。ヤードでは船体を洗っていれば周りの人には分かりますがデッキは分り難いので控えていたのです。
クレンザーを撒いてから水を少し含ませてスポンジブラシでゴシゴシやると見る見るうちに綺麗になります。今日はこれで終了。デッキ洗いの間、かみさんはキャビンでゴロリと…

レイジージャックやブームリフトの取り回しが変だったので変更したり、セルフタッキングジブをテストしている間は買い物にと忙しそうです。

ほぼ作業を終えた頃に携帯に電話が…。O田さんからでした。
昨日から保谷に行ってきたようです。預かっていたものを届けにイーストまで行くと、今朝の保田近辺は波と風があって大変だったとの事。見ると完全装備(海に出る時は何時もだそうですが…)で頭から塩を被ってきたそうで…

O田艇のドジャーは古くなったとの事でフレームだけにして倒してあります。これだと正面から波を被ったら結構大変そうです。

自分の艇でも横から波が来るとちょっと辛いものがあるので改装を考えているのですが、その前にやる事が山積みなものですから暫く先になりそうです。

かみさんを置いてきているので早々に退散でした。


これから少しずつ新しい装備を紹介していきたいと思います。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す