プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月26日 ビミニトップ復活

マリーナがお休みの今日、ビミニトップを復活させに行ってきました。
先日のレポートの様に骨格部分は完成させてあったので、今日は組み立てるだけですが…

これが昨日までの作業の結果です。フレームの足元は児島で手当てしたステンレスのトップキャップです。
20110725_017.jpg 20110725_018.jpg

このフレームを船体に固定するのは同じく児島で手当てした「ユニバーサルデッキヒンジ」を使います。こんな感じです。
20110726_019.jpg
足元のアルミ金具は3mm厚のLチャネル材から切り出したものです。トーレールにボルト止めしてあります。

フレームは中央のアーチ部分で左右ばらばらに分解できるので車に積んで持ち運びできます。

今回も中央部分のフレームは左右のフレームにブラインドリベット止めしますが、強度を考えて上下ともリベット止めにしました。(オリジナルは下側だけスクリューネジで固定するようになっていました)
桟橋で前後、中フレームを組み立ててから船に持ち上げます。
まずは後フレームをバックステーを取り回すようにコクピットに持ち込んで、フレーム中央部分にロープを掛けてバックステーに結びつけます。

トップキャップをユニバーサルデッキヒンジに取り付けて後フレームを仮固定します。ダブルにリベット止めしたお陰でフレームの硬性が上がり、割としっかりした感じで自立しています。

次に前フレームを同様にして組みつけ、中フレームを組みつけると骨組の完成です。幌を着けるまではバックステーに渡したロープとデッキヒンジ部分だけで立っていますが、今日の強い風の中でも何の問題も無いようです。
正確に寸法出しした訳ではありませんが、各部ともピッタリと収まっています。

昼食を挟んで幌を着けます。

前回、フレームに幌を付けた時、巻きがきつくてにフレームに余計なロードを掛けてしまったようなので、今回は緩めに巻きつけていきます。

出来上がりはこんな感じになりました。
20110726_020.jpg 20110726_021.jpg

幌は同じものを使っているので何も変わっていないように見えますが、フレームの足元部分を見れば新バージョンである事が分かります。
バランスを見るために後ろからも撮ってみましたが、オリジナルと比べると少し背が高いようですね。
20110726_022.jpg 20110726_024.jpg

という訳でやっとビミニトップが修復できました。前バージョンと違ってフレーム全体が大きくたわむ構造にしたので頼りないようですが強度はかえって上がっていると思います。

ビミニが出来上がるまではセーリングをオアズケにしていたので、やっと出られる条件が整いました。


さぁ、後は…



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
51:No title by Catseye on 2011/07/27 at 11:40:43

構造を変えて後フレームの中に18mm、1.5tのパイプを入れてあるので強度は上がっていると思います。
オリジナルは何と22mmと19mmのパイプをピッタリと密着してあって強度は問題ありませんでした。製品版は必要な個所が補強されていてるので安心できますね。

それと幌を装着するとき、フレームを引っ張ってパンパンにすると思わぬトラブルを招くことがあるので程々に…。今回の教訓です。

後はセーリングですよね!

50:良かったですね by 原田 on 2011/07/27 at 11:16:29

強度も増してこれならバッチリ
セーリングしましょう。
7月は最高のシーズン、8月になるとウネリが出てきますので・・・ 今のうちに

▼このエントリーにコメントを残す