プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

2月17日 上架三日目、船体の洗浄開始

船底塗装剥離とプライマーだけで二週間位掛かると言う事なので、ゆっくりと船体を洗浄する事にしました。洗浄後、ワックスでピカピカにする予定です。

用意した掃除用具は
・ゴム手袋といぼ付軍手
・クリームクレンザー
・フリーカットの激落ち君(メラミンスポンジ)
・スポンジ
を100円均一で手当てしました。

何時もは3Mの研磨剤入りワックスを使っているのですが、デッキと船体の両方の雨だれを落としたかったので適当なものを探していたのです。百均でふと手に取ったクリームクレンザーの内容物を見ると研磨剤が45%も入っていたので物は試しと思っての購入でした。

そうは言っても直ぐに船体を磨くのは抵抗があったので、フェンダーでテスト。メラミンスポンジと普通のスポンジにクリームクレンザーを付けて軽くこすってみました。
クレンザーを含ませたメラミンスポンジはフェンダーの表面を軽くこすると見る間に汚れが落ちていきます。スポンジでは余り落ちが良くありませんが、水をたっぷり含ませてクレンザーをふき取ると具合が良いようです。

これが使用前、使用後です。
20120217_009.jpg
両方とも同じ位汚れていたのですが、左の方は新品とは行かないまでも近い状態ですよね。脂分も綺麗に落ちています。もう少し気合を入れて磨けば新品同様になりそうです。

方舷三本のフェンダーが30分ぐらいで新品に早変わりでした。百均とは言えどもクレンザーですから、磨いた後は水洗いして余分な石鹸分を洗い流しておきます。

これで船体とデッキ洗浄の方針は確定です。


バウデッキに上がってノンスリップデッキも含めてゴシゴシと洗濯を始めました。乾燥待ちの船底プライマーに水分を落とさないよう、汚れを落とした端から雑巾で洗剤を拭き取っていきました。前半を終えたところで船体にも試してみます。

左舷後半でやってみたところ、研磨剤入りのワックスでポリッシングしたような艶が出てきました。クレンザーを含ませたメラミンスポンジで軽く擦るだけですから自バースで何時でも出来そうですね。雨だれを洗う時の定番になりそうです。

上架中の時間がたっぷりあるので焦らずゆっくりと進めることにします。

帰り際、船首の塗装剥離が始まっていたので、どんなやり方をするのかと思って眺めていたら、バールの先が平たくなっている道具でガリガリと削るようにして塗料を剥がしていました。ちょっと心配になってしまいそうですが、固着した塗料を剥がすのは結構大変な作業なので納得です。
剥離風景。
20120217_010.jpg

26ftの船の船底ならそれ程面積はありませんからあっという間なのでしょうね。次は日曜日か月曜日に行くことにして今日は帰宅です。明日はジムでZUMBA!



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す