プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月29日-5月1日 泊りがけセーリング・メンテ

連休は自宅で大人しくしている事が多いのですが、今回は前半だけゆっくり泊り掛けでセーリングを楽しもうとマリーナへ。

29日は風も弱いのでメンテナンスに決め込みます。
やりたいことは一杯あるのですが最初に差板の微調整。微妙なので差板に原寸の寸法だけ記入しておしまい。

次に太陽電池のマウントを作りこみます。昨日までにアルミパイプを曲げてあるので簡単なはずですが左右の長さだけは調整しながら切り揃えます。切り口をやすり掛けして切り口で怪我をすることの無いよう丁寧に仕上げます。
構想では挟み込むだけで固定できるはずですが、仕上がるまで本当のところは分かりません。

左右のパイプは繋ぎ用のパイプ20cmを差し込んでブラインドリベットで固定します。左右が繋がった状態でハンドレールにエイッと挟み込みます。スターンから見るとこんな感じです。当面の間使えれば良いので仕上げはかなり雑になっています。移動しないようにロープで固定してあります。
20110501_103.jpg

コンパニオンウェイの右側(コンパスサイド)にスルーの穴を開けて当日調達したケーブルアウトレットに配線用のケーブルを通し、キャビン右舷の壁にコントローラーに接続します。このケーブルは4sqというものでかなり太い電線です。曲げ抵抗が大きいので小さなRを付けるのに苦労しました。
それでもバッテリーに接続すると早速充電を始めています。これでサービスバッテリーを心置きなく使えるようになりました。

充電の状態ですが、晴れならオートパイロット、GPSをフルに使っても余りがあります。予定通りパソコンも使えそうです。

取り付けの状態はこんな感じです。
20110501_104.jpg 20110501_105.jpg

ちなみにこれまでの太陽電池は始動用バッテリーの充電に使っています。これで始動は始動用バッテリー、その他の電気供給はサービスバッテリーと使い分けできるようになりました。

この作業中に興味をもたれた方がお二人もお越しになり暫し歓談されていきました。ここは通称銀座通りと言われるくらい人通りが多く、こんな大きなものを取り付けていると人目に立つのでしょうね。


途中でO田さんご夫婦とバッタリ。今日は風が弱くて物足りなかったとの事。メンテナンスにして正解でした。

まだバッテリーの充電が十分ではないのでビジター桟橋に移動して陸電を使いながらサービスバッテリーを温存します。

30日は起きてみると油を流したように静かな港内です。
20110430_100.jpg 20110430_101.jpg


朝の内は風が弱く、午後から強風になるということなので7時と早くから出港。
出てみると無風に近く、メインに続けてジェノアも展開しましたが進まないので機帆走に切り替えてジェノアは畳んでしまいました。

エンジンの慣らしを兼ねて1,700~1,800回転くらいで4ノット以下でゆったり機走を楽しみながら猿島沖に到着です。
その間、殆ど進路に船の形がなかったのですが、横須賀沖で自衛艦に遭遇。航路から横須賀港に入るのでしょうけど、進路をこちらに向けてこられるとちょっとドキドキします。その様子は動画で!
20110430_102.jpg

猿島を少し過ぎるあたりから風が出てきました。これより先には進みたくないのでUターンしてダウンウインドでセーリング開始です。

風が出てくると早々に強くなってきて、観音開きのランニングで5ノットを超えます。瞬間で6ノットを記録しました。それならとクォーターリーにしてみると6ノットを超えます。殆ど水線長から来る理論値最大に近い値です。
三菱重工の風車まで来ると皆さん昇りでは盛大にヒールしています。

フリーでは風速を感じなくなりますが、比較対象が目の前にあると結構な風が吹いているのだと実感させられます。8mは優に超えているのでしょうか。こちらも盛大にスプレーを浴びるようになってきたので早々に自バースに戻ることにしました。

舫い完了が11時ですから正味4時間のセーリングでした。

軽く昼食をとった跡で太陽電池のケーブル周りを固定して作業完了。ふと見ると黄色フラグから赤に変わっています。マリーナ内でも風に煽られて艇が傾きます。


こんな夜に泊りとは物好きと言われそうですが、宿泊を決行。
かなり揺れますがキャビンの中では平穏そのものです。揺れも不思議に気になりません。
これだけ荒れていると夜中に数回は起きるのですが、起きたのは一回だけ。

少し慣れてきたのかな?

翌朝の1日。
風の音で目が覚めました。予定では人待ちですが、この天候ではね。

朝食は食材の残りを使い切って盛大に。といってもベーコンと卵、野菜にトースト、コーヒーですが。
冷蔵庫があると生鮮食品を保存できるので大助かりです。

さて、今日はセーフティーラインにネットを張ります。
見積もりではトーレールの穴一つおきに張ると一回が1.5m、21回やることになるので31m程度で足りるはずですが念のために35mを二本と言うことで4mmロープを70m調達しました。

バウパルピットの中段から始めてセーフティーライン、トーレールの排水口へと結び進めていきます。セーフティーライン側はロープをかけて二回掛け回すだけなので簡単ですが、トーレール側は排水口にロープを二回通すので結構な時間がかかります。
いろいろ考えてみましたがもっともシンプルな方法をとることにしましたが、何方かもっと簡単な方法を知りませんか?
要はセーフティーラインもトーレールも結び止められれば良いのですが。


方舷だけで3時間近くも掛かって完了。この風の中で海にも落ちずに頑張った甲斐がありました。
20110501_106.jpg 20110501_107.jpg


もう方舷は途中でストップ。風だけでなく雨も強くなってきたので今日はここまで。

ゆったりのんびりの三日間でした。



4月30日セーリングの動画。
猿島までは機帆走。途中で自衛艦のシーンもあります。後半はフリーの帆走。観音開きは風が上がる少し前の状態で4ノット位での帆走です。この後さらに風が上がって6ノットを越えるようになりました。



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す