プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月8日 国際VHF、なんてこったい!

中間船検の準備完了!の筈でしたが、いささか疑問な点もあったのでJCIに確認の電話を入れました。
結局、5W国際VHFを備えれば、信号火せんが不要というのは誤りでした。


電話口に出てくれたのは優しい口調の担当官。

JCIの法定備品一覧では信号火せんは有効な無線設備があれば不要という事でよいか確認すると、備考にあるように例外項番6にあるように国際VHFは有効な無線設備ですよと。
しかし?
「項番6にある国際VHFに5W型は含まれないですよ。項番5を見て頂ければわかるとおり5W型の国際VHFは別扱いです。」との事。「でも5Wも国際VHFですよね」と重ねて質問すると、「確かに少し分り難いですよね。でも一覧の中で5Wは国際VHFではないのです」ですと。

何処の研修会でも「国際VHF」と謳っているではありませんかと畳みかけると「こちらでは通信の事はよく分かりませんが、確かに分り難いとは思います」ですって。完全に言葉の遊びですね。
ちょっと激高気味だったので、電話口で非礼をお詫びしながら他にも幾つか教えて貰ってから電話を切りました。

結局信号紅炎と火せんで分かった事は

・平水、限定沿海の場合
 5W国際VHFがあれば信号紅炎は不要。
 信号火せんは元々対象外なので不要。

・沿岸小型の場合
 信号紅炎は必須(1セットで2個入り)。
 25W型国際VHFを持っていれば信号火せんは不要。(5W国際VHFの場合は省略できず信号火せん2個必要)
 2個必要な場合でも、携帯電話があれば1個に省略できる。

・沿海(オール沿海)、近海以上の場合
 信号紅炎は不要
 信号火せんは沿海で2個、近海以上で4個必須(無線設備の有無で個数が変わることは無い)
 オール沿海の場合、12m以下の艇長であれば無線設備は不要
 近海以上の場合は余り追及していないので分かりません。
  …A2水域とかA3水域の区別がつかないので、分からないのです。
   これって1級小型船舶の知識範囲でしたか?


さて、ここで少し冷静になってみましょう。(好意的に解釈すれば話ですが…)
何故、5W型の国際VHFが沿岸や沿海では有効な無線設備とされないのか。

皆さんの中でも同じ5Wタイプの国際VHFをお使いの方がいらっしゃると思いますが、通信できる範囲はどうでしょうか。東京湾内では東京マーチスの呼び出しが良く聞こえますが、相手の応答は聞きずらいか、聞こえないではありませんか?良く聞こえる相手は東京湾内に居るようです。

これまで僚船と交信した実績では、外部アンテナを立てても5W同士であれば通信距離はせいぜい4マイルぐらいが良いところです。マーチスが良く聞こえるのはアンテナが高い丘の上にあるのと出力が大きいので、直進する150MHzの電波でも見通し距離で結構遠くまで届くからでしょう。

25W型は持っていないのでどうか分かりません。もっと届くようですが、船のアンテナ高さの程度問題でしょう。それなら話は分かる?

ここで、オール沿海や近海以上の場合は25W国際VHFでも有効な無線設備にはなりません。もっと敷居が高くなります。が、例外措置としてオール沿海では12m以下の帆船は無線設備が不要だそうです。要らなくて幸い?

法定備品は安全に航海するために必須となる設備を決めている筈なので、一覧に沿って備品を整えるには抵抗感はありません。それでも、沿海は岸から20マイルまでなのでそう遠くには行っていないから良いだろう!的な発想で法定備品一覧が作られているようですね。案外オール沿海の方が抜け道が多そうな気がしてきました…
信号紅炎1セットで¥5,000+信号火せん¥10,000の¥15,000(沿岸)と沿海セット¥45,000(オール沿海)のどちらがという問題ですが…

整合性の無い玉虫色の規制というお役所仕事の最たるものと言わざる得ませんが、法定備品での国際VHFに関する取り扱いを巡って当局との意見のすり合わせに御苦労された方々がいると知ったのでいささか気の晴れた思いがしました。

これって知らなかったのは私だけ?…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
88:Re: あれれ! by mnagano on 2013/02/10 at 19:17:16

ホント、何のための無線設備かと思ってしまいますよね。国際VHFって継子扱いされているように感じてしまいます。とはいっても船検を通すためには我慢の子な?…
土曜日には火せんを注文していました。

> いや~本当だ!!。
> 私は次回検査の時、沿岸に変更しようと考えて、免許取って機器まで買ったのに、プンプン。

87:あれれ! by 永遠の船乗り on 2013/02/09 at 21:43:01

いや~本当だ!!。
私は次回検査の時、沿岸に変更しようと考えて、免許取って機器まで買ったのに、プンプン。

▼このエントリーにコメントを残す