プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

10月3日 ちょっと憤慨した事

先日、出掛けにiPadのアップデート中、USBケーブルが抜けてしまい、iPadをリカバリーしなければならなくなった事はお伝えしました。
今日はその続き。

iOS7という最新のOSに切り替えたのと同時にリカバリーしなければならない羽目に陥ったため、何か問題が起きた時に、それがiOS7に切り替えた問題なのかリカバリーで起きた問題なのかどうか分からなくなってしまいました。
殆どのアプリは問題なく動作しています。ところが一番肝心なNAVIONICSに問題が…

リカバリーしたらNAVIONICSの海図上、海岸線の表示が荒く表示されるようになってしまいました。それだけでなく灯台やブイなどの標識も表示されなくなっています。これでは使い物になりません。

思い切ってNAVIONICSに問題が発生したことをメールで伝えました。英文でメールなんて久しぶりですから、簡単な文書を書くのに1時間近くも掛かりながら…

何回かやり取りがあり、興味のある海域で海図をダウンロードして見て下さいと来たのが、昨夜深夜の事。早速色々と設定を変えながら試して見ると海図がダウンロード出来たように見えました。これで問題解決か…と思ったら表示されるのは同じく荒い海岸線だけ。
眠い目をこすりながら、問題が解決できていない事を詳細にメールしました。

てな訳で、先ほど回答がありました。
要約すると「お使いのアジア地区の海図はメンテナンスを入れているので、使えるようになるまで暫く掛かります」…

え~っ、そんな事は最初にメールした時から分かっているでしょ。何で今頃!!!
これがタイトルにある「ちょっと憤慨した事」の理由。

でも、回答メールを読みながら考えてしまいました。ソフトに問題があるのか、海図にあるのか分かりませんが、はっきりと問題の所在を言う方が親切と言うもの。今回は海図に問題があると言い切っているので、NAVIOMNICSのチームが対応するまで待つ事にしました。


NAVIONICSが本領を発揮するのはロングクルージングや初めて訪れた漁港に入港する時です。クルージングでは自船の位置を見ながら目的地までの所要時間を見積もる。入港する時は海図にある標識や暗岩などを見ながら安全に港に着けるなど無ければならない存在です。

こんな時の事ばかり考えている訳では無いですが、自船の装備にはPCに入れた海図やGPS/魚探がバックアップの役割を果たしてくれています。

PCに入れた海図と言えばNew Pec。iPadのソフトを見ているとお世辞にも使いやすいソフトとは言えませんが、それでも確実に改良を繰り返してきていて、少しずつ進歩しています。ソフトの出来と言うより価格政策が功を奏していて、今までよりも私の評価は上がってきています。

海図の更新が3年で10千円程です。3か月毎に海図の更新と表示ソフトが改良されているので、考えてみるとお買得かも。
我々が良く使う海岸線近くの海図は緻密で奇麗です。これを使うのにはそれなりの性能のPCが必要で、バッテリー駆動の高性能ノートPCが要ります。バッテリーの充電を考えると常時使うのには船のバッテリー能力を増強する必要があるので、現状では短期間の使用に限られています。

そんな事があるにしても、重要な航海機器は航海中の故障など問題が発生した時だけでなく、システムの系統に問題が起きた時にも複数系を用意しておくと心置きなく出かけられるものだと思いました。


それにしても後から後へと台風がやってきて海が荒れますね。
今日などは狭間だったので出れば良かったかな~。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
107:No title by M.Nagano on 2013/10/15 at 10:29:09

北のルボンさん

お久しぶりです。同じような方向で進めておられるようですね。私もPlan2Navを入れる事にしました。ルート航法にはきちんとした海図が必要ですよね。

昨日もショートクルージングを楽しんできましたが、座椅子のお蔭で疲れも少なくて済みました。何処へ行ってしまうのかなと言う気もしますが、年を重ねてくると疲れの少ないのが一番のような気がしています。

今年はまだまだ乗れそうなのでご期待ください。

永野

106:No title by 北のルボン on 2013/10/14 at 20:30:01

永野 様

ご無沙汰しております。
ブログ楽しくは意見させていただいております。
今年はもらい物のソフトドジャーの装着、
完全放電したデルコのバッテリーを交換、
バウハッチの水漏れ修理と電動トイレへのアップグレード、
ティラー周りの修理等々、
永野様と結構似たようなメンテを行いました。
おかげでへそくりはオンザロック(底をついた)しました。
それと、携帯をIPHONに代えて、早速お教えいただいた
NAVNICSを購入しようとしたところ
日本の海図がなくなっており、
現在はPLAN2NAVで我慢しております。
仰るとおり海図に(著作権上)いちゃもんが付いたものと
思います。
北海道はそろそろ気温10℃を切る時期ことがあり、
冬支度(セール外し)が秒読みに入ります。
今年は上記のようにメンテが多く、
出航がすくなかったので、
来年は沢山プカプカしたいと考えております。
永野様はもう少し出航機会が残っていると存じます。
良いお天気に恵まれますことをお祈りいたします。

北のルボン

105:No title by M.Nagano on 2013/10/07 at 13:40:14

貴重な情報有難うございます。

取敢えずiOS7サポート対象外のiPhone3GSがあるので、暫くはこれを使っていようと思っていますが、画面が小さいので海図データを移した方が正解かも知れませんね。

Plan2Navも試して見ようと思ったらiOS7に対応中のため、一時的に非公開になっていてAppStoreでも検索結果に表示されなくなっていました。
C-Mapが使えるし、Weatherが利用できるのは強みですから、利用できるようになったら試して見ようと思います。

これを機会にiNavXに切り替えるという事も検討しましたが、良く見たら日本周辺の海図はNAVIONICSのものを使っている様なので同じ事になってしまいますね。
DigitalYacht iAIS WiFi receiver & multiplexerを使うとAIS情報を海図上に表示できるし、NMEAデータもWifi経由でiPadに取り込んで風向・風速が同時表示できるなど機能満載なのですが…

104:No title by Oyama on 2013/10/06 at 13:59:09 (コメント編集)

Navionicsの件、本当に困ったものです。Navionics Australiaのfacebookによると、津波の影響を修正すると書いてありました。そう言えば、5月くらいに日本周辺が一旦除外されますとメッセージが出ていましよね(泣)。実際、プロッター等で使用するNavionics Goldなどの、sdカードのものも、日本が除外されています。
私は、アップデート前のiphoneの方からiFunboxで海図データを吸い出して(フォルダ構造を見るとすぐわかると思います)、iPadに移したところ、無事に日本周辺がもどりました。iPhoneでは通常版、iPadではHD版を使用していますが、海図データは互換性があるようです。この方法は著作権的には問題があるのかもしれませんが、一応お伝えします。まずかったら消してください。
ちなみに、Plan2Navは非常に詳細なC-mapが使えて、鳥瞰図モードがあったり、ETAなども計算でき、こちらもなかなかよいです。ご参考まで。

▼このエントリーにコメントを残す