プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

1月25日 消火器追加とビミニトップの固定

今日はビミニトップを支柱で固定してから、あわよくばセーリングと思いながらマリーナへ。少し風が強い?

マリーナに着くと瞬間で20m位の風が吹いています。当然のごとく赤旗が…
セーリングは早々に諦めてメンテナンスに集中することにします。

消火器を頼んであったので引き取って自艇に向かいます。センターの桟橋を渡るときにブローが…大型艇も思い切り傾いているくらいの風です。桟橋をのんびり歩いていると吹き飛ばされそうです。
でも仮バースに着いてみるとそれ程でもないのです。西風なのでセンター桟橋の上は風の通り道なのですね。

仮バースはコンパニオンウェイが西向き。思い切り風が入って来るので差板を入れて防ぎます。

まずは消火器の取り付け。バケツがあれば船検は通りますがギャレーで食事を作っていると火の気が心配になるので追加しました。
適当な場所を探したのですが中々見つからず、ポートサイドのバルクヘッドに取り付ける事にしました。重心位置が少し高いですが仕方がありません。取り付け後はこんな感じです。
20130125_001.jpg 20130125_002.jpg
この場所だとサイドテーブルを仕舞って座るのにも邪魔になりません。最初に考えていたのはバルクヘッドでもセティーの下の方だったのですが、ビルジチェックの板を引き上げるのに邪魔だったし、蹴飛ばしそうだったのでここに落ち着きした。

次はビミニトップを支柱で固定します。
高さが少し高かったのでメインフレームを少し下げようと思い、10cmほどカットすることにしました。今の角度だとおおよそ7cm位下がる計算です。
作業を始める前に現状を記録。
20130125_003.jpg 20130125_004.jpg
よくよく見ると結構な角度が付いています。

前側のフレーム二本を外してから更にメインフレームを船体から外します。ネジで締め付けてあるだけなのでドライバー一本で簡単に外れます。外したメインフレームを桟橋の上に置いたのがこれ。
20130125_005.jpg
B区画のメイン桟橋(通称:銀座通り)の方が広いような感じですが…

ビミニトップを外したCatseyeです。何かすっきりしたような感じです。余りゴテゴテしたよりシンプルな方が良さげな…でも夏の暑い時期を考えるとビミニトップは必須ですからね。見てくれよりも実用本位です。
20130125_006.jpg

左右のフレームを繋いでいるリベットを外して左右に分割します。
トップを外してみると電食が進んでいるようでした。アルミとステンレスですから当然ですね。ここからフレームの下側を10cmカットしました。写真はポートサイドのフレームです。
20130125_007.jpg

メインフレーム(支柱の上端)にクリーブススライドを入れ左右の支柱をメインフレームに取り付けてから、リベットで左右のフレームを再度接続します。結構な高さと幅なので折からの強風に煽られながら艇の上に持ち上げます。こんな時に一人だと不便を感じるところですね。

メインフレームだけを取り付けたところがこれ。フレームはバックステーに結んであります。
20130125_008.jpg

支柱をスターンパルピットに固定し、前のフレームを取り付けて展開すると…
20130125_009.jpg 20130125_010.jpg
メインフレームが少し前傾しているので、真ん中のフレームがバックステーの前に来てしまいました。もう少し寝かせても良さそうです。フレームの前後位置が変わるのでバックステーを避ける位置が変わります。幌の作り直しは避けられないようです。

今日のところはこのままにして後日微調整することにします。VHFアンテナを取り付けてからフレームを畳めるようにしました。
20130125_011.jpg 20130125_012.jpg

結局何が変わったかというとフレームを前後から支えていたロープが要らなくなりました。想定ではビミニトップ全体が固く固定される…筈でしたが前後に少し動きます。これは支柱の支点が左右に動く事と支点のガタとフレームのたわみで前後に動くからです。

自立式ドジャーを作るときの参考としてフレームが動くことを考えに入れる必要がありそうです。

ビミニトップの高さはスターンパルピットに取り付けたクリーブスジョースライドの高さで調整できます。もう少し寝かせるとベストポジションかも知れなので、気長に調整してベストな位置を割り出しましょう。幌の作成はそれからです。

この後、持ってきていたキャンバスをスターンパルピットに合わせて型を取ろうと思ったらバックステーが邪魔になって上手く行きそうにありません。もう一度形状を考え直してから再チャレンジです。


時刻はもうすぐ5時。スライドを固定するイモネジを紛失して調達したりしていたので思いのほか時間を取ってしまいました。今日は引き上げです。

ふと見上げると月が…
余りに奇麗な景色だったので思わず一枚パチリと
20130125_013.jpg


今日は風が強く艇を洗う暇もありませんでしたが、その内に洗剤を使って奇麗にしますか。雨だれが凄いですからね…
ビミニトップが固定できたので次はドジャーですね。設計図を早く仕上げてしまいましょう。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
86:メールアドレス by 永遠の船乗り on 2013/01/25 at 21:24:53

拍手コメント欄にメールアドレスを記載しました。
宜しくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す