プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

3月27日 思い立ったが吉日?

今日は一日中雨が降ったり止んだりでした。そんな中、ある事を思い立ってマリーナへ。

何を思い立ったかと言うと、予てからやろうと思っていたギャレーの改造です。ルボンのギャレーは良く考えられていて、シンクと一体になった大きなストーブエリアと収納棚が付いています。このままで実用上は何も問題は無いのですが、物が溢れている感じが強いのです。
クルージングで疲れている時には何も感じないのですが、マリーナで船内泊していたりすると、気持ちに余裕があるせいか物凄く気になるのです。

何とかには蓋をしろの如く蓋をしたくなりました。
以前の写真ですが生活感溢れる状態がこれです。セティーに座った時、目の前に広がっている風景です。
20110604_001.jpg
いままで手を出さないでいたのですが、調理中に物を置く場所もなく、あまり使わないテレビ(パソコンのモニターです)もデンと構えている始末です。

このギャレーから生活感を無くしてしまおうというのが思い立った理由でした。

まずはあまり使っていないテレビを取り外し、iPadのお蔭で使わなくなったステレオセットも外してしまいます。棚を取り払ったのがこんな状態です。
20110411_002.jpg
かなりすっきりしましたが、まだ何か物足りません。

更にストーブを取り去るとすっきりしました。
このストーブは手製のジンバルにぶら下がっていて二口有りますからスパゲティを茹でながらソースを温めたりできて、春から秋口までは何ら問題なく使えているものです。

それを外したのは…ガスボンベが下にぶら下がっているので、冬場、着火直後は勢いよく火が出るのですが、直ぐに弱くなってしまいます。ボンベを触ると冷たくなっていて圧が下がっているのが分かります。
手で覆って温めてやると火の勢いが強くなりますが、何時までも温めている訳にもいかず、冬場の課題になっていました。

ギャレーに手を付けるならこの問題も解決してしまおうと外してみた訳です。
今までの経験から、航海中にジンバル付きのストーブで暖かい食事にありつけたのは数える位です。それならストーブも固定式で良さそうです。(そもそもシングルが中心では荒れている航海中に調理している暇など無いのです)

外してみるとストーブの下には大きな空間が生まれます。ここを仕切ってストーブエリア、収納、ゴミ入れにできそうな感じです。

ギャレー周りに必要な品物は…
・皿、コップ、スプーンなどの食器。
・調味料
・鍋釜
・フライ返しや包丁などの道具
・コーヒー用の食器類(カップ、ドリップ、砂糖…)
位ですから皿や鍋釜の類はここに作る収納に入れられそうです。後は壁面収納を作って収めればすっきりしそう。

後は冷蔵庫とシンクです。
作り付けの冷蔵庫も考えてみましたが、今の冷蔵庫が無駄になるのでしばらく見送ることにします。(冷蔵庫キットも売っていますが財布の中身とも相談が必要ですから…)

ギャレーはFRPでシンクも一体に成形されています。FRPの筐体に手を付けると結構な時間が掛かるので、フレームはそのまま使うことにします。そうなるとシンクを大きくするのはちょっと難しい?
このシンク、20cmの皿を洗うのに縦にしないと洗えないので何とかしたいのは山々ですが、手を付けるのはやめる事にしました。

鍋釜の類と外した物を家に持って帰ったら部屋は足の踏み場も無い位物が溢れかえっています。これだけの物を積んであったのですね。こんな時でもないと中々整理しないのですが、皆さんの船の中は如何ですか?


さて、作り替える準備はできました。完成は何時?…



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す