プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

3月15日 メインフレームと前フレームは出来上がり

フレームの幅と前後の長さを固めるためマリーナへ。

メインフレームの高さをもう一度測ったら設計どおりでした。変えるとイメージが変わってしまうので、結局フレームの伸張はやらないことで進めます。

まずはメインフレームを装着してから前フレームの幅を固めます。設計図を良く見て寸法を測ると長さが7cmほど長い事が分かりました。これをカットして当たりを見るとピッタリ。幅は設計どおりです。これで前フレームの寸法は確定。フロントアームと補助フレームの支えになるクリープスライドを入れてから左右のフレームを繋げます。

22mmφのパイプ内径は19mm。長さ30cmほどのパイプを内側に入れてからブラインドリベットでカシメて繋げます。ビミニトップでもそうでしたが片側3か所位にリベットを入れると一本もので作ったのと余りの変わらない強度が得られます。

次はメインフレーム。これもクリーブスライドを入れてから左右を繋げるだけで終わりです。

繋げ終わったフレームを組上げて、ロープで固定するとやっと形が見えてきました。ちょっとした角度の違いで前方視界が変わってきます。後はフロントアームと補助フレームが残るだけですが、これを固めるとドジャーとしても高さが決まって来るので慎重に進めようと思います。

文章にするとたったこれだけなのですが、一日仕事でした。幅と高さを調整している時間の方が長かったという事ですね。横の船と共用のタラップを往ったり来たり。ジムで筋トレしているより良い運動になりました。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す