プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

5月10日 メインシートシステム

本当は今日マリーナに行く予定ではなかったのですが、間抜けな事に昨日、ドジャーのブルーシート型紙を船に忘れてきてしまいました。作業を進めるためにも取りに行かざるを得なくなって、久々にカミさんを誘って一緒に…

ついでにメインシートシステムとドジャーフレームの詳細な写真を撮ります。今日はその内のメインシートシステムを紹介。ブロックやブームサポートは修正作業前です。

まずは全体図。
20130510_001.jpg
20130510_002.jpg 20130510_003.jpg
ブーム中央のクリートの辺りにブームサポートを移動します。ブームに付いているブロックは複雑に見えますが、3シーブのブロックに変更するのでもう少しすっきりする予定です。
シートはドグハウス左右のブロックにリードして3倍で引きます。始点はドグハウス側なので2シーブブロックでペケとスイブル付にします。
現状はこんな感じです。写真左側に見えるブームサポートはクリートの位置までずらします。
20130510_008.jpg 20130510_009.jpg

ここからグースネック、マストステップを経由してデッキ面へシートをリードします。
20130510_007.jpg 20130510_006.jpg

更にデッキオーガナイザーを経由してコクピットのストッパーまでリードです。デッキオーガナイザーは一番内側の上下にリードしてシートが絡まないようにしてあります。この為にマストステップのブロックは大きさを変えてありますが、シーブが入っていた部材には下にもシャックルを掛けられそうなので同径のブロックでも良さそうですね。
20130510_005.jpg 20130510_004.jpg

各ブロックのシーブとシートのすり合わせを良くするためにブロックは全てスイブル付にする予定です。
全体像の写真をよくよく見るとブームがしなっています。帆走中も同様な状態と思うので、セールシェープがコントロールできるのだと思います。

2本のメインシートシステムは現在のヨットシーンでは珍しいものだと思いますが、昔のスクーナー等では同じようなシーティングが見られるので、それほど目新しいものでもなさそうですね。


さて、ビミニトップも展開したので一枚だけ写真を。2年使った幌ですが、フレーム位置を変えたのでパンパンになっています。構成を変えたフレームに合わせて幌を作り直すことにします。因みにビミニトップの前フレームとドジャーの後フレームの間は80cm位です。この空間に幌を張るとビマイニトップと呼ぶらしいですが、コクピットを完全に覆えます。
20130510_011.jpg

最後の写真はセルフタッキングジブのロープスライドレール。ベンチレータと干渉しそうなので、場合によってはレールにするかも知れません。何れの場合でもジブシートはバウ側に回してからコクピットまでリードします。
20130510_010.jpg

予定ではドジャーの幌を作り始めている筈でしたが、ドジを踏んだお蔭でメインシートシステムの再々紹介になってしまいました。


日曜日からクルージングに行ってこようと思っているので、更に遅れる事に…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す