プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

6月29日 セルフタッキングジブのテスト

昨日、M谷さんからセルフタッキングジブのシーティングでナイスアイデアが…早速試して見ることに。

と、思いつつ、起きたのが11時。何時もならこんなに遅く起きることは無いのに…

朝飯兼昼飯を採り、早速マリーナへ。

ウエストの前で話しているM谷さんに割り込ませてもらって、試して見ますねと…

自艇に着くや否やブロックのセットです。ブロックをサイドステー真ん中のトゥーレール辺りに両舷に取り付けました。ジブのクリューにはシングルのブロックを付け、左ジブウインチから左ブロック、ジブクリューブロック、右ブロック、右ジブウインチへとシートを回します。

南風をジブにはらませながら確認。何と無くリーチが開いているような感じですが、出てから調整する事にして出港です。

今日の風は南5〜6m位。程よい風です。

相変わらずドジャーの効き目は十分です。スプレーだけでなく風よけとしても頼れる感じです。黄色ブイを出てから直ぐにセールをホイストです。

八景島に向けてクローズホールドで進めると、やはりリーチが開き気味です。途中でクリューの位置を調整しましたが、リーチは開いたまま。左右のブロック位置をもう少し前にして、リーチが引ける様にしながらクリューを外側に引ける様にしないとリーヘルムが出てしまいます。

今日のところはこのままのセッティングで色々な方向に進路をとって見ました。

ランニングでは左右ブロックの位置が後ろ気味の方が良さそうです。真面目にトリムしようとするとブロックの位置を前後に調整する必要がありそうです。でも、セルフタッキングジブの目的は楽チンセーリングですから、クローズホールドで一番効率の良いセッティングを試すことにしましょう。

今日のセッティングではここまで。丁度黒い雲が上空を覆ってきたので引き上げることにします。

自バースに戻る時、南数が強いことを甘く見て止まれず、ステムヘッドを桟橋にぶつけてしまいました。あ〜傷が…
またK道さんのお世話になるのかな?

舫を固め終わった頃、M谷さんが通り掛かったのでご報告。取り敢えずトリムの難しさだけをお伝えしました。

出てくるのが遅かったので早速帰り支度です。その時、O田さんから久しぶりの電話。来週来られるとの事なので、ipadや諸々の話題がお話しできそう。

それまでにセッティングを完成させておこうかな。
因みに今日のセーリングはセッティングが主だったので写真を撮っている余裕がありませんでした。次のセーリングでは何とか撮りたいと思っています…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す