プロフィール

mnagano

Author:mnagano
所有艇のソレイユ・ルボン26ftは製造後30年ほど経ちますが、ハルは頑強そのものです。ヨットは大きなプラモデル、内外装とも日々改造、余暇に?セーリングとクルージングを…

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング

アクセスランキングに参加しました。プチッとして頂けるとラッキーです。

リンク

RSS

4月11日 上架作業の残り完了

壁板を取り付けたのと同じ日ですが、セイフティーラインとリーフラインの取り付けが完了。予定していた全ての作業が終わりました。

セイフティーラインはマリーナに着いた時には既に取り付け終わっていました。真っ白なラインが綺麗です。今まではスターンパルピットへの取り付けはロープでしたが、今回はターンバックルが入っています。

壁板の取り付けがほぼ終わった頃にK道さんが請求書を持ってこられました。(早や!)
ほぼ見積もりどおりです。追加でお願いしたラダーポストのスリーブも入っていますから少しお安い位かも知れません。

確認して回るとリーフライン用のアイが打ってありましたがシートがまだだったので取り付けをお願いします。
ややあって何時もの担当の方がお出でに…

クリュー用のシートは既にセットアップ済みなので、タックのリーフラインだけセットです。アイはマストの片側2か所に打ってありマストに直角の物と30度くらい斜めになったものがペアです。直角の方にシートのエンド、メインシートのハト目をとおして反対側の斜めアイにシートを掛けてマストステップのシーブ、デッキオーガナイザー、シートストッパーの順でシートのテールをコクピットに導いていきます。1ポイント、2ポイントの両方にシートをセットするとマストが太ったように感じます。
(実際はスタックパックがあるのでリーフポイントのシートだけが飛び出しています)

取り付けが終わったのでメインを揚げてテストです。丁度真向かいに使い南風が吹いているのでテストにはうってつけです。

1ポイントリーフから。メインをフルフルに揚げてからハリヤードを1ポン位置にマークしてある位置まで緩めます。左舷側が1ポンなのでタックから締めていきます。思ったよりも力は要りません。クリューも同じようにして締めてからハリヤードをウインチでタイトに揚げます。
物凄く簡単にリーフ出来ます。

続いて2ポンリーフ。
1ポン位置から更に2ポンのマーク一までハリヤードを緩めます。右舷側のリーフラインを引いてタック、クリューとも締めてハリヤードを引けばリーフ完了。

リーフィングはとても簡単になりました。さて、元に戻す時はどうでしょうか。
2ポンから1ポンにする時はハリヤードを引くと2ポン用のシートが2本ずるずると出て行きます。クリューの部分はブーム側から少し引いて上げないとピンピンに張ったままになってしまいます。シーブが少し渋いのでグリスアップが必要ですが、それでもリーフを解く時にはブームに触れないと上手くいかなそうです。

フルメインに戻す時はどうでしょうか。2ポンに戻してフルメインに戻す時の塩梅を見てみます。
リーフラインを全てリリースしてハリヤードを引いていきます。
流石に4本のロープがストッパーの溝をずるずると通ると結構な抵抗です。ウインチを使わないとハリヤードが引けなくなりました。
2ポンからフルメインに戻す時は2ポン⇒1ポンの順でリーフを解除した方が力は要らないようですね。

実際にどのように運用するかは少し慣れてから確定してゆく事にします。

これで全ての上架作業が完了しました。後ろ姿ですがパチリと…
20110411-040.jpg


エンジンの振動とキャビンがうるさいのはもう少し回して見てから対処しましょうという事ですし、走らせないと分からない事が多いですからデイセーリングしてみてシェイクダウンしてみようと思います。これで自信が持てたらクルージングですね。





トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す