プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

11月02日 太陽電池パネルの支柱交換(新ドジャー前ステップ その1)

フルドジャーを作る前のステップとして太陽電池パネルの支柱を交換して位置を調整しました。

ドジャーを設置するためには太陽電池パネルの位置が後ろ過ぎるので前に移動しなければなりません。
移動する前の状況はこんな感じです。(いわゆるビフォー/アフターのビフォーですね)
20121102_001.jpg 20121102_002.jpg
パイプで作った支柱なので曲げの関係から高い位置にせざるを得ませんでした。これでも前方視界はこんな感じで下に空いた隙間から見れるようになっていました
20121102_003.jpg
如何にもという感じですね。
このままではドジャーの前縁を収める部分(スライドハッチの後端)に隙間がありません。

そこでお馴染みのL型チャネル材を組み合わせて支柱を作りました。L型を背中合わせにしてT字型で強度を増す作りです。写真でも分かる通りハンドレールがあるので支柱を支える部材に利用します。
ハンドレールの支えになる部分の角度は45度あるので、太陽電池パネルの短辺方向を船の前後方向に合わせ、L型チャネルを45度に合わせて整えるだけです。

口で言うのは簡単ですがL型チャネル剤は90cmあるので、これをサイズに合わせて切り出すのが大変。今回はジグソーを使って切り出しました。切り出し用にジグソーを載せる工具を作成。本来は平面で使うことを想定しているジグソーですがL型チャネル材の上に載せて切り出せるようにしてみました。

これで45度の切り出しは簡単にできました。あとは組み合わせてからはみ出した部分をやすりで丹念に削り出していきます。電動工具を使えば簡単なのでしょうけど、削りすぎると元に戻せないので、アルミ削り出しの方法で仕上げました。

後は取り付け。マリーナ着は正午です。取り付けは簡単にできると考えていましたが諸々な障害が…

まずは太陽電池パネルに支柱を取り付けます。1本の支柱あたりM5の穴を二か所開けてブラインドリベットで加締めるだけです。電動ドリルで穴を開けて…
昨夜充電したはずなのに回転が遅く、中々開きません。夜中まで充電していたバッテリーに取り換えると勢いよく回転し始めました。やはりニッカド電池の電動ドリルは充電に気を使わないといけませんね。さらにリベッターが故障。分解して組み直しましたが思わぬ時間を取ってしまいました。

何とか取り付けた頃、前回お世話になったM岡さんがいらしていたのでお礼方々バースまでお邪魔しました。今日もコクピットに取り付けた部材の交換とか…
納得のいくまで変更を繰り返して、いつの間にかまったく違うものになっていそうです。ガンネルの部材もそのうちに変えると仰っていましたから、注目の一艇には違いありませせん。見ていると我が艇のメンテナンスを刺激するような仕掛けが多いので、挨拶を済ませて早々に退散です。

さて、太陽電池パネルに支柱を取り付け終わったので、ハンドレールに支柱を取り付けます。パネルを載せてみると設計した通りスライドハッチとの隙間は5mmから1cm位に収まっています。ヤッタ!と思いながら支柱をハンドレールに取り付けます。
4.8φのブラインドリベットを取り付けるようにドリルで穴を開け、リベッターでリベットを取り付けます。時刻は4時。辺りは少し暗くなってきました。取りあえず1支柱あたり最低1本のリベットを打ち付けたところで終了。
電源コードの取り回しも残っていますが、今日は作業終了にしました。

アフターのイメージはこんな感じです。
20121102_004.jpg 20121102_005.jpg
20121102_006.jpg 20121102_007.jpg
20121102_008.jpg 20121102_009.jpg
どうでしょうか。パイプの支柱と比べて重心位置が4cmほど下がりました。取り付け位置も40cmほど前に移動したのでドジャーの前縁部がすっきりと収まりそうです。

全体のイメージはこんな感じになりました。
20121102_010.jpg
コクピットからの視界も十分取れましたし、今までの如何にも着けていますといった感じから、正面から見る限りどこに着けてあるの?といった感じに仕上がりました。

ドグハウスの上でデッキ作業が必要な時もパネルとデッキの間は5cmほどの隙間があるので足が入り、作業に支障は無さそうです。
ドジャーの全体像は出来上がっているのですが、どう仕上がるでしょうかね。構想では雨の日でも気軽に出港できるよう目指しているのですが…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す