プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

5月13日 かみさんと行く保田クルーズ その2(保田からの帰り)

一夜明けて…
昨夜は寒くて3時頃からストーブを付ける位でしたが、朝になると晴れて暑いくらいです。
これは焼けそうと言う事でビミニトップを展開することにしました。少し早めですがこの時期の紫外線は案外強いのでお勧めかも知れませんね。

朝食は何時ものようにトーストとコーヒー。このメニューにしてからうん十年になります。最近ではこれにヨーグルトが加わるのですが、小さい一個売りのものが見当たらなかったので断念です。

準備を整えてから出港。お隣さんと重なりましたが先に出港させてもらいました。番号からするとイーストの方の様ですがご親切にありがとうございました。

出港路にも気を使います。平島を右手に見ながら進めると、平島釣り目当ての手漕ぎボートが数艇出てきました。航路を譲るようにしていると定置網に入りそうになります。その位航路が狭いので要注意です。

風・波とも少し強め。ジブを二巻き位残して展開しますが、オーバーヒールなので直ぐにレギュラーサイズに縮帆、メインもフルからワンポンにします。それでヒール角15度5ノット超なのでジャストフィットかも。北東の風を受けて快調に走ります。

入船は混雑していて左右にコースを変更しながら本船の間に挟まれながらの横断です。
出船は大型タンカーを避けた後は何もないと思っていたら、なんと…
20120513_025.jpg
遠目で見る事はありましたが、ここまで接近したのは初めてでした。普通はタグボートなどが先導しているので潜水艦は無いだろうと思っていましたが、先導もなくいきなり現れたような感じでした。今日は自衛艦総出の感があったので、思えば始まりだったのかも知れません。

この後はエンジンをカットして静かにセーリング。かみさんのご希望もあり気持ちの良いクローズホールドで観音崎を躱しましたと言いたいところですが、途中から持ち前の気短さもあってこのとおり観音崎沖を機帆走で一気に通過です。
20120513_026.jpg 20120513_027.jpg

第二灯浮標まで到達した時点でセーリング開始。一気にマリーナを目指したかったのですが、いきなり風力ダウン。浪間を漂うようになりました。それでも昼食を控えて我慢のセーリング。
お昼を作っていると並行するように海上保安庁の巡視船が…しかも中々離れません。よくよく見ると船腹にある電光掲示板(久々に口にする言葉ですが…)に「大型船舶がきます。航路を広く空けてください」とあります。無線があれば呼び出されているのでしょうけど、まだこの時点ではライセンスも手に入っていなかったので…

取敢えず猿島方向に転針して大人しくしていると浦賀航路を空母の様な船が入ってきます。日向の様です。それとベイサイドの方向から白い大型クルーザー(外国船籍の150ftを超えているような船でした。)が近寄ってきます。どちらが大型船舶なのか良く分かりませんが、巡視艇が出て安全確保しているので白い方かと思っていたら通過後もまとわりついてきます。(表現が余りよろしくないのはご勘弁を)

すると日向が本船航路を外れて横須賀方面に転針してきました。こちらが本命の様だと思っていると八景島の沖合に泊っているように見えた自衛艦2隻が本船航路に向けて出ていきます。
20120513_028.jpg

巡視船の監視業務はこれだったようで、マリーナへの帰路を直行するような形で出港して行きました。これで終わりと思い、風も弱くなりすぎたので機帆走に切り替えてのんびりとしていたら、八景島沖に停泊していた補給船の様な自衛艦がいきなり出港してきました。丁度二人して背を向けていたので気が付かなかったのですが、黒いのが目の隅に入った途端に無条件反射のようにラフして船尾を目指すようコースを変えていました。衝突予防法の優先権の問題ではないですから…

何となく責められているようなポーズ。私が悪い? はい、ワッチが足りませんでした。でもこれだけ自衛艦に遭遇したのは初めてでした。
20120513_031.jpg

この後、更に風が落ちて殆ど無風状態。波も無く穏やかでよいのですがヨットは風で走るのです!
こうなったら機走全速力。マリーナを目指します。
20120513_032.jpg 20120513_033.jpg
三菱重工の風車も停止。


機走6ノット。マリーナの安全ブイ寸前までこのスピードでした。
自バースに入ると何時もはのんびりと艤装を解くのですが、今日は疲れもあってテキパキと。かみさんの手伝いであっという間に帰り支度が整いました。

兎に角初めてのかみさんとのクルージングは無事?終了。感想を聞くとやることが無くて退屈だったとの事。どうやら次の番は無さそうな雰囲気ですが…


帰宅するとベイサイドから簡易書留が届いていました。中身は無線従事者免許証。やっとの事で国際VHF三級の免許が手に入りました。後はハンディを買うだけですね。今日の様な事もあるので必要性は十分に認識できた次第です。




トラックバック
by まとめwoネタ速neo on 2012/05/16 at 14:06:43

一夜明けて…昨夜は寒くて3時頃からストーブを付ける位でしたが、朝になると晴れて暑いくらいです。これは焼けそうと言う事でビミニトップを展開することにしました。少し早めですがこの時期の紫外線は案外強いのでお勧めかも知れませんね。朝食は何時ものようにトースト?...

トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す