プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

5月5日 追いつけそうで…

今日は久々のデイセーリング。メンテナンスなんて忘れて…と言いたいですがのっけからメンテナンスの話題。

カミさんは大阪に、私はセーリングにという連休でも珍しいパターン。新横浜にカミさんを送ってから一旦自宅に戻り泊りの支度をしようかどうしようか迷いながらも、泊まらないつもりでマリーナへ。

写真には余り登場しないですがハードトップの取り付け金具を5mm厚のアルミ板で工作してフレームに取り付け。ハードトップの取り付け部はそれなりの角度を付けていたので、5×30×1000mmの長いアルミ棒を80mmに切り揃え、M6の取り付けボルト穴を空けただけの加工ともいえない代物でハードトップをフレームに取り付けました。

まだ幌を作っていないのですが、ハードトップを被せただけで日陰が出来て、今日のような五月晴れでは涼しくて気持ちが良いです。フレームと天井だけなので風通しが良いので涼しい…と言う事は夏は暑いのかな。この風通しの良さをキープできるような幌にしたいですね。

K道さんが言っていたマストステップ付近の取り回しはシーブを固定する金具にブロックを取り付け、左右の シートを取り回すように改造してみました。心なしかシートが軽く引けるようになったようです。これは試して見なくちゃですね。

そうこうしている内にM谷さん御一行が御到着。銀座通りを「出港するでしょ。後でね」と行き過ぎていきます。勿論、今日はその為に来ているのです。持参したロープの収納用トレイ(勿論百均で調達したもの)を接着テープ付きのベルクロで左舷に固定してから出港です。
出港路の途中で件のWind Chimeが先行してそのまま出港路をリード。私は後から続いて出ます。

黄色ブイを過ぎたところでメインセールホイスト。あれれ!何か引っ掛かっています。よくよく見るとメインハリヤードがレイジージャックのアイに掛かってそれ以上揚がりません。一旦下してハリヤードの絡みを解いてからホイストすると上手く揚がりました。メインハリヤードをピンと張っておけばこんな事は無い筈なのに…

風が弱いので150%ジェノアもフルに展開してフルセール。これでも3ノット位しか出ません。のんびりセーリングを楽しみ見ながら並走するヨットをごぼう抜きに…
マストステップのブロックのお蔭でメインセールのトリムも自由自在です。風が弱ければドラフトを深く、強ければ浅く、ブームの位置も真ん中、風上、少し風下と調子よくトリムできます。上りはほぼ問題なくトリムできますが問題はリーチング以下のトリムです。微風だと風下側のメインシートを引いてブームを下に向けないと風圧ではブームが展開してくれないのです。
これは追い風でも同じで、ある程度ブームを手で操作する必要があります。もう少し風が欲しい…

さて、先行していたはずのWind Chineですが、付近には見当たらないようです。(後で聞いたらほぼ同じコースを引いていたようですが…)
20130505_001.jpg 20130505_002.jpg
20130505_003.jpg 20130505_004.jpg
20130505_005.jpg
この写真を撮った頃の艇速が3ノット前後です。メインセールのドラフトを色々と変えながら上って行きました。

八景島の辺りのクローズホールドで4ノットを記録するようになったので上がってきたと判断して沖出ししますが、途端に風が落ちて暫しのんびりムードに。こんな時は遠景を写真に収めるのに限ります。
20130505_006.jpg 20130505_007.jpg
20130505_008.jpg 20130505_009.jpg

ここまでのセーリングでメインシートの取り回しはほぼ完了と思えたので、観音崎の遠景には深い思い入れが出てきました。(次は保田かな…)

南の弱い風を受けながら北航します。ポートサイドのコクピックベンチで暫くお昼寝。LNGタンカーが燃料補給している傍まで寄った頃に少し風が出てきました。リーチングで2ノット位ですから期待できるほどではありませんが少しずつ強くなってきました。するとWind Chimeが先のLNGタンカーの辺りに。写真を撮ってみようと近寄ってみます。少しずつ風が上がってきたので、クローズホールドで4ノットオーバーになってきました。あっという間に近寄ったのですが、向こうはリーチングで沖だし。並走するつもりでリーチングよりにしますが、速い!

全長で言えばこちらが8m、向こうが7m位。水線長は余り変わらないのでしょう。殆ど並行と言うより先方の方が早いかも。クローズホールドなら150%ジェノアのお蔭で負けませんが、リーチングで変わらないとは…
追いつけそうで追いつかないのです。
方向転換した瞬間を狙って一枚だけパチリと。
20130505_010.jpg
このクリーム色のデッキは遠くからでも分かり易いのです。それにしてもこちらはシングル。あちらは3人乗っているのに差が出ないというのは…

帰港に向けてここからは観音開きで北航します。瞬間ですが4ノットを超えるようになってきたので風が上がってきたようです。夏の風と同じですね。夕方になると風が上がる…
ジェノアを畳んでいるとWind Chimeが追い越していきます。手を振ってエールを送ります。

黄色ブイの手前で紺色の大きいヨットが横切りそうだったので艇速を緩めて先行してもらいます。結構速そうな船でした。

今日の着岸は南西の風に変わって強くなってきたので入船で着けるべく、フェンダーと舫いを中央広場で付け替えました。その間中、スターンから風を受けるように南西にスターンを向けて少し強めのリバースにしました。殆ど艇の位置を変えずに作業を進行。準備が出来てから自バースへ向けます。

南西の風だと向かいのビルが風よけになってスムースに着岸できる筈…読み通りでした。下手に出船で着けるよりやり易いかも知れません。

舫い終わった頃、Wind Chimeの面々が銀座通りを…後から寄りますねとの事。暫し待っているとお三方がお出でに。コクピットにクッションを用意しておいたのでお招きすると、この時期には珍しいスイカをご持参で。
イヤー、甘くておいしいスイカでした。M谷さん(奥さんにも)感謝です。御馳走様でした。
セーリングって終わってみると何故か喉が渇いているもので水分が欲しくなるものなんです。ピッタリでした。
皆さんと写真を…私も現って写っていますが…
20130505_011.jpg 20130505_012.jpg

ゲストを迎えて歓談と言うのも珍しいシーンなので貴重な写真かも知れませんね。

皆さんがお帰りになってから更にマッタリとしながら思い出したように現行バージョンのビミニトップをセットアップしたのでした。これで当面のクルージング準備が整いました。来週辺りは保田でしょうかね。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す