プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

1月12日 初セーリング

今日のお題はメンテナンスのつもりでマリーナへ。

着くと余りにも良い天気なのと、風も強くなかったのでバウオーニングのフィッティングだけ済ませ、早速出港の準備です。ご案内のとおりC0319のバースへ。

舫いを確認するとしっかりやってもらっていますが、少々調整。入船で舫ってありますが、西向きになってしまい差し板のソーラーベンチレータに十分な日が当たりません。出船状態なら日の当たりも良さそうなので戻ってきたら調整する事にします。

ゲストバースに付けた後でウエストへ。やはり落ち着きますね。マリーナスタッフと挨拶しているとWind Chimeがメインを揚げているように見えます。挨拶にバースへ。

M谷さんと新年のご挨拶。聞けばメインをスライダー仕様にしたようです。リーフポイントを調整している最中でした。作ったというスピンのソックスを見せて頂きましたが、中々の出来です。スピンを揚げるのが楽になったとの事でした。

昼食方々出港するつもりだったのでバウオーニングを作った事だけ伝えてゲストバースに戻ったら、なんとそこまで来て頂けました。作ったものを見たいとの事だったので少しばかり紹介。明るくて広い場所で広げるのは初めてでしたが、それとなくよく出た来たかな…(自画自賛がおじさんの良いところ?)

諸々なお話をしてから出港です。

風向きは南西。3m位でしょうか。年明け早々の出港なので機帆走で八景島を目指します。セールを展開し終わった頃には風がぐるぐると回ってきました。南西から北東まで変わって行き、また南西に戻って行きます。
風が息をするので、艇速も2ノットから5ノットまで猫の目のように変わります。(キャッツアイだからかな…)

八景島の辺りまで来るとやっと安定してきて、オートパイロットを使っても進路が安定して来ました。
冬場の午後は日が傾くのが早いのですが、今日のシーンは写真に残しておきたくなります。
20130112_001.jpg 20130112_002.jpg
うっすらと富士山が…
20130112_003.jpg 20130112_004.jpg

富士山が霞んでいる時は風はそう強くない筈です。それでも時折ブローが来て見る見る間に艇速が上がります。


それなりに快適セーリングが楽しめたので、八景島をトランジットに見る位置でUターン。寒がりの私ですが、今日はそれなりに装備をしてきているので、それほど寒さを感じません。時折首筋の辺りを閉めればポカポカと暖かです。

戻りはリーチングで5ノット平均。もう少しセールをトリムすれば艇速も上がるのですが、ズボラを決め込んで一定トリムで走っています。
お初のオートパイロットのリモコンも調子よく動いています。首から吊るせる様にストラップが付いていますが、その内に替えないといけません。このストラップは弱くてリギンに引っ掛けただけで外れてしまいます。今日ももう少しで海の神様のお供えになるところでした。

2時間ほどのセーリングを楽しんだ後、仮バースへ。フェンダーを右舷に付け替え、舫いを準備してからそろそろと入って行きます。風上に向かってリバースで入っているので舵の効きは良いのですが、真っすぐに入って行くのが難しくて、一旦やり直し。二回目でピッタリの位置に付けられました。

それにしてもC区画はバースが大きいのですね。10mクラスの船だとそれなりなのでしょうけど、8mの自艇だと取り回しが楽です。工事が終わってもこのままで居たい。と思ってしまいます。マリーナさんどうでしょうか、B区画の料金のままで良いですから…?

今回は舫いを調整したかったので、リバースで入りスターンに近いクリートにウインチから取ったロープを掛けて、一本舫いで仮舫いしました。前進微速のままで船の姿勢が決まるので、何時ものとおりスプリングを取ってから前後の舫いの長さを調整していきます。
このやり方は自バースでも使えそうですね。リバースで入っていけば取り回しも楽ですから。

B区画よりもスターン側のクリート位置が前よりなのでちょっと変則的な舫い位置になりましたが、バウの舫いは余裕綽々。暫くはこの状態で様子を見る事にします。

バルクヘッドに取り付けて置いたシートバッグが紫外線の影響でボロボロになったので、新品に交換。同じものなのでこれも直ぐに駄目になってしまう事でしょう。


さて、これが新しく作ったバウオーニングです。四隅は切り込みを入れずに織り込んで接着。ビニールは伸びた時に切り込みの部分から切れるので、切らない方が正解だと思います。四隅と四方の接着はセメダインスーパーXを使い、材木で挟み込んで、クランプで締め付けながら接着してあります。所々に気泡が入っていますが、強度的には問題ないと思います。
20130112_005.jpg
厚いビニールを使っているのでピッタリとはフィットしませんが、日光を浴びる内に伸びる事を期待しましょう。因みに四隅の角にはこんな補強を入れてあります。
20130112_006.jpg
補強に使った糸は革工芸で使っていた丈夫な糸で、少しの力では切れません。この補強が破綻するとすればビニールの方かも知れないです。


もう一つのお題は消火器。まだ本気ではありませんが、オール沿海をとる準備の内です。
桜印の消火器ならどこで買っても同じなのでコアタイムへ。期限の関係で在庫を置いていないとの事なので、取り寄せをお願いしました。月末近くになったら寄ってみれば入っている筈です。

諸々やっていたら時刻は何と5時。辺りに明かりが灯っていますが、まだ十分明るいです。これから少しずつ日が伸びていくのでクルージング計画も立て易くなっていきますね…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す