プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

9月30日 フローティングヨットショーを散策

今日はあわよくば出港と言うつもりでマリーナへ。

来てみれば風速10mオーバーで黄色フラグ。過日のスプレー浴びまくりのシーンが瞼に浮かびます。
とっととマッタリタイム突入。

今日からYBMでフローティングヨットショーが開催されているので、ついでに見物に行ってみます。(と言いながらしっかりとNIKONを持ってきていますが…)

ヨットショーの全景
大きいのから手頃なサイズまで様々です。ここウエストからセンターハウスの向こう側までぎっしりとヨットが泊まっています。
20110930_001.jpg

興味のあるのは30ftクラス、シングルでも体力的に扱える限界のサイズです。

まずは一番興味のあった岡崎造船のパイオニア9パイロットハウス。出品艇は9mオーバーのスターンが延長されているモデル。
20110930_002.jpg 20110930_003.jpg

20110930_004.jpg 20110930_005.jpg

コンパニオンウェイの扉は観音開きです。差板が上部にありますが、追い波受けた時は下にあった方が…
20110930_006.jpg

パイロットハウスなので天井には余裕があります。クオーターバースの前が船内操船エリアです。この艇はラット仕様ですが艇内にはラットが無く、オートパイロットのリモートコントロールを使うようになっていました。

ショートバージョンは全長が8.99mでビームは3.1m。YBMのJバースに入るサイズですね。Jなら陸電が使えるし…

因みに今日は晴れていて30度近くまで気温が上がっていますが、船内にはエアコンが入っていました。これなら船内もカラッとしていて良いですね。



次は昨年のボートショーでも展示されていたデゲロ 28MSです。
20110930_007.jpg 20110930_008.jpg

コクピットは短めですね。コンパニオンウェイの扉は観音開きですが、差板は扉の下、ひさしにハンドレールがあるので配置できるのですね。ひさしは思ったよりも短かったです。コクピットにいたらスプレー避けになる?
20110930_009.jpg 20110930_010.jpg

バウスプリットを入れないで全長8.45m、入れるとぎりぎりJバースに入るそうです。ちょっとしたマジックですね。
船内のレイアウトは流石に洗練されていて一日の長があります。三浦方面から回航してくる時、三崎で相当吹かれたそうですが、機帆走で船内操船だったため楽だったとの事。分かるような気がします。
船内のラットとティラーが連動してるため舵はそれなりに重いですが、聞いているほどの重さではないそうです。



本当はこの二艇だけで帰ろうと思っていたのですが、岡崎造船の30ft艇を前にして足が止まりました。
岡崎30です。
20110930_011.jpg 20110930_012.jpg

20110930_014.jpg


気になったのは船型で、スターンがある程絞り込まれていて、かつ上りが良さそうなのです。このような船型なら追い波でも波をいなせるので、乗っていて楽なのですよね。気になる居住性ですが、まるで欧米の同型と同じようです。コンパニオンウェイを入って直ぐ左右にヘッドとダブルのバース室、その前にギャレーと左右に振り分けられたソファーがあって、バウも一部屋になっています。

船内はジャヌーなどの30ftと同じ作りなのに船型は走り屋タイプといったところでしょうか。ヒールした時の姿勢も挙動が安定していそうな気がします。
全長が8.99m、ビームが3.25mとJバース適合です。

営業さんとお話ししていたらスタッフのお嬢さんが花を飾りに…。思わずパチリと撮っておきましたが、慌てたのか手ぶれ写真になってしまいました。残念。


私のスタイルはクルージングなのでパイロットハウスというのは一つの憧れになっています。濡れる機会が少ないという事は何と素晴らしい事でしょうと思ってしまいますね。
でも、夏の保田クルージングの様にフリートを組んで航行するような場合でも遅れないようにするには、それなりの性能も求めてしまうのですね。

デゲロの船内・上部構造と岡崎造船の船型の様な船があると良いなと思いました。これで資金に余裕があれば買い換えてしまいたい…

あくまで願望です。悪しからず。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
57:No title by Catseye on 2011/12/07 at 09:46:28

そうでしたか。世の中狭いものですね。
営業部長さんとお話ししながら中をじっくりと拝見しました。新艇では手が出ませんが、中古艇なら…と思ったほどです。

ビミニトップ装着、良かったですね。夏場は本当に必需品です。今の季節は邪魔者になりがちですが、ロープ4本で支えるとバックステイに当たらずに収納できますよ。ロープだけで大丈夫かと思いましたが、今のところ問題ないです。

56: by harada on 2011/12/06 at 11:24:13 (コメント編集)

お久ぶりです。 
ビミニトップを見せていただいた原田です。
おかげで我が艇にもビミニトップを装着しました。
ところで岡崎の30フィート艇は僕の今のヨットの前オーナーのものです。 小豆島からオーナーが回航してきて今は伊豆半島の某所に係留してます。 きれいなヨットですね。 あと何年か経つと味が出てくると思います。

▼このエントリーにコメントを残す