プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

7月10日 ファミリーセーリング

今日は待ちに待ったファミリーセーリング。
中々一家そろってセーリングを楽しむ機会に恵まれなかったのですが、とうとう実現します。

何日か天気予報と首っ引きの毎日でしたが、梅雨が明けた当日、快晴です。少し波があるもののセーリングには持って来いの日和です。早速マリーナへ。

着いてみると快晴、波は1m、風速は6m程度でした。かみさんを除いて娘、婿殿は初体験なので艇への乗り込み方、ライフジャケットやお手製のセーフティーとハーネス装着方法、3点支持でのデッキの歩き方、ヘッドの使い方や身の守り方などを一通り解説・実演してから出港。

八景島の海の公園沖を目指します。

体感で7mを超えているようなのでヒールを最小限にするべく1ポンリーフでメインをホイスト。フルジェノアを張ってパワーを稼ぎます。何時もの様にスターボードタックで沖出しして八景島沖までのロングレグを引きます。

波を正面から受けますがピッチングもまた楽しで、一家で大はしゃぎです。バウデッキまで出て船首の上下動を体験したり、ブローが入った時のヒールを楽しみながら八景島を右90度に見据える地点まで来ました。

ここでタック。行きはオートパイロットに任せていたのでオートタックです。方向指示を間違えてしまったのでやり直し、今度はスムーズにタックできました。と後ろから「オー!」と歓声が…
ちょっと得意になります。

このまま一直線に海の公園を目指します。八景島の少し手前で機帆走に。徐々にファーリング、メインと落としていきます。八景島の周辺にアナゴのいけすがあるという情報をYBMの会報で知っていたので慎重に進めるとブイを発見。八景島マリーナ入口近くとジェットコースターの近くにありました。反対岸にもあるので風の強いときは注意が必要です。

海の公園沖には10杯くらいのヨット・モーターボートが停泊中でした。間を縫ってアンカリングポイントを探し、アンカーレッコ。これも一人でやっていると最適なポイントから直ぐに流されてしまいますが、他艇に影響しない場所に停泊できました。

さぁ、ランチです。今日は焼き肉パーティー。コクピットに道具を用意、追加のオーニングを張って強い日差しを避けるようにします。オーニングに使っているのは前オーナーが遺してくれたキャンプ用のターブです。
前後と四隅にショックコードとフックが付いているのでマストとバックステー、セーフティーラインに固縛してドグハウスからスターンまでの日除けが完成です。

折からの風でコンロの火が不安定ですが何とか焼けます。4人でランチを堪能です。用意した1キロ近い肉はあっという間に胃袋へ。

食後はコクピット、バウデッキで思い思いにマッタリタイムを満喫です。

3時近くになって揚錨。モニターとして付けてある発泡スチロール製のフェンダーを目掛けてアンカーラインを引っ張り上げていきます。電動のウインドラスがあればというところですが、体力でカバー…
時々クリートにラインを引っ付掛けて一休みします。8キロのダンフォース型アンカーに4メートルのチェーン合計10キロ程度なら体力勝負でも何とかなるものです。

ウインドサーフィンの皆さんを避けながら出港。行きより風が上がっていますがフリーなので、フルメイン・フルジェノアを展開。南風を受けて観音開きにします。ここで順番にティラーを持ってもらい風と波の力を体験してもらいます。観音開きにしたジェノアをつぶさない様にとだけ指示して思いのままに操船してもらうとコースはそれ程振れず心配したブローチングもなし。素質あり?

マリーナの近くで選手交代。自バースに舫うまでは何時もの手順で…

舫い終わって艇内を片付けたらかみさんと娘、婿殿はアウトレットに買い物へ。私は暑さでダウン気味だったのでシャワーを浴びて艇内で仮眠。風が心地よくあっという間に眠りにつきました。


やっと実現したファミリークルージング。充実した1日でした。

後で娘のコメントが…
「あれだけ船の上で動くならかなりの運動になるわ…」と。日頃運動不足と思っていましたが、確かに。ヨットはスポーツなのですよね。



写真を結構とりましたが皆、顔が写っているものばかり。網掛けするのも嫌なので写真は無ということで…


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す