プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

6月15日 フロントウインドウ仮縫い完成 & 仮合せ

最後の難関、フロントウインドウのアクリルを曲げて布を仮縫いすると、取りあえず全てのパーツが揃いました。アクリルの角をぶつけると割れやすいので寸法を採った時のブルーシートで即席・特大の持ち運び用鞄にして搬送。

アクリルを曲げているのがこちらの写真です。余り熱を加えず、しなりを活かしてカーブを付けます。これに布のフレームを仮縫いして完成です。
20130613_001.jpg

持ち運び用の特大鞄はこちら。鞄と言うより包んだだけですけどね。
20130615_002.jpg

今日土曜日は午後から雨の予報ですが、昨日もそうだったように晴れと決め込んでマリーナに出発。

まずはメスのベルクロを貼り付けるよう、アルミパイプフレームを奇麗に磨きます。これを怠ると折角の強力な接着面がうまく付かなくなってしまいます。
ロールで購入したメスの方のベルクロを巻いて準備完了。
取敢えず付けてみたところがこれです。
20130615_003.jpg 20130615_004.jpg
20130615_005.jpg
ツイストロックで止めていないので裾はフリーになっていますが、見たところ良さそうな感じです。
フラップの部分が少し頼りないですが、何か補強を入れると良いかも知れません。この大きさのフラップなら横から回り込んで来るスプレーも避けられそうです。

それでも細かいところで調整が必要になります。
裾をツイストロックで止めるところ。
20130615_006.jpg 20130615_008.jpg

フロントは止めが必要でベルクロを追加します。
20130615_007.jpg

あれれ寸足らずです。生地を追加します。
20130615_009.jpg

フロントウインドウの上面は突き出すような支えが必要ですね。
20130615_010.jpg

ここまで作業を終えたところでM谷さんが御来訪。
出来栄えを褒めていただきました。丁度フロントウインドウの支えを試していた所でしたが、風の抜けが悪くてちょっと暑め?…と言う事はかなり風よけとして効果がありそうです。

もう少し出来上がりのイメージを見たかったので保護用の紙を剥がして見ます。
20130615_014.jpg 20130615_012.jpg
20130615_011.jpg 20130615_013.jpg

フラップの部分は取り外してありますが、何となくイメージ通り出来上がったかなと言うところです。
上面のスモークが日除けの働きをしてくれるので日差しも余り暑く感じません。全体としてはヨットと言うよりボートに近いイメージでしょうか。
アクリルの透明度が高いせいか、コクピットからの眺めがよく、明るい感じです。ドジャーを付けると見通しが悪くなると聞きますが、これなら満足です。

この後でフロントウインドウを外してみると風が良く通って涼しくなります。夏場でそれ程波が無い時は外しておいた方が涼しそうです。

幌はベルクロでフレームに固定してあるわけですが、物凄く強力でちっとやそっとの風ではびくともしません。強風の時は船が持って行かれそうになるかも知れません。

取敢えず凄いのが出来たね、次は八丈?とはM谷さん。修正すべきところを早く仕上げてシェークダウンに出たい所です。

K道さんによればセルフタッキングジブのリカットがもうすぐ出来上がって来るそうなので、両方とも試しのクルージングになりそうです。来週ですかね。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す