プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

3月22日 ドジャーの天板その2

相変らずドジャーのハードトップを製作中。

今日の作業はハードトップの骨組みにに竜骨とフレームを追加。何時もより早く家を出ます。木材を削って竜骨とフレームを作るのには材木を6本削り出し、組み合わせるための臍を切らなければいけません。

行きの高速で事故があって渋滞、それでも10時にはマリーナに到着です。早速竜骨とフレームを切り出そうとしていたら頼んであったステップラダーを取り付けるところでした。
眺めている内に取り付け完了。プロの仕事は早いですね。
20130322_001.jpg 20130322_002.jpg
物はコンパクトで、今までのラダーステップと比べると帆走中も引きずる事が無さそうです。いざ落水という時はロープを付けて置いて引っ張れば展開できそうなので良い塩梅です。
今までのラダーステップだとポートタックの上りだと確実に水面を叩いて浮き上がっていましたから…

さて、ハードトップの骨組みです。材木を切り出して削ろうとしていたら船台を移動するという事で作業中断。暫くすると元に戻すというので又々中断。ここまでは現場作業優先ですから当然です。
さぁいくぞという時に今度はトレーラーが入るというので中断でした。しかもバウに掛けた梯子が邪魔になるというので外しに上ったら、トレーラーが出るまでそのままで居て下さいと!

これには空いた口が塞がりませんでした。某マリーナのスタッフですがなんていう事ですかね。見るに見かねてK道さんのスタッフが梯子をスターンに移動してくれたので降りられました。
しかもトレーラーが出て行ったのはもうすぐ5時というところでした。ぶつぶつ…

めげずに材木を削ります。削り出し自体はディスクサンダーのお蔭で1本あたり3分少々。あっという間にできてしまいます。M谷さんに教わった通りでした。
20130322_003.jpg
こんな要領で竜骨3本とフレーム3本を削り出して、臍を切って組上げるところまで完了。本当は接着まで終わらせたかったのですが…

平らな地面の上で組上げれば良いはずですが、ドジャーフレームが微妙に曲がっているので、水平面がどこか分かりません。そこでドジャーフレームにハードトップを被せた状態で組上げる事にしました。
暫定的に組上げた状態がこれです。仔細に見ると竜骨とフレームの接合部が微妙に合っていない所もありますが、気にせずに進める事にします。
20130322_004.jpg 20130322_005.jpg
削る前なので竜骨(縦方向)とフレーム(横方向)の肉厚がずいぶんありますが、ベニヤを張ってから削ってスリムにします。接着してベニヤを張り終えればそれなりの強度が出る筈ですが…

明日はハードトップの前後の張出部分を切り出して全体を接着します。その後でベニヤを張り、乾いたところで竜骨とフレームを削ってスリムにすればFRPでコーティングする前段階は終りです。FRPをコーティングする段取りも打ち合わせが終わっていて、仮組状態で確認を終えました。

K道さんによれば明日はマストを立てる予定とか。作業の途中で船台を移動する事になりそうなので、予定通りいくかどうかです。

マストが立てばセルフタッキングジブのサイズが決められるし、ジブトラック代わりのロープもサイズが決まって、シートの取り回しと必要なブロックが決められます。他にもレイジージャックのアッパーシートを調節できるようにしてもらい、メインシートの取り回しも変更します。これ等一連の作業をスムーズに運ぶためにマストを倒してもらったと云う訳なので、訳を聞かれると「たいそうな事はやっていない」という事になるのです。

月曜日が雨の予報なので、明日はやるべき事が多くなりそうです。それなのでドジャーの完成時期は出来上がった時という事で…


今日の所は終了。気が付くと5時を回っていました。
少し帰りが遅くなっただけなのに大渋滞に巻き込まれてしまい、高速を使ったにも関わらず1時間近くも掛かってしまいました。帰り際に接着剤2種とベニヤを購入。素材は全て揃ったのですが…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す