プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

12月31日 今年を振り返って

早いもので1年が過ぎようとしています。

今年を振り返ってみると出ているよりも岡の上で作業していたのが多かったようです。ドジャーを作っているかと思えば少しでも性能を上げようとメインシートの取り回しを変えて見たりです。
前半はそんな事の繰り返しで出港回数も少なかったのですが、夏前から少しずつ調子が上がってきて、秋口に台風が一杯来たお蔭でペースダウンしてしまったというところですね。それでも夏の雨でしたが親友とクルージングできたのが一番の思い出になっています。

装備面ではドジャー、ダブルメインシート、セルフタッキングジブ、クルージング用椅子がメインでした。
ドジャーは結構時間が掛かりましたが、装着後は作っておいて良かったと思える局面が多かったです。雨中のクルージングでも濡れる事が無くなりましたし、波を受けて濡れるという事も激減しました。後は風なのですが、コクピットの側面を覆う幌を作っておかなかったので横風を受けると濡れたり寒かったりするのは仕方のないところでしょうか。

ブーム中央からリードするダブルメインシートはドジャーを大きく作るために必要だったというのが偽らぬところですが、微風から強風までメインセールのシェープが思いの通りに、しかも簡単に作れるという思わぬ効果がありました。少しですが性能が上がった反面、自分でしか操作できなくなったのではと思ったりもしています。

セルフタッキングジブは半完成で来年に持ち越しですが、楽々クルージングができると期待しています。楽々と言えばクルージング用の椅子。
今までのはコンパニオンウェイに掛けてエンジンボックスの上に座ってしまうというもので、雨の日はドジャーの陰に完全に隠れられて濡れる事がないというものです。晴れの時はお日様の恩恵を受けられないのが困りものでしたが、座椅子を使うことでこれも解決できました。(ヒールするとずれてしまうので対策を考えているところです)

装備が充実してくると海に出たくなるのですが、今年は毎週のようにやってきた台風のお蔭で秋口から出港回数が減ってしまいました。自然の中で遊ばせてもらっているので贅沢は言えませんが…

目標にしていた西伊豆と大島行は果たせませんでしたが、楽しみは取っておいた方がよさそうな気がしています。来年の上期に予定している改造が出来上がれば快適なクルージングが楽しめるはずですから。

改造の内容についてはK道さんと相談し始めていますが、少しずつ考えが変わってきているので相談内容も変わると思います。内容は年初の豊富で詳しくアップしますね。


今年一年、稚拙な文章とお付き合い頂いてありがとうございました。これからも色々とやっていきますので宜しくお願い致します。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す