プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月19日 久々のクルージング

先週行こうと思っていて顔が腫れて行けなかった保田クルージングのリベンジです。

なんだかんだと言いながら出港が11時。午前中に出港出来ただけましでしょうか?
ベイサイドウイスパーでは瞬間で6m、東北東の風でしたが、フルセールには少し強めかな…リーチングで走れるけどジェノアを二巻きと、最初だけ慎重に出ます。波はそこそこ、そんなに気にするほどではありません。
20130719_001.jpg

ここからが大変。前夜寝るのが遅かったせいで殆ど寝ていませんでした、この辺りから時折コックリコックリと…。まぁ、前方に障害物の無い平日ですから問題は無いのですが。それでも写真と動画はしっかりと。
お約束のような八景島…
20130719_002.jpg
この辺りから風が落ちてきました。5ノットを下回るようになります。3ノットを切ったらエンジンを掛けるというのがクルージングでのお約束事になっているので、沖の根辺りでエンジン始動、4ノットを下回らないように調整します。もう少しトリムすれば早いのに!…そうですが兎も角眠くてトリムどころの騒ぎでは無かったので…

それでもあっという間にマーチスまで到着。ご覧のとおり波も穏やかで風も弱くなっています。
20130719_003.jpg
この風景、久しぶりです。今年のお初ですね。

風が少しずつシフトしてきて南西に変わりました。と言う事は観音崎から先は…性悪波ですか…
20130719_004.jpg
期待?に反して大人しいです。ちょっと気持ちが悪い位…?
第一灯浮標から保田入港への変針点に向けて一直線の進路を取ります。この時点でNAVIONICSが指し示す到着予想時刻は15時半。ちょっと早いかな…
それでも浦賀航路の出入り口ですから油断は禁物、気を引き締めて…最初に遭遇する出船は少なくて進路変更はなし。入船だけ進路を譲りましたが一杯だけで終わりです。それでも中央の安全標識辺りで風が上がると同時に風に押された波が…
クルージングで初めて遭遇する斜め横からの強めの波。スクリーンは濡れますが、ドジャーがしっかりスプレーを防いでくれるのでコクピットから体を出さない限り濡れる事は有りません。

平島の脇を通りながら保田の入港路に真っすぐ入れるコースをNAVIONICSで引いてあるので無視しないようにオンコースで進めます。入ると既に4杯くらい入っていますが、土日と比べれば物凄く空いています。係留場所は何処でもOKですが、南西の風を考慮に入れてポートサイドで着岸する事に。入港してからフェンダーを下して舫いを準備しました。

着岸しようとすると手前に泊めているボートから助け舟が…。何時もながらシーマンシップに助けられながらの着岸でした。しかも「ベイサイドからですか、私も以前ベイサイドに泊めていたのですよ」と。その時はお礼を言ってお別れしたのですが翌朝…この続きは翌日の投稿をお楽しみに。

無いよりましと言う位の記念写真ですが…
20130719_006.jpg 20130719_007.jpg
20130719_008.jpg 20130719_009.jpg

保田は浮桟橋と言う事もあって行き易いのですが、「ばんや」はちょっと食傷気味。それでも夕食用に調達に行き、はなから折詰にしてもらえないか聞いたらご自分でどうぞとそっけない返事でした。生ものなので折詰にして中毒になっては困るという理由のようです。納得して自分で折詰に…
冷蔵庫にしまった後でオドヤまで私の燃料を調達に行きます。(十分にあるはずなのに…)

実は燃料以外に目的があります。着いてから暫く、陽が陰っていて余り良い写真が撮れませんでした。歩いている内と…と思ったらこんな風景が撮れました。もう少し寄った方が良かったかも。
20130719_010.jpg
自分流百選には入りませんが、まずまずと言うところでしょうか。
写真を撮るのもクルージングの楽しみの内なのですよね。

昨日の寝不足を解消するべく20時には就寝なのでした…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す