プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

8月21日 保田クルージング艇長会議

今日はあいにくの雨ですが、YBM主催の保田クルージング(8月27日~28日)艇長会議に参加するためマリーナへ。

艇は18日から上架して船底塗装とスルハルバルブを交換しています。昨日中にスルハルバルブの交換が終わって船底塗装を待つばかりですが、エンジンを換装してから後が重くなったらしく水線の傾きがスターン側が沈み込むようになっています。水線辺りに青で線が入っていますが、後ろ側が水に浸かっている状態なので、水線を入れ直してもらうことにしました。
これって自分でやろうとしても中々うまく行きそうにないですよね。プロにお任せです。

さて、艇長会議です。
スタッフの紹介、参加オーナーの自己紹介、日程の説明に続けてナビゲーションの講習会がありました。昨年と同じ内容ですがしっかりと勉強させてもらいました。と言いつつ、航海計画そのものは昨夜New PecとExcelで作っておきました。今日は内容を再チェックです。

27日の潮汐(海上保安庁の予測)を見ると午前11時頃に転潮の影響が出るようで潮汐表(9時頃に転流)とはズレがあります。11時までに観音崎に着いていないと逆潮になる?!

航海計画どおりであれば10時半には観音崎に着いているはずなので問題ありませんが、計画どおりになった試しがないので心してかかる必要がありそうです。観音埼周辺の潮流は1~2ktと脚の遅いヨットには余り馬鹿にはできませんから…

全行程19nm程度なら航海計画は必要ないよという方が多いと思いますが、目的地から4nm毎に逆算した計画を作ると、後どのくらいかかると言う事が分かり易いので、目視できる範囲の行程でも航海計画を作る意味があると思います。

艇長会議を終えて自バースではなくヤードに上架した艇に戻ろうとするとお隣の方から声が…

余り経験がないので不安に思ったらしいですが、少しばかりの経験談をお話ししたところ元気が。いざというときはスタッフも同乗してくれると言う事なので頑張りましょうということになりました。

今回の参加艇は24ftから34ftとバリエーションがあり艇速が違うのでスタッフの方も大変だと思いますが、この言葉は心強い限りでした。

週間予報では台風は心配なさそうですが曇り時々晴れ、最高気温31度、最低24度と秋の気配を感じさせる気候になりそうです。風と波は前々日くらいにならないと分かりませんが、極端なことにならないよう祈るだけです。

さて、クルージングに備えて準備しましょう。
飲み会(これが今回の最大の目的)、船PC、食糧、etc…。楽しみです。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す