プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月16日 デイセーリング、洋上で…

昨日、マリーナのスタッフに国際VHFの受講御礼の挨拶を受けた時、当マリーナでは一番出港回数が多いと思います。と、お言葉を頂いたせいではありませんが、今日もマリーナへ。

着いて見れば曇りがちで薄日の差すお天気。今日はマリーナ着がお昼時でシーンとしています。ここでお昼を準備していたりすると出港自体が遅くなってしまうので、そそくさと出港。

昨日と違って静かな波と穏やかな風です。大丈夫かなと思ってパウハッチも開けたまま。
フルジブ、フルメインでセールアップして何時ものとおり八景島沖を目指すと、穏やかな風でも3~4ノット出ます。小まめにセールをトリムしている内にお腹がグーッと…

久々に洋上での昼食準備。オートパイロットに任せ、前方、左右に障害物のない事を確認してからスパゲッティを茹で始めます。こんな時には便利な食べもので、お湯を沸かす、スパゲティを入れる、ゆで上がったらソースを掛けるの3ステップで完成です。その間、支度は放っておいてウォッチに集中できます。風向きが変わるなど急な変化が起きない限り待っていさえすれば食べ物にありつけるという訳です。

完成するまでの間に観音崎方面からのヨットを躱すということはありましたが、何という事は無く食事が完成、ありつき始めます。食べながらですがウォッチは怠りません。
と、何となく見慣れたヨットがこちらに向けて走ってきます。水色の船体はそうあるものではないので目立つのですよね。

やはり、O田さんの艇です。向こうもこちらを認めた様子で近寄ってきます。洋上でご挨拶。

近くによって大声を出しても中々通じないので、電話が掛かってきました。観音崎まで行った帰りとの事。タックして進路を合わせながら暫しお話。食事しながらでお行儀が悪くて済みません。後でイーストのバースまでお邪魔することにして暫くセーリングを楽しむ事に…

それでも並走中に何枚か写真を。並走と言っても中々追いつけません。と言ってカメラアングルの悪い理由をこじつけたりして…
20120416_001.jpg 20120416_002.jpg

20120416_003.jpg


風は東向きなのでリーチング以外では岸との距離が足りないのですが、例によってランニングを…
20120416_004.jpg
直ぐに岸に寄ってしまうので余り長い時間は出来ないですが、リーチング用のシートを繰り出してご機嫌でランニングを楽しんでいました。すると八景島方面(左舷)から2杯の漁船がかなりの速度で接近してきます。一艘はそれなりの距離を保って転進、もう一艘は気が付かないのか真直ぐこちらに進んできます。

右舷側にいた奥さんと思しき女性が操船室に声を掛けたらしく、極至近距離で転進していきました。あのスピードで前を見ていないとは…
漁船によるプレジャーボートへの乗揚げ事故ってこんな具合にして起きるのでしょうね。以前、マリーナで左舷から漁船に衝突された例を見ているのでヒヤッとした瞬間です。こちらは遊びで、先方は仕事ですから、できるだけ先方を優先しているつもりですが、ちょっと許せない挙動でした。

余り言うのも何なので気を取り直してマリーナ湾口方面を目指して転針。わずかな風をとらえながらリーチングです。
前を行くクルーザーが少しずつですが近づいてきます。と言う事は速い?3ノット前後ですが、先方は殆ど止まっている様子。やはり少しでも沖合の方が風があったと言う事ですね。
20120416_005.jpg

マリーナの黄色ブイの前で完全に先行しました。ここでセールダウン。風が無い割には楽しめた1日でした。

この後でお約束どおりイーストの練習用バースへ着けてO田さん艇にお邪魔。iPadの事やらよもやま話をひとしきり。気が付くと5時近くだったので自バースに引き上げです。
お見送りを受けながら自バースに引き上げる途中、ご近所のガフリグヨットと行き会いました。海の上では自然とあいさつができますが、御多分に漏れずご挨拶。クラシカルで中々雰囲気の良い艇でした。ひょっとしたら舵誌で紹介されていた艇かも知れません。

自バースでは素早く艤装を解いて引き上げです。明日も船内の整理に来ようと思いますが、天気はどうでしょうか…



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す